無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« パリに来たなら;口コミ情報No.9 | トップページ | 旅行第四十一日目:万里の長城 »

2008年8月24日 (日)

番外編XVI:珠玉のレストランXV;ジュールベルヌ( Jules Verne)

番外編XVI:珠玉のレストランXV;ジュールベルヌ( Jules Verne

✎ここがあった

いや、探してみるとまだまだあるもんです。ここも記事として取り上げていませんでしたね。この名前を聞いてピンとする人は文学好きかパリ好きのどちらかでしょうか。ジュールベルヌは、

「八十日間世界一周、月世界旅行」の著者。一方、パリのレストラン、絶対に迷わない場所にあるレストラン、そうエッフェル塔の中のレストランの名前でもあります。今日は、日本からパリにきたら尋ねてみたらいいなぁというレストランの一つとして、ここをご紹介しますね。

✎頑張ってます。

当然の事ながら、エッフェル塔には4本の足があります。その足のうち2本はケーブルカー、また他の1本には黄色の屋根が付いています。この黄色の屋根こそミシュラン1☆レストランだったジュールベルヌの入り口です。このケーブルカーはレストラン専用。名前を告げると乗せてくれます。ちょっとVIP気分。一番下の展望レベルに到着してドアが開くとそこは360度パリが見渡せる展望レストランです。これほどの景色を提供してくれるレストランは中々ないと思います。そして一般的に観光地のレストランというのは、「景色は良いけれど味は???。まぁ観光地だしね」というケースが多い中、ここは頑張ってます。僕の記憶が確かならば、一度ミシュランの☆が無くなって、何年か後にそれを取り戻したレストランだと思います。流石パリの顔、エッフェル塔のレストランですよね。

✎あらあら

それは僕が家内の両親を案内した時のこと、僕らは展望の素晴らしい窓側の席についたのですが(予約時に場所は指定できませんので、「窓側の席にしてくれよぅ」としつこくお願いしたり、ちょっと案内するボーイさんにチップを弾んだりとか色々やった結果)、席に向うときにちょっと気になったテーブルをつなげた10人掛けくらいの長い食卓、想像通り、日本から(と思われる)のビジネスマン(男ばっかり10人)がダークスーツで入ってきてお食事会を始めました。いや、誰がきても何を食べてもいいのですが、観光客の家族連れやアベックが少人数で会話を楽しんでいるレストランのど真ん中で、ダークスーツのアジア人のオジサン達が男10人で食事をする光景は何とも・・・不気味というか摩訶不思議というか、浮きまくった空間でした。

✎努力は報われる

ここ、予約はかなり前からする必要があるようです。僕の知り合いがパリに来たとき、ここを予約しようと思い、2日前ぐらいに電話をしたところ、呆れたような応対で、「え、明後日の夜ですか?。とっくに予約で一杯ですよ。昼なら少し空いていますが・・・」と、「おとといおいで」と言わんばかりでした。・・・1ヶ月前に予約するぐらいの「気合」が必要かもしれません。でも、その努力は報われると思いますよ。この景色(得に夜景)と料理の質の組み合わせは、最高の思い出になると思います。

✎最新ニュース(もうご存知ですか)

皆さんにURLをご紹介しようと思って「ジュールベルヌ レストラン」でググッて見たら

POTLOGという所の「アラン・デュカス エッフェル塔レストランオープン!」という記事がヒットしました。アラン・デュカス氏は現在フランス料理界の最高峰とも言われるシェフで

僕もPoincare59 でご紹介した方です。これは僕も全く知りませんでした。つまりリオープンという事です。時代は変わっていますね。でも、彼のレストランなら味は間違えないと思います。記事を抜粋しておきますね。是非、試してみてください、次回のパリ旅行で・・・ では

*****************************************

世界中でいくつものレストランを成功させているアラン・デュカス氏は、
フランスのテレビ局に対し、ジュール・ベルヌを
フランス料理のショーウィンドーにしたいと抱負を語った。

その上で、パリのホテル「プラザ・アテネ」にある旗艦店や、
モナコの「ルイ・キャーンズ」といった3つ星レストランのような
高級レストランにするつもりはないとしている。

ジュール・ベルヌのランチコースは75ユーロ(約1万2000円)、
ディナーコースは155─170ユーロ(約2万5000─2万8000円)となっている。

« パリに来たなら;口コミ情報No.9 | トップページ | 旅行第四十一日目:万里の長城 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

エッフェル塔、こんなに分りやすいところに☆付きのレストランがあったなんて・・・

ケーブルカー乗り場の一段あがったところに黄色のビニールっぽい張り出しがあって、お茶でもできるんかな?と思った記憶があるんですが・・・

でもこれは☆付きレストランの入り口とは違いますよね???(汗

ジュール ベルヌ 好きだったわ。

ぽんたさん

エッフェル塔の1Fの展望台は実は2層になっていて、下がこのレストラン、上が普通の展望台で、そこにも普通のCafeとか色々ありますです。

是非次回のパリ旅行では行ってみてください。アラン・デュカスのレストランになったのなら、きっと味も更に凄みを増すのではheart04・・・僕も行ってみたいのですが・・・そこにたどり着く飛行機代がないので。sad


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/23213729

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編XVI:珠玉のレストランXV;ジュールベルヌ( Jules Verne):

« パリに来たなら;口コミ情報No.9 | トップページ | 旅行第四十一日目:万里の長城 »