無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第十一日目:ヴェズレー | トップページ | 休息:フランス人 Oui ou Non (No.6) »

2008年2月17日 (日)

旅行第十二日目:ポンペイ

旅行第十二日目:ポンぺイ

                                          

ポンペイへ:

初めて列車をイタリアに走らせます。場所はポンペイ。「紀元79824ヴェスヴィオ火山が大噴火し、一昼夜に渡って火山灰が降り続け、翌25に完全に地中に埋まった。」

忽然として地球上からその歴史を消したこの街。2000年の時を経て、今日、お届けします。このポンペイ旅行の発端は、ローマ。ローマは一回目のフランス派遣のとき、91年に一度来ていたのですが、2004年になって、「帰国前にこのローマの遺跡を子供に見せたい」という事になり、再度、イタリアに渡ったとき、「僕らの行った事ない所にもいきたいよね」という話になり現地ツアーを申しこんだ次第です。

そこは時間が止まっていた:

2日間で完全な灰の中に埋まってしまった街なので、紀 元直後の当時の文化がそのまま灰の中に埋もれていた事が凄いのです。例えば、①お風呂(イタリア人は綺麗好きで風呂が発達していますが、暖かお湯、水と入る順番毎に整備されたお風呂)②風呂場の横に設置されたBar  ③商店街 ④会議場など、当時の生活が完全な形で時代に侵食されずに残っているのは感動的ですらありました。特に驚いたのは、パン屋。実際に煉瓦で作られたパン釜の中には、焼いている最中のパンも残っていたそうです。ローマ時代の形が完全に残っていたのは、ここポンペイしかないわけで、その意味でも重要な、これは本当に世界遺産だと感じました。

では、ご一緒に:

それでは今日は、このブログ上で観光旅行をしていただこうと思います。人物が写っている写真しかないので写真をご提供できない場所(パン釜)もありますが、悪しからず。

文章を短く・・・の趣旨に則り、あまりコメントはしません。写真をお楽しみくださいませ:

    概観:遠くから見るとこんな感じ

Photo

                                         

                                                                                                                                                                  

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

   紀元前2世紀から経済の中心地だったバジリカ。今で言う株式取引所とか。

Photo_4

 

                                     

                                                                                    

                                                                      

//////////////////////////////////////////////////////////////////////// 

   

③ローマ時代の町の宗教、市民、経済活動の中心地だったフォーロ

Photo_5

Photo_6

                                      

                                                                        

                                                                                        

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

④商店街:このブロック毎にお店が入っていったそうです。何か現代のレストランモールと何も変わらないやん。

Photo_7

                                                           

                                                                                                      

                                                                                         

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

    Bar: 風呂場の横のBar.ワイン甕を入れる穴の開いたテーブルがおもしろかった。

Pict0029

                                                    

                                                                                   

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

⑥水道管

なんと当時からこんな水道管が家々には整備されていたそうな。

左が現代のもの、右が当時のもの

Photo_10

« 旅行第十一日目:ヴェズレー | トップページ | 休息:フランス人 Oui ou Non (No.6) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

わあ、懐かしい!!!

母を連れて行きましたよー、15年くらい前かな?
おもしろかったです。
ガイドさんがエッチなとこばっかり連れてってくれました、娼館とか(道しるべがオチンチンの形だった)立派な家の中の怪しい部屋とか(笑

>ポンタさん。ポンペイに行かれたなんて、かなりの旅行通ですね。旅の思い出の書き込みも、何時も楽しみにしております。

家内からのアドバイスです。パリの2☆
は以下でアクセスして、また思い出に浸られたらどうでしょうか?(今確認したら英語版もありましたよ・写真は万国共通ですし)
www.restaurant-lasserre.com

今、写真を見ていたら、とってもなつかしくなりました。
>皆さん:
先般ご紹介のPoincare59に行かれた方?居られましたら、感想をお願いします。

ラ セールの案内を見てきました、懐かしいいい(涙

お料理もサービスも「なるほど、これが星のついた店のプライドか」と納得したもんです。

次の年に3星『タイユバン』(噂によればその後星を一つ減らしたとか)に行く機会がありましたが、そこもすばらしかった。
ラ セールに比べるととてもシンプルなインテリアで、お料理も感動的でありました。

ポンタさん。タイユバンも行ったんですか。凄いですね。タイユバンには変な思い出があるので、次の次の次ぐらいの番外編でご披露しますね。
因みに
次が、アルページュ、その次がラ・セール
その次がタイユバンかな?

お楽しみに・・・だんだん世界遺産から離れているかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/10558329

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第十二日目:ポンペイ:

« 旅行第十一日目:ヴェズレー | トップページ | 休息:フランス人 Oui ou Non (No.6) »