無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 休息:フランス人 Oui ou Non (No.7) | トップページ | 旅行第十五日目:アーヘン大聖堂(+クリスマスマーケット) »

2008年3月 3日 (月)

番外編IV:珠玉のレストランIII (Lasserre)

番外編IV:珠玉のレストランIII ラセール

お待たせしました。今日はパリの2☆ラセールをご紹介します。いつも訪ねてくれている方にも、ここは訪ねられた方が居られると思いますので、ご意見をお願いしますね。

これからフランス行かれる方にも、ともかくお勧めです。

場所

先ずは、www.restaurant-lasserre.comをご覧の上で、お話を聞いてください。(住所とかはInternetをご参照ください。)場所は分かりやすく言うと、コンコルド広場(オベリスクが建っているシャンゼリゼ通りの終点)から凱旋門に向かって少し歩くと、左手にグランパレ(展示会に使われるガラス張りの建物です)が見えてきますので、そこからセーヌ川に向かって左に折れて歩いて数分。高級住宅街の中に、しゃしゃりでるでもなく、静かに、かつ瀟洒な佇まいを見せているのがこのレストランです。

ホスピタリティ

先般のArpegeでも書きましたが、☆付きの良さは料理の味だけではありません。お店の雰囲気、店員さんのサービスの肌理細やかさ、ソムリエさんのサービス全てが含まれてのミシュランの☆評価なんでしょうね。このお店、僕の印象では、2☆でも肩肘張った感じではなく、豪華な内装にも拘らず、店員さんもくだけた感じでとてもよかったですよ。

緊張している日本人を、リラックスさせようとしてくれていたような気がします。

僕らは6人で行きましたが、今振り返ってみると、6人で盛り上がってゲラゲラと大笑いしてしまったので、知らないうちに「店の雰囲気を壊した日本人」と思われてしまったかもしれませんね。振り返ってドキツです。

✎マジンガーZ

僕らが訪ねたのは初夏だったと思います。温かな日差しを浴びつつ、目が眩むほどの美味しい料理に感動しながら、会話を楽しんでいると、上のURLでごらん戴いたレストランの天井が突然、開きめたのです。それは40台の方ならば多分ご存知なマジンガZの出動シーン(だったかな?)のように。パリは初夏でも気温は30℃を越える事は少なく、湿度も低いので、天井が開いてすーと初夏の外気が入ってきても、むしろ心地いいぐらいの気候です。なので、この小洒落た企画に心の中で拍手を送っていました。

Multi-Language

僕が食事にいった時は、フランス語の天才が同席してくれ、細々としたフランス語会話をしてくれたので、あまり言語の事は意識しなかったのですが、僕の親友が今年訪問したときは、英語の会話で全然問題なかったといってましたので、言葉の問題はないと思いますよ。どうか、☆付きと構えず、気楽に尋ねていただいたらいいと思います。きっと味だけでない何か、なんか旅の宝をきっと手に入れて頂けると思います。

PS:今回も写真がなくてすいません。次回レストラン「プレカトラン」では写真を一杯Upできると思います。

« 休息:フランス人 Oui ou Non (No.7) | トップページ | 旅行第十五日目:アーヘン大聖堂(+クリスマスマーケット) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>6人で盛り上がってゲラゲラと大笑いしてしまったので、「店の雰囲気を壊した日本人」


はーいっ、6人のうちの一人でございます(爆笑
よい雰囲気でおいしいお食事で天井大開もあって、すばらしいレストランでしたね。

また同じメンバーで行けたらどんなに幸せでしょう・・・

ぽんたさん(カタカナではないよ。と家内に言われました。すいません)

あの時は楽しかったですね。家内とも、「本当にあのメンバーでまた行きたいね~」と話しています。

ところで、日本でも、とびっきり素晴らしいフレンチのお店見つけましたヨ。いつかまたあのメンバーでご一緒したいです(^^)

>とびっきり素晴らしいフレンチのお店

おおおーーー!!!
行こうねっ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/10887990

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編IV:珠玉のレストランIII (Lasserre):

« 休息:フランス人 Oui ou Non (No.7) | トップページ | 旅行第十五日目:アーヘン大聖堂(+クリスマスマーケット) »