無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« パリに来たなら;口コミ情報No.2 | トップページ | 旅行第二十七日目:ベルギー旅行・そのI(ブルージュ) »

2008年5月17日 (土)

番外編X_珠玉のレストランIX(Au Bon Accueil)

番外編X_珠玉のレストランIXAu Bon Accueil

秘密の・・・

ここまで結構メジャーなレストランを紹介してきましたが、まぁ☆付き高級レストランはある意味美味しくてあたりまえ。サプライズはありませんよね。で、今日はフランスに来たら訪ねてほしい「安くて美味しいレストラン」を一つご紹介します。その名はA bon AccueilAccueilとは「もてなし」の意味。まさに最高のもてなしをしてくれるレストランです。ここは、家内と僕が別々の機会に別々の人に連れて行っていただいたのですが、二人ともびっくりして帰ってきました。僕はフランス人の友人に連れて行ってもらいました。パリでは、待ち合わせでレストランに行く事は少なく、教えてもらった番地を頼りに、現地集合になります。この日も聞いた番地を頼りに、ワクワクしながら、レストランを訪ねました。

久しぶりに脱線

一寸脱線しますが、パリの住所は実に合理的に出来ていて番地さえわかっていれば、小さな地図一つで必ずたどり着けるように出来ています。日本ならば、例えば「東銀座3丁目4-5 ○○ビル4F 」とか言われても、街角の地図で3丁目を見つけても、4-5を見つけるのが容易でない場合もありますよね、僕も結構迷子になりました。しかしパリでは、住所は必ず「通りの名前+番地」という構成なので、地図のアルファベット一覧で通りの名前を捜して地図上のページを検索。後は通りの角毎に書かれている番地を頼りに大体の位置を見つけて、あとはひたすらそこを目指して歩いてゆけばたどり着く、これがパリの合理性です。因みにパリの番地はセーヌ川に近いほうが若く、遠くなるに従って大きくなっていくっていうルールをご存知でしょうか?・・・豆知識でした。

✏本題

さてさて、こうやってたどり着いたレストラン。セーヌ川すぐ傍のアルマ・マルソー駅ほど近くのこじんまりとして庶民的な感じのレストランで、テーブルも十席ぐらいしかないのですが、お店の人もとても感じがよく、本当にBon Accueilです。日本から遊びに行った友達にもこの店を勧めたのですが、とても喜んでくれました。曰く、このお店は魚料理がとても素晴らしかったそうです。あ、英語も通じるそうですよ。是非、フランス人が密かに(?)勧めるこのお店、行ってみて下さい。

Au Bon Accueil 14 rue de Monttessuy, 75007 Tel: +33 (0) 1 47 05 46 11
最寄の地下鉄駅:Alma-Marceau

« パリに来たなら;口コミ情報No.2 | トップページ | 旅行第二十七日目:ベルギー旅行・そのI(ブルージュ) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/20995048

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編X_珠玉のレストランIX(Au Bon Accueil):

« パリに来たなら;口コミ情報No.2 | トップページ | 旅行第二十七日目:ベルギー旅行・そのI(ブルージュ) »