無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« パリに来たなら;口コミ情報No.5 | トップページ | 旅行第三十三日目:北欧の町ベルゲン »

2008年7月10日 (木)

番外編XIII:珠玉のレストランXII: Chez Pauline

番外編XIII:珠玉のレストラン

XII: Chez Pauline

狭い裏道に

オペラ近辺に来られた事のあるあなた、ちょっと目をつぶってあのあたりの光景を思い浮かべてください。正面には、そうオペラガルニエの威風堂々としたオペラ座。振り返ると突き当りは

Hotel du Louvreの瀟洒な建物。 そして日本人ならお世話になるサンタンヌ通り。この通りには嘗ての東京銀行(名前は変わりに変わっていまや三菱東京UFJ銀行;長い!センスない!)が入り口にあり、通り沿いには無数の日本食屋が軒をつらねる、そう日本人のオアシス通りです。

オペラ通りを背にして、銀行の前を通り過ぎると、そう、角に「札幌ラーメン2」その向かいがCaféがある四つ角があります。更に真っ直ぐいくと、これも派遣の日本人や、ツアー観光客なら多分一度はお世話になった事がある「レストラン・ひぐま」が見えてきます。(ここはねぎラーメンはお奨め)さて、このひぐま手前の狭い道をオペラ通りを背にして右に曲がると、ちょっと裏ぶれた感じの狭い通りに入ります。この通り中央の右手にひっそりと店を開いているのが、かつての1☆、Chez Pauline(シェ・ポレーン)です。

✎肉

まぁ、パリ赴任直後で、本格フレンチを知らなかった事を考えると、だいぶ差し引いて考えなければならないでしょうが、ここで食べたビーフは僕の人生のベスト3にはいると今でも思っている程、僕には鮮烈な思い出をくれた店です。あの時は、僕の勤める会社の人事部長巡回があり、

ちょっとしたしがらみで、店の支店長さん、副支店長さんと、人事部長と僕(まだ平課長)の4人でこの店で食事をしたことがあったのです。いつも剛毅に踏ん反り返っている次長さんが妙に取締役人事部長にペコペコしているのを見て、その滑稽さに「この人もサラリーマンなんだなぁ」とお腹の中で笑いながら食したビーフステーキ。まるで豆腐でも切るように、ナイフが「スー」と通り、おいしそうな肉汁がサーとお皿にしたたる感じで、その食感と味付けの良さに、思わず接待を忘れて一人「食の世界を数十秒旅した」思い出があります。そう、当時はここはミシュランの☆1でした。流石、ミシュランの☆つきと感動したものです。

✎その後

その後、何年か経って、新しく買ったその年の最新版ミシュランを何気なく覗いて見ると、この店が☆付きリストからは消えていました。「味が落ちたんだろうか?」「オーナーさんでも変わったのかなぁ」と妙に気になり出張者の接待に何度かこの店を使ってみました。お店の肩の力が抜けたのか、それとも僕が高級レストランを見てきたからか、あまり気取らない店になっている印象を持ちましたが、それでも、味は落ちていないので、出張者から大そう喜ばれました。このぐらいの所で、あまり気を遣わずに、周りの評判とかミシュランの☆を頼りにしないで、自分の舌一つで味覚を楽しみ、自分なりの評価をしてみる・・・・なんていうのも楽しいかもしれませんね。

✎そのお店はここ

Chez Pauline

  • 住所: 5,rue Villédo, Paris 75001, France

  • 電話:  01 42 96 20 70

  • ファックス:  01 49 27 99 89

そういえばその時の人事部長さん、その後、某商社の社長さんになられた偉い方なので、「食の世界の一人旅」なんてしてないで、僕ももう少し、スリスリっとスリよって置けばよかったと思ったりしますが、これぞ「あとの祭り」。いいです。僕は、食事も人生も自然体で行きます。

それにしてもあのビーフステーキ・・旨かったなぁ。

« パリに来たなら;口コミ情報No.5 | トップページ | 旅行第三十三日目:北欧の町ベルゲン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

なつかしいな〜〜〜「日本人のオアシス通り」
こんなすてきな店があったなんて・・・

私たち(Mumbleさんとかいもこさんとか)この通りのつましいホテルに泊まったんです、とても思い出深いです。

ホテルの真ん前に「眉山」とかいう和食のお店があったわねえ・・・

ところで質問ですが、これってレストランの名前でしょうか????
「L ANGLE DU FAUBO」

>L ANGLE DU FAUBO

う~ん、解りません。インターネットで調べたところ、rue de Fauboという小路があることは解りましたが?

