無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 休息:フランス人 Oui ou Non (No.6) | トップページ | 旅行第十三日目:カルカッソンヌ »

2008年2月21日 (木)

番外編III:珠玉のレストランII (Arpege)

珠玉のレストランII(Arpege

A la Cuisine

‘A la Cuisine!’・・・で、有名な「料理の鉄人」。この「フレンチの鉄人:サカイさん」と最高フレンチ対決を行った事で有名になったのがこのアルページュです。この戦いはサカイさんの勝ち。只、20世紀最高レシピには、アルページュのシェフのレシピが選ばれるという型どおりの演出でしたが。

✎それはアンバリッド(アレキサンダーIII橋脇)のすぐ傍

このアルページュ。どこにあるかというと、パリに来た人は一度は見ているアンバリッド(廃兵院と呼ばれ、ナポレオンのお墓を祭っている)という塔の天井部が金キラキンに光っている塔の近く、ロダン美術館のすぐそばにある小さなレストランです。比較的モダンなインテリアですが、それでもしっとりと落ち着いた地味で明るい色合いの内装で、流石3☆と納得せざるをえない店でした。3☆だからといって、どこも重厚な重みのある店だという訳ではないのですよね。

✎帰国祝い

この日は僕の帰国祝いということで、当時の部下が企画してくれ、2家族でやってきました。食事は王道の牛肉料理を食べたと思いますが、料理も王道という感じで、これぞフレンチという感じだったのですが、この店を思い出すと食事よりも、レストランのホスピタリティを思い出してしまうのです。と、いうのも食事の途中で、シェフが各テーブルを回ってきて、お客さんに挨拶をしてくれたのですが(☆付レストランでは、これが一つのお作法になっています。Jaminでは流石にロブションは来ませんでしたが。)、この時、「いや、実は僕が帰国となるので、帰国前に絶対この店に来てみたかったんですよ。満足です」と偽らざる気持ちを僕がシェフに伝えました。こんな有名なシェフと会話が楽しめただけでも「幸せ♪」でした。

✎え、シェフが?

そして、目が醒める程美味しいメインと、デザートを堪能した後、僕がトイレに行って戻ってきたその時、僕の席に何と何とそのシェフが座っているではありませんか。料理人の白い調理服を脱いで、確か普段着のままで座っていたと思います。驚いて席に戻ると、そのシェフがWineBottleを手に持って、微笑みながら、こんな事を言ったのです。「今日、貴方が帰国の前に、『どうしても僕の店に来たい』と僕の店を選んでくれたのが嬉しかった。さぁ、帰国を祝って呑みましょう。」と、何と、3☆シェフが「振る舞い酒」で僕の帰国を祝ってくれたのです。なんというサービス精神。懐の広さ。「いつか僕も日本に店を開きたいと思っています。」なんて話までしてくれました。Arpegeと聞くと、この光景が蘇ってきます。こういうシェフとの気取らない会話が楽しめるのがフレンチの☆付きの素晴らしさなんだと思います。もっとも彼ほど、気さくに客席に飛び込んでくれたシェフは他には居ませんでしたが・・・

料理自体の説明は、地球の歩き方グルメ編にかなわないので、僕はむしろ、レストランでのこぼれ話、思い出話といったこの辺りをこれから書いてゆきたいと思っています。各々の店には個性があって、それがまた楽しいです。次回番外編IIIは、2☆レストラン、ラ・セールです。

« 休息:フランス人 Oui ou Non (No.6) | トップページ | 旅行第十三日目:カルカッソンヌ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>シェフが各テーブルを回ってきて、お客さんに挨拶をしてくれたのですが


フランス語ができなきゃ「やばい」ではありませんか(涙

星無しでしたが「ジャック カニエ」というお店でオーナーが席をまわってました。
私のところで、かたことの日本語で「アナタ オカネモチ?」と聞いてきたので「マアマア」と答えて笑い合いました。
ここのシェフは日本人で、私たちが「ウサギ」を注文すると「ちょっと無理ですよ、日本のかたには」とわざわざ注意に来てくれました。

オー。ジャック・カーニャは2☆ですが、オペラ通りの近くに、セカンドがあったので、そこに行かれたのでしょうか(^^)

ところで、在住日本人の中には変な日本語を教える悪い日本人がいるので、オーナーはその人に変な日本語を習ったのでしょうか?

僕の知人は、日本語でBonjourは「儲かりまっか?」というと教えているやつがいましたから・・まぁ、間違えでもないのだけど。。。。

客引きでも、日本人を見ると「社長」とか「大将」とか話しかけている客引きがいますが、面白かったのは、通りかかる日本人ぽい人全員に「山本さん」っと話しかけている人がいました。いったい「山本さん」はどういう意味だと思っているのでしょう・・・??

う~ん、アルページュ、この時はシェフが足が短いっていう話をある人に聞いていて、そんなアホな事ばかりが頭にあって、料理は良く覚えていないんですよね.アハハ。それとシャンパンの味しか覚えていません。
「ボクはまだ日本には行ったことないけど、是非行きたいね」と言ってましたっけね。
その後料理の鉄人に出てましたね~。懐かしいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/10650298

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編III:珠玉のレストランII (Arpege):

« 休息:フランス人 Oui ou Non (No.6) | トップページ | 旅行第十三日目:カルカッソンヌ »