無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 番外編IX:珠玉のレストランVIII(Guy Savoy) | トップページ | 旅行第二十六日目:ピサの斜塔 »

2008年5月 8日 (木)

旅行第二十五日目:フィレンツェ

旅行第25日目:フィレンツェ

大物

過去から2回、フランスの「地味遺産」が続きました。「そろそろ種切れ?」と思われた方もおられるでしょうが、いや、まだまだ在庫はありますです。今日は久しぶりにイタリアを訪問しましょう。場所はあの、フィレンツェ。大物登場です。さて、フィレンツェとったら、何を思い出しますか? ウフィツィ美術館。と答えられた方は中々の欧州通。そう、この美術館には、ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」等の大作が展示されています。

✎またも事件

僕らがこの美術館に来たのが金曜日でした。そして、その次の金曜日……爆破されたんです。自宅でTVを見ていたら「昨日、フレンツェのウフィツィ美術館が何者かにより爆破されました」というニュース。全壊ではなかったのですが一部が相当の損傷があったようです。怪我人も出ていました。一週間ずれていたら、と血の気が引く思いでした。欧州の闇の側面を見た気がしました。

✎あ、ドーモ

オヤジギャグですが、この街の名物はドーモ(聖堂)です。御覧ください。

Photo

このドーム型の建物が街の中心に鎮座ましましています。このドーモを中心に町がなりたっているといっても良いです。

Photo_2これが正面の映像です。緑色の扉にも、細やかな彫刻が施されています。

Photo_3

向かいのジェットの鐘楼に登ると町が一望できて何とも美しいですね。御覧のように建物の装飾も手の込んだ緻密なものでした。

                                                                                                                               

                                            

                                             

                                                                     

✎フィレンツェの夕焼け

この街の郊外に「ミケランジェロの丘」という小高い丘があります。その中腹にあるレストランからの眺めが素晴らしいと聞いていたので、予め予約していってみました。もう15年位前の事なので、店の名前も忘れてしまいました。すいません。店についた頃からだんだんと太陽が傾き始め、夕焼けで街が真っ赤に燃えてゆくと、次第にドーモの輪郭が影絵のように黒々となってゆく、その景色の変遷のあまりにも美しかった事を今でも覚えています。すの変わり行く景色を楽しみながら、お肉の料理を楽しみました。イタリアは、スパゲッティが有名ですし、実際桁外れに美味しいので、ついスパゲッティばかり楽しんでいたのですが、この日は腰を据えてお肉料理を楽しんだわけです。

Photo_5 

そして最後はこの夜景です。芸術に感動し、食に感動し、そして街に、夜景に感動し、感動だらけのフィレンツェでした。

« 番外編IX:珠玉のレストランVIII(Guy Savoy) | トップページ | 旅行第二十六日目:ピサの斜塔 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

>もう15年位前の事なので


あああ〜〜〜15年がたったんだ・・・

実は私も母とフィレンツェに行ったのですが、そのとき爆発跡を見たんですよ、まだそんなに時がたってなかったです。
LaiLaiさん、ご無事でよかったです。

バブルが崩壊したちょっと後でしたよね。


天皇ご夫妻がイタリア訪問なさった同じときに私たちも旅をしたもんで、フィレンツェでお姿を見ました。
美智子さまが輝く様に美しくて感動したもんですわ。

フィレンツェではドーモ(笑)そばに宿泊予定です。
もう一度食に芸術に景色に感動してきます!!!

ぽんたさん

そーですか?あの頃、フィレンツェに行かれたんですね。奇遇ですね。・・・と、家内も言っていました。

それでは、気をつけて行ってきてくださいね。
そういえば、ミケランジェロの丘のレストランの名前、たしかたランプとかいう名前だったと思います。突然思いだしました。

このドームの近くのブルネレスキという靴屋に行ったことも突然思い出しました。

では

そー言えば、僕も去年、東京駅で天皇陛下にお目にかかりました。

それから、昔々、ハワイの日系の皆様を案内して千鳥が淵あたりを歩いていたら、お堀の反対側に昭和天皇がお散歩されていました。

2代続けて天皇に遭遇したことになります。

別にどーでもいいことなのですが、思い出したので・・・・

>お堀の反対側に昭和天皇がお散歩されていました。
>2代続けて天皇に遭遇したことになります。


なんというありがたくももったいない偶然なんでしょう!!!
皇室ファンの私としてはうらやましいわ。

私は美智子さましか見ませんでした。
天皇陛下のお姿は未だ見たことはありません。

そういえば三笠の宮さまがお若いとき、新幹線の私たちの席のすぐ後ろに御付きの方と座られたことがありました。
三笠の宮さまはその以前に文春の「私の愛読書」のコーナーで冗談でしょうが我が亭主の本をあげて下さっていたのでお礼がいいたかったです。もちろんそんな失礼はいたしませんでしたが、おほほほ・・・

す、凄いですね。皇室の方の愛読書なんて。因みにどの作品でしょう?(差し支えなければ?happy01

そう言えば、ハワイの日系の皆さんが昭和天皇に遭遇したとき、天皇が僕らに向かっていつものように手を振ってくれたので、日系の皆さんはそれはもう感動し、大騒ぎでした。
そりゃそうですよね。

では

>因みに


他の有名人の方々は愛読書に「純文学」やら「哲学」やらとっても難しいものをあげておいででした。
宮様だけが「男一匹」なんてご冗談がすてき!!!


>天皇が僕らに向かっていつものように手を振ってくれた


私だってもういつ死んでも良いくらいに感激しちゃうわ 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/20846209

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第二十五日目:フィレンツェ:

« 番外編IX:珠玉のレストランVIII(Guy Savoy) | トップページ | 旅行第二十六日目:ピサの斜塔 »