ところでこれはどこで見かけた名前なのですか?

それにしても眉山という名前は懐かしいですね。ここは高級日本食なのでついぞ入りませんでした。

これでヒントをもらったので、口コミ情報は、日本食オススメ情報をUpしますね。


>L ANGLE DU FAUBO
 

実は1月にパリに行ったとき一つ☆レストランに行きましたが名前を忘れてしまい、カード引き落としの報告書を調べてみたのです。

「L ANGLE DU FAUBO」というのが一番それに該当しそうなので、もしかして Lai-Lai さんはご存知な??? と書き込んでしまいました。

「眉山」 やっぱり高級和食店だったですか!!!
お高そうだったので、毎日横目で見て通りすぎました。(笑

ぽんたさ~ん 分かりました。ビンゴです。

正式には、L'Angle de Faubourg
でカード上は省略語でFauboとなっていたのでGoogleでヒットしなかったんですね。

Faubourg St-Honore通り、いわずと知れたエルメス本店がある超高級ブティック街です。

凄いですね。その割と近くで働いていた僕の知らない店に行っていたのですね・・・あぁ、派遣のプライドが!wobbly

でも、このあたりうんざりするほどいいお店があります。今回のコメントで、一軒忘れていた大切なお店を思い出しました。おかげさまで。次のレストラン紹介でご披露しますね。

では

>Faubourg St-Honore通り、いわずと知れたエルメス本店がある超高級ブティック街です。


あらまあ、そんな高級街だったなんて・・・(汗

ここは結構カジュアルな、お客様もノーネクタイな雰囲気で、お値段もそんなにお高くなかったでしたよ。
それから若い女性が一緒だったのが原因か、ソムリエさんが「安くておいしいワインを選びましょうぜいっ」って感じでニコニコしながら持って来てくれたワインがそれなりにおいしかった記憶が。

私は「鳩」を食べました、これがおいしかった!!!


こんばんわ~v
そのお店、ググッてみたら一つ星なんですね!
それにタイユヴァンのセカンドだとかwine
流石はぽんたさん。しっかり押さえるところは押さえていらっしゃいますね。

ところでエルメスの本店といえば24番地heart04ああ、懐かしい(遠い目

うひゃ。「日本人のオアシス通り」。
ぽんたさんをこんなところにお泊めしてよいのか!
というくらいのつましいホテルで、レストランの予約をした時に、お迎えにあがりますと言われ
それだけは辞めて下さい、自分たちで行きましょう!
とお願いした覚えが…(汗。
そんな高級なお店があったのですか。眉山。
私はチープなうどん屋さんなどしか目に入らなかった。

Mumbleさん。そーなんですよね。あの通りには高級日本食屋が2軒あって、1軒が眉山、1軒が伊勢です。

で、この伊勢は、僕が転勤でいった翌年の派遣の新年会(まだ羽振りがよかったころ)をやった店です。内装とかはとっても豪華で高級感がありましたが、食事は懐石っぽくて色々高級なものがちょっとだけ出た記憶があります。フランス人には量がりないかも。そして、通算8年間で高級な日本食屋に行ったのはこの1回だけです。庶民なんてそんなものです。

次の口コミコーナーで、庶民的なレストラン特集を考えています。請うご期待!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/22205790

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編XIII:珠玉のレストランXII: Chez Pauline:

« パリに来たなら;口コミ情報No.5 | トップページ | 旅行第三十三日目:北欧の町ベルゲン »