無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 番外編XVI:珠玉のレストランXV;ジュールベルヌ( Jules Verne) | トップページ | 旅行第四十二日目:故宮(紫禁城) »

2008年8月27日 (水)

旅行第四十一日目:万里の長城

、旅行第四十一日目:万里の長城

✎終わったね

いや~、終わりましたね、オリンピック。これでまたブログへのアクセスが戻ってくるといいんですが。まぁ、今しばらくオリンピックの余韻に浸っていただくために、突然ですが、今日は欧州を完全に飛び越え7時間の時差を経て、舞台を中国に移します。今回のブログでは初めて帰国後訪問した世界遺産をUpすることになります。

✎夢

実は僕は生きている間に訪ねたい場所が4箇所あります。それは、グランドキャニオン、タージマハール廊、そしてこの間ご紹介したピラミッド、そしてこれ万里の長城の4つです。それだけにこの出張でここに来れたのは感動でした。夢がまた一つ叶った瞬間でした。

✎意見二分

ここの評価は珍しく綺麗に2分されています。「凄い、感動した」という人。「つまんなかった」という人。その謎が登ってみて分かりました。延々6352キロに亘る人工衛星からみて判別できる唯一の人工建造物。延々と山々に続く城壁を眺め、それに思いを馳せながら、その世界に浸れる人はきっと感動できるでしょう。その全景はこんな感じです。

Photo

一方、長城の上で観光客が自由に歩ける場所は、混んでいなければ精々10分程度の短い距離。「はるばる訪ねてきてこれだけ?」っと言う人には、期待はずれの観光地。ということになるわけです・・・想像ですが。これです。Photo_2

僕はというと前者で、視界に入る全ての山の上に延々と続くこの長城を見て、漢民族が騎馬民族の侵略を守る為この長城を築いている光景を思い描いて、感動に浸っていました。

✎ジェットコースター

ところでこの長城の観光客入場口に辿り着くのが意外や意外。一人乗りのジェットコースターのような乗り物に乗って数珠繋ぎで上へ上へと上がってゆくのです。1000年の歴史を遡る長城に辿り着くのに最新鋭のコースターで行くのがとっても違和感がありました。体は楽だし、お年寄りには恩恵ですが。

« 番外編XVI:珠玉のレストランXV;ジュールベルヌ( Jules Verne) | トップページ | 旅行第四十二日目:故宮(紫禁城) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

母を連れて行きましたよ、万里の長城。
ちょうどクリントン大統領が中国を訪れたときで、この後すぐ長江の大洪水もありましたっけ。


さて万里の長城ですが、私たちが行った場所は違うかもしれません・・・
私たちが行ったのは北京から高速道路で2時間くらいの「八達嶺」でした。
ここは男嶺と女嶺があって、男嶺はとても険しいので女嶺に登りなさいということで、母と登り始めましたがこれがきついのなんの。

私がばてばてで「おかあちゃん、しんどかったらいつでも止めていいよ」と声をかけると「いいや、もう2度と来れないんだから上まで登る」

はいはいと、必死でつきあった私でございます。
階段の幅は狭いし、階段は不規則だし、傾斜はきついし、そのぶん『ここまで』という地点に到達したときは感動しましたねえ。

どこまでも続く長城を見ながら、同じツアーのメンバーが「ばかなもん作ったもんだね」と言ったときは爆笑しましたが。


タージマハールは行ってませんが、母と一緒にピラミッドの王の棺の間にも登りましたし、グランドキャニオンも歩きました。
母は最高の旅の友です。


ぽんたさん

僕らは男坂だったと思います。困るのは中国の方はあまり並ぶというのが得意でないのか、狭い城の上を我も我もと前会進みたがるので、朝の通勤ラッシュの駅みたいで、それはそれは大変でした、仲間からはぐれないようにするのが。

延々と続く長城に結構僕は感動しましたが。

ところでここで楽しかったのが、みやげ物の値切り。値段なんてあってないようなもの。

値段を言われたら、大げさに驚き、「そんな金は払えない。」というと、「いくらなら買うの?」と聞かれるので、こりゃまたトンでもない安い値段を言うと、「あ、そりゃ無理だ」となってお互い歩み寄って値段が決まります。僕は長城の描かれたプレートを5分の1ぐらいの値段で買いました。Lucky!

ここはもう一回来たいです。

>僕らは男坂だったと思います

それで、一人乗りのジェットコースターみたいなものがついたんでしょうか・・・
男坂を徒歩で行かれたら、きっと感動も倍以上だったかと(笑

>プレートを5分の1ぐらいの値段で買いました

これでもきっと高いと思う(爆笑

私も旅の始めにさんざんぼられまくった経験から、後半ではバトルを楽しむことに専念しました。

ぽんたさん

「どうしますか?」と添乗員さんに聞かれたんですが、そこはそれ、出張でくたびれたオジサン集団、満場一致で、楽なコースター方式になってしまったわけです。

一度ゆっくり長城を歩いてみたいものです。

タージマハール、アンコールワットは是非
行ってみたいです。機会があれば。
・・・・定年後かな?


そういえば、こんな長城を何で作ったか?
「こんなもん作ったって、その気になれば乗りえられるジャン?馬鹿じゃないの?」

という声もありますが、ここには深~い意味があります。

なんといっても漢民族、人数は山ほど調達出来るので、人数でおびえる事はなかったそうですが、騎馬民族に怯えていたのは、そう、機動性。つまり馬です。兵士が長城を乗り越える事は簡単でしょうが、馬を担いで乗り越えられないので、馬を諦めざるを得ない。・・これがポイントだったそうです。
え、ご存知でしたか? これは失礼。


>、馬を担いで乗り越えられないので


ここでは必ずガイドさんがこのての逸話をするわけですね。(笑
私たちは、羊(食料として連れて行く)が越えられないから長城は有効、と聞きました。
馬も羊も越えられないですもんね・・・

タージマハール、、アンコールワット、それからマチュピチュも僻地でなきゃ行きたいです・・・(僻地は苦手)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/23273593

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第四十一日目:万里の長城:

» 活性酸素 [活性酸素]
活性酸素って何だろう?気になったので調べてみました。 [続きを読む]

» アルコール [アルコール]
アルコールとは何かを考えてみました [続きを読む]

» 万里の長城 [万里の長城]
もっと痩せたいね [続きを読む]

» 万里の長城 [万里の長城]
もっとやせたいね [続きを読む]

» 万里の長城 [万里の長城]
もっとやせたいね [続きを読む]

» 飲酒運転 [飲酒運転]
飲酒運転とは何か考えてみました [続きを読む]

» 万里の長城 [万里の長城]
もっとやせたいね [続きを読む]

» 万里の長城 [万里の長城]
もっとやせたいね [続きを読む]

» 万里の長城 [万里の長城]
万里の長城とは何かを考える [続きを読む]

« 番外編XVI:珠玉のレストランXV;ジュールベルヌ( Jules Verne) | トップページ | 旅行第四十二日目:故宮(紫禁城) »