無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第三十二日目:シェーンブレン宮殿 | トップページ | 番外編XIII:珠玉のレストランXII: Chez Pauline »

2008年7月 8日 (火)

パリに来たなら;口コミ情報No.5

口コミ情報No. 図らずも、世界遺産を大いに語ろうという趣旨を大幅に逸脱し、なんとお菓子情報で盛り上がったので、そののりで今日の口コミ情報は「お菓子」です。今日のお菓子は「マ・カ・ロ・ン」そうマカロンです。

✏マカロンとは?皆さん、マカロンとは?って説明できますか?当然ながら僕は出来ないのでWikipediaに頼ってみました。「カトリーヌ・ド・メディシスがアンリ2世の元へ嫁入る際にイタリアから持ってきた菓子。粉砂糖とアーモンド、ココナッツ、胡桃などの粉末をメレンゲで軽く膨らませオーブンで焼いて作られる焼き菓子で、クリームをはさんだものもある。クッキーと違い小麦粉は使用しない。」だそうです。

✏まずは基本今マカロンをParisで語るならば、La Duree (ラ・デゥレ)。シャンデリゼ通りにある有名なお店.です。ここではちゃんとした食事も出来ますよ。ここのマカロンはTake Outも可能。ここでお菓子を買って帰って、凱旋門の周りで食べるなんてお洒落!ではないでしょうか?

http://www.laduree.fr・・・先ずはここに来てください。 (音します。注意)

✏次に上級者コース

ちょっと捻るとここはTrocadero。そうエッフェル塔の川向の高台の町です。このトロカデロ広場は、そこにあるCaféで食事やお茶をすると目の前にエッフェル塔が聳えたち、えもいわれぬ美しさなのですが、この広場でエッフェル塔を背にして右側にあるお菓子屋兼CaféがChez Caretteです。このお店はマカロンコンテストで優勝した(確か’05年)お店です。日本で知られているのかどうか知りませんが、ここは知る人ぞ知るcafé.ここからエッフェル塔を眺めながら夏の一時、秋の一時を過ごすのは素晴らしいでしょうね。あ、そうだ、ここでマカロンを買ってエッフェル塔正面の噴水まで降りていって芝生に腰掛けながら、マカロンを楽しむ・・・なんて結構幸せかも。

http://www.resto-de-paris.com/2008/02/un-cafe-place-du-trocadero.html やってみてください。

« 旅行第三十二日目:シェーンブレン宮殿 | トップページ | 番外編XIII:珠玉のレストランXII: Chez Pauline »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/22144866

この記事へのトラックバック一覧です: パリに来たなら;口コミ情報No.5:

« 旅行第三十二日目:シェーンブレン宮殿 | トップページ | 番外編XIII:珠玉のレストランXII: Chez Pauline »