無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 休息:フランス人 Oui ou Non ( No.9) | トップページ | 旅行第十九日目:グリニッジ海洋都市 »

2008年3月25日 (火)

番外編VI:珠玉のレストランV (A Lallement)

番外編5 A_Lallement

ご提案

さて、今日の番外編は、ちょっとしたご提案です。特に欧州にちょくちょく行かれる方へ。「フランスといえば、やっぱりパリ(洒落)。でも、もう何度もいったしなぁ。」という方。列車に乗って1Hちょいで、ランス(Reims)に行ってみませんか?ランスといえば、シャンパン。先日取り上げた世界遺産のランス大聖堂を訪ね、その足でシャンパンのカーブを訪ねる。Mummとか、Moet&Chandonとか超一流のシャンパンブランドのカーブを気軽に訪ねる事ができます。これは前回ご紹介の通り。さて、そして、是非訪ねてほしいのが今日ご紹介する2☆レストランA lallementです。

A_lallement

>> お城のようなレストラン

ランスからタクシーに乗って30分ぐらい。御覧のような素敵な建物が見えてきます。これA Lallementです。ミシュランで住所を控えてタクシーの運ちゃんに言えば連れて行ってくれます。‘Arnaud Lallement’でアクセスすると、彼のレシピが色々紹介されていますよ。

✎メニューご紹介

どんなお店かを知っていただくために、今日はメニューにこだわって見ます。前回ラ・セールで触れたように、このお店も前菜は一つの食材を2種類の調理法で調理してきました。僕はこの日、ホタテを食材に選びましたが、一つは焼いたホタテ。もう一つはホタテのカクテル。これ、生ホタテです。つまり刺身。フレンチのソースとプリプリのホタテの食感が絶妙でした。

---------------------

>>Entree:その1Photo_5

                                                      

                                                                           

                                                                             

>>Entree:その2(これが生ホタテ)

Photo_10

                                   

                                                                                    

                                                                        

で、メイン。

Veau

僕は子牛のフォア(写真)

>奇跡のフォア・グラ

息子はフォア・グラを注文しました。子牛のレバーも中々のものだったのですが、一口貰った息子の注文したフォア・グラが言葉を失うほどの旨さでした。同じMenuはないかもしれませんが、Foie Gras de Canard,Fondant coolant, Biscuit de Reimsを探してみてください。(写真はありません。すいません)

---------------------

参考までにデザートの写真もUpしておきますね。綺麗でしょ。

Chocolat

Chocolat_2_3

>>>後日談

後日談ですが、出張できた友達と会食したとき、友達が息子に「僕は、食べ物は何が好き?」と質問しました。想定している回答は、「ソーセージ。とか、ハンバーグ」だったと思いますが、息子の回答は、「そうですね。フォア・グラかな」。質問した人も想定外の回答にフォロー出来ず、しばらく「あ・・・・そう」となっていました。それぐらいこのフォア・グラ、強烈な記憶だったわけです。是非、ランスまで足を伸ばして、そしてこの店でフォア・グラを注文してみてください。

お泊りのアドバイス

そしてお泊りは、Chateau Les Crayeresで・・・。これは街中に突然現れるシャトー。ホテルそのものが広大な庭付きのシャトーです。庭園は、青々とした芝生と芝生を囲む木々。都会にありながら、この木々のお陰か、都会の喧騒から離れて、静かな気分が味わえます。

このシャトーのレストランは嘗ての3☆で僕が帰る時に2☆となったレストランです。ここで食べたチョコレートのデザートが忘れられないと家内は今でも言っています。

✎総括

パリを離れ、ランス大聖堂を訪ね、いくつかのシャンパンのカーブを訪ねてグラスのシャンパンを楽しみ、LunchDinnerA_Lallementで過ごし、Chateauに泊まって優雅な宿泊を楽しみ、パリに戻る。少し旅行なれした方は、パリを離れたこうした旅も楽しいのでは?・・・いかがでしょう。ご検討あれ!

« 休息:フランス人 Oui ou Non ( No.9) | トップページ | 旅行第十九日目:グリニッジ海洋都市 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

>「そうですね。フォア・グラかな」

わひゃひゃひゃ、我が家の娘も「キャビアにご飯」と答えてた時期がありましたわ(ひんしゅく・・・)

ぽんたさん。・・・「キャビアにご飯」とは相当なものですね。映像を思い浮かべると、まっしろいご飯の上に、フリカケのようにちりばめられた、黒い宝石のようなキャビア・・・!生唾ごくりですね。

そういえば友達と子供の会話にこんなのもありました。

友達;僕、スポーツは何が好き?
息子;サッカーです。
友達;どこで練習するの?家のそば公園とか?
息子;そうですね。エッフェル塔の下の公園ですね。
友達:・・・・・

確かに、家のそばの公園が、エッフェル塔の公園だったもので・・・

何か感覚ずれてますよね。。僕ら。

では、第20回目の世界遺産、ちょっと気合を入れてUpします。お楽しみください。



コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/11794557

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編VI:珠玉のレストランV (A Lallement):

« 休息:フランス人 Oui ou Non ( No.9) | トップページ | 旅行第十九日目:グリニッジ海洋都市 »