無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第七日目:オランダ キンデルダイクの風車群 | トップページ | 休息: フランス人 Oui ou Non (No.4) »

2008年1月16日 (水)

旅行第八日目:ル・ピュイ・アン・バレイ

行第八日目:ル・ピュイ・アン・バレイ

✏ちょいインチキか?

「2002年段階のフランスの世界遺産の全てを回ったぞ!」と粋がっていますが、一部インチキっぽい点があります。それは、地球の歩き方世界遺産No.23「サン・ジャック・ド・コンポステル街道」。この遺産は一寸変わっています。この街道の目的地はスペインのサンディエゴ・デ・コンポステーラであり、そこにはパリ、ヴェズレ、ル・ピュイ、アルルから各々目的地にむかう4つのルートがこの街道で、実は「その巡礼路の一部が世界遺産」らしいのですがどこだかよく分からず、「ただパリもヴェズレもルピュイもアルルも全部いったから、まぁいいか」ということで、これも「制覇」ということにしています。「別にどこかに全制覇を登録したわけではないし、まぁいいか。」という事で。

✏だけど、凄いです。

そんなちょっといい加減なご紹介ですが、今回、No.23としてご紹介したいのは、タイトルの「ル・ピュイ・アン・バレイ」です。これはもう、どう形容したらいいのか?過去にご紹介したポン・デュ・ガールもキンデルダイクの風車群もハッキリとした「生活する」という目的のために作られたものなのですが、ル・ピュイ、これはもう「宗教的意味を理解していないと、なんでこんなことをしたのかが分からない」のですが、きっとそこには重要な意味があるんでしょうね、きっと。 この街は本当に小さな町。たどり着く為に、山道を走り、狭い道を上り、そして下り、急な下り坂で思わず速度を落として走っていると「6000万人総暴走族???」といってもいいほど運転が過激なフランス人に何度もパッシングされながら、半ば開き直って走ること数時間。「旅行第一日のモンサンミッシェル」と同様、「それ」が見えるまでのドキドキ感がたまりせんでした。

✏「それ」とは

それ..とは、街に突然聳え立つ2つの奇岩。片側には教会、片側には巨大な聖母像がその奇岩のてっぺんにど~んと聳え立っているのです。街に奇岩が2つ向かい合うように聳え立っている自然もさることながら、こんな場所に教会を作る信仰心にまた敬服します。前置きが長いですね。

Lepuy_6 

これがその映像です。 これは山ではないのです。それは岩としかいいようがないのですが、岩としてはあまりにも大きい、まさに「切り立った奇岩」です。「なんで突然こんな岩山が存在し、そしてその岩山に何で教会を作ろうと思い立ったのか?」「誰が建築を指示したのか?」「どうやってその建築材料を運び上げたのか?」・・・・なんとなく神秘の世界に吸い込まれてゆくような気がしました。

✏では、登ってみます

Lepuy_2_4

欧州の観光地の凄いところは、こんな急な坂にもエレベーターも何にもないところ。で、268段の階段をエッチラオッチラ上って漸く頂上へ。教会の名前は「サン・ミッシェル・デキレ礼拝堂」。地球の歩き方の説明では「教会の中にある壁のフレスコ画」や「ロマネスク期の聖遺物箱」が必見とかかれています。

   

                                                                                                                                                               

Photo zoom up

(サン・ミッシェル・デキレ礼拝堂)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 

僕がいったときはフレスコ画が修復中でしたが、こんな感じの教会画が描かれていました。(フラッシュ禁止なので綺麗にとれていませんが悪しからず)

Lepuy_11

                                                                                                                                    

                                                                                                                                                                                                                                    

                                                   

                                            

 ここから向かいのコルネイユ岩山の上の聖母像がよく見えるのですが、聖母像は16mもあるうす桃色の巨像です。

Photo_2

                                                              

                                                                                                                                                                                                                                                                                             

     こんな感じで小さな子供を抱えて慈愛に満ちた笑みを浮かべています。

Photo_8

クリミア戦争でロシアから奪った200門の大砲を鋳って作ったそうで、戦争の道具をつかってマリア様を作るなんてなんともフランスですね。 流石、サン・ジャック・ド・コンポステル街道の基点となった街。人々の純粋な信仰心がきっと生み出した奇跡なのでしょう。何百年も前から、この教会とマリア様は向かい合って人々の唱える賛美歌を聞いて、村の人々の心の支えになってきたのでしょうね。

« 旅行第七日目:オランダ キンデルダイクの風車群 | トップページ | 休息: フランス人 Oui ou Non (No.4) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/9920638

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第八日目:ル・ピュイ・アン・バレイ:

« 旅行第七日目:オランダ キンデルダイクの風車群 | トップページ | 休息: フランス人 Oui ou Non (No.4) »