無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第十七日目:ロアール城廻 | トップページ | 休息:フランス人 Oui ou Non ( No.9) »

2008年3月20日 (木)

旅行第十八日目:カンタベリー大聖堂

旅行第18日 カンタベリ大聖堂

小休止

ここのところ、写真もネタもある程度充実した回が続いたので、今回はちょっと調整モード。いや、世界遺産としては、超一流なのですが、この場所は恐ろしいほどいい写真がないのです。なので、今回は「地味遺産扱い」です。スイマセン

✎カンタベリ大聖堂とは?

まずは、カンタベリ大聖堂とは?・・・またWikipediaに頼ってみます。というのも、「過去を引きずらないように、身も心も欧州から離れよう」

という志の元、ガイドブック系の本は処分して帰国し、手元には地球の歩き方フランスが1冊あるだけだからです。何のことはない結局、こんなブログはじめるのだったら、全部とって置けばよかったのですが。

(ある意味、思いっきり引きずってるし・・)

Photo_8

塔は切れているけど外観です。

Photo_7 塔はこんな感じ。

カンタベリー大聖堂はイングランド南東部ケント州のカンタベリーにある教会で、イギリス国教会の総本山。7世紀にカンタベリーのアウグスティヌスがイギリスに布教し、修道院としては建設された。12世紀に王と対立した大司教トマス・ベケットが殉教したことから聖地として多数の巡礼者が訪れる場所でもある。現在の建物は1070年-1180年にロマネスク様式、1379年-1503年にかけてゴシック様式で建設された歴史的建造物である。

イギリスって不思議な国で、過去の王と教会の対立がもとで、カトリックから離れ、イギリス国教会を設立していて、ドーバの向かいの国とは、同じキリスト教といっても随分と勝手が違いますよね。そんな中でもこのカンタベリ大聖堂は特別な重みを持つ聖堂なのです。

✎なんで写真がないの?

この大聖堂を訪ねたのは、実は僕の実父と姪がイギリスに遊びにきた際に、小旅行でドーバーに行く途中でした。そんな事があって、親のカメラで写真を撮ってあげたり、教会の中を案内したりで、自分のカメラを構えて好きな構図を探してゆっくりお好みショットをとる時間がなかったからなんでしょうね。本来の僕ならば、概観と教会の中、特に薔薇窓は必ず記録に残すのですが・・・

まあ、僅かに残っている写真ですが、ご覧ください。何と全体像が写った写真もないのですが・・・

Photo_9

<=この仏像は何?

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

✎おまけ

これではあんまり申し訳ないので、レストラン情報を一つ。パリに行ってフレンチに飽きた時のため、でもそこらの日本食屋では物足りない方の為の本格寿司レストランです。まぁお試しあれ。

1.きふね

44, Rue St Ferdinand
75017 Paris, France
+33 1 45 72 11 19

凱旋門とPalais de Congresの間、かなりPalais de Congresよりにある寿司屋。ご存知のようにパリは欧州の魚の集散地。寿司のネタは格別に新鮮です。お値段もかなりいいですが、それに見合う味が期待出来ます。ここで食べたトロは、ベストロ(ベスト_トロ)でした。

2.勇鮨

住所:4,quaidOrleans

電話01-40-46-06-97

場所は な、何とノートルダム寺院傍、な、何とあのトゥール・ダルジャンの川向いです。ここのオヤジさんは、絵に書いたような板前さん。四角い顔して、髭生やして、ニコリともしない人です。このオヤジさんを笑わすのが楽しみでした。きふねより幾分割安ですが、ネタは新鮮で、ここも特別です。僕が行った時には、元アナウンサーで、当時の日仏文化会館責任者の磯村さんが、美味しそうに寿司を食べていました。

« 旅行第十七日目:ロアール城廻 | トップページ | 休息:フランス人 Oui ou Non ( No.9) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

パリの割烹『あい田』というレストランが和食で初めて一つ星を獲得したそうです。ボンマルシェの裏側で18席しかないそうです。そこのシェフは昔「いいとも青年隊」の一人でテレビに出ていたとか。人生何があるか判らないですね。我々の人生にも幸あれ....。
このレストランは是非皆で行きたいですね。

YJさん。お帰りなさい。
「あい田」って名前は知っています。僕がいた頃は、ovniには宣伝があったけど、あまり話題にもなってなかったのですが・・・
 
いいとも青年隊の人が、「シェフ」なんですか?いつ料理ならったんでしょう?

そういえば、メイフェアーの近くにある「さくら」に、俳優の広岡瞬が働いているのは知っていますよね?

「広岡さんですよね?」っというと喜ぶそうですよ。

そうですね。みんなで行きたいです。

あ~。欧州に行きたいよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/11531280

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第十八日目:カンタベリー大聖堂:

« 旅行第十七日目:ロアール城廻 | トップページ | 休息:フランス人 Oui ou Non ( No.9) »