無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« パリに来たなら;口コミ情報No.4 | トップページ | 旅行第三十一日目:シュテファン大聖堂 »

2008年6月29日 (日)

番外編XII:珠玉のレストランXI:Lucas Carton

:珠玉のレストランX: Lucas Carton

番外編第XI  珠玉のレストランXLucas Carton

✏そもそも

そもそもこのブログは欧州十数年の思い出を忘れないために始めました。で、レストランなんかも紹介しました。自分の思い出が、そのまま訪問してくれる皆さんの参考になればとも思っています。ただ、今回はズレます。と、いうのもここで書かせてもらうルカ・カルトンはもう存在しないんです。というかもっと正確にいうとミシュランの☆付ルカ・カルトンは存在しないという事です。僕も帰国したあとの話なのであまり詳しい情報はないのですが、ミシュランの☆に囚われないで行きたいという事で、レストランの店質を変えたそうですので、今僕が紹介する意味でのルカ・カルトンは存在しません。これは純粋思い出話としてお読みください。(これも写真が見当たらず文章だけです。)

✏で、どこ?

場所はマドレーヌ寺院の脇、マドレーヌ寺院とは、コンコルド広場のそば、で、コンコルド広場はっていうと、シャンデリゼ通りの突き当りです。このレストランの概観は地味で3☆と聞いていなければ分からないような概観ですが、店の入り口に入ると重々しい濃い灰色のビロードのようなカーテンがあり、そのカーテンを開けるとその先には奇跡のような空間がありました。随所に施された壁の彫刻と、その彫刻に支えられた煌くようなライト。華やかな中にも何とも重厚な感じ。これは、確かに、間違いなく3☆の内装でした。

✏デギュスタシオンとは?

ここではデギュスタシオンをお願いしました。ここでいうデギュスタシオンとは、いわば「お任せメニュー」で、お任せは食事のみならず、その各食事に適するワインもお任せなのです。前菜には白、メインのお肉にはフルボディの赤、チーズには甘口のポートワインといった具合で。このワインのチョイスがソムリエさんの真骨頂なのでしょうね。

この時にセットされた白ワインが格別でした。手帳に名前を書いてきたのですが、その手帳が無くなってしまったので、今となっては名前がわかりません。それから色々探し回った結果、ピュイ・フュメがこれに近い味だということが分かりましたが・・。

食事とワインの組み合わせはこの日の食事が最高だったと思います。

今となってはもう昔話となってしまったので、記事はこれぐらいにします。でも、こうやって終わってゆく☆つきもあれば、アランデュカスのように彗星のように登場して3☆迄のぼり詰めるお店もあれば・・・。フランス料理界の「崇高な格闘技」はこうして永遠に続いてゆくのでしょうね。

« パリに来たなら;口コミ情報No.4 | トップページ | 旅行第三十一日目:シュテファン大聖堂 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

もう☆で争うのはいやじゃ、もっとたくさんの人に食べてほしい、とご本人が☆却下されたとかのニュースになったお店でしょうか? ルカ・カルトンって・・・

>食事とワインの組み合わせはこの日の食事が最高だった>と思います

い〜〜〜〜な〜〜〜〜!!!!!(よだれ

ぽんたさん

そーです。そのお店です。
もっとも、「俺はもういいや。自由にやりたい」と、50歳を境に★の店をたたんで、ちっちゃな店を作ったロブションは、そのちっちゃなお店にミシュランが★をつけたそうです。取りたくてしょうがないお店は取れずに、もういいよ。っていう店は取るし・・・ミシュランて不思議な世界です。

一時大騒ぎになった日本のミシュランの★
付きレストランはどうなんでしょうね?


飽きっぽい日本人、もう大騒ぎは終わったのでしょうか??

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/21955762

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編XII:珠玉のレストランXI:Lucas Carton :

« パリに来たなら;口コミ情報No.4 | トップページ | 旅行第三十一日目:シュテファン大聖堂 »