無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第四十二日目:故宮(紫禁城) | トップページ | 番外編XVII:珠玉のレストランXVI(Drouant) »

2008年9月 8日 (月)

パリに来たなら;口コミ情報No.10

パリに来たなら

口コミ情報NO.10 (最終回)

✎では一区切り

色々と口コミ情報をお伝えしてきましたが、一応これで区切りをつけます。次回からは、世界遺産ではないけれど、ここは見ていただきたいという場所を幾つかご紹介させていただきます。

✎美術館あれこれ

ガイドブックを見ると、ルーブルとかオルセーとかの情報はいくらでも手に入るでしょうから、今日は僕の独断と偏見で勧めを書きます。

1)ルーブル美術館

ここはもう多くは語りません。発券所はMusee de Louvreというメトロの駅から地下道でつながっている逆さピラミッドの周辺と、有名なガラスのピラミッドから入った発券所と2ヶ所あります。あの有名な「モナリザ」とか「ミロのビーナス」とかは「ダノン翼」に集まっていますので、先ずはこの翼(Wing)を見てください。色々と美術館巡りを考えているなら、ここにとどめておくべきです。全部を見ようと思うと、23日かかりますので・・・。最近日本人が多いせいか、「モナリザはこちら」と「ミロのビーナスはこちら」という矢印がいたるところにありますので、これを頼ってゆけばショートカットでお目当てだけ見れますよ。活用しましょう。

ルーブルは重たい宗教画が多いので、ちゃんと一つずつ魂込めて見ているととても疲れます。さらっとみる事にしています。

2) オルセー美術館

ここはいいです。美術館の大きさも手頃ですし、相応に有名な印象派の絵がたくさん展示されています。普通に見ても半日ぐらいで見れますし、Caféもそれなりにホッとする空間です。ルーブルが、伝統的なソースこってりのフランス料理ならば、オルセーはさっぱりしたビストロのフレンチという感じ。ルーブルのセーヌ河向かいにあるので、川を渡れば直ぐに来れます。午前中サラッとルーブルをShortcut Courseで見て、Caféでゆっくり、午後オルセーというのも悪くないコンビネーションだと思います。

3) オランジェリー美術館

ここもルーブルから徒歩圏内、オルセーのまさに川向のチュールリ公園の中にあります。ここは2年ぐらいをかけて最新技術をかけて作り変えられ、2006年に再開されました。全体的に優しい自然の太陽光で絵が見られるような採光上の工夫がなされています。ここにあるのは、キャンパスではなく美術館の壁一面へ描かれたモネの睡蓮の壁画です。この圧倒的な存在感のある睡蓮はお勧めです。ここも、1時間もあれば見られるコンパクトな美術館です。是非立ち寄ってみてください。

4) マルモッタン美術館(2 Rue Louis Boilly

このあたりから段々、通(つう)の世界か。パリとブーローニュの森の境目あたりにある、ちっちゃな美術館。ここが世界的に有名になったのは皮肉にも、ここで盗まれた「印象日の出」が飾られているから。後日、なぜかコルシカ島で発見され、ここで戻ってきています。ここもオルセー同様、印象派の絵が数多く展示されています。モネとかルノアールとかが飾られています。もちろん、印象日の出も見ることが出来ます。ここも1時間で見られます。ここで印象派の温かい絵画を見て、季節がよければ向いにあるラネラグ公園で日向ぼっこもよし、もう少し足を伸ばしてブーローニュの森の中の池(Lac Inferieur)の中の中ノ島でお茶するのも楽しいかも。

美術鑑賞と自然鑑賞の調和、これもパリの魅力。

5) ピカソ美術館

有名なのに見落としちゃいがちなのがこの美術館。マレ地区(8号線St.Sebastian Froisant)にあるこの美術館。ここにくるとピカソが抽象画家だけではないことがよく分かります。とにかくピカソ一色。ここは必見です。

ロダン美術館、ポンピドーセンター・・まだまだありますが、このあたりで。

Bon Voyage!

« 旅行第四十二日目:故宮(紫禁城) | トップページ | 番外編XVII:珠玉のレストランXVI(Drouant) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あああーーーまたパリに行きたいなあーーーー

ルーブルとオルセーはかなり攻略しましたが、行ってない美術館がいっぱいなんですもん!!!

ぽんたさん

すいません、お返事したつもりだったのですが、何か今見たらお返事が出来ていなかったようで・・・
失礼しました。

ここ数日、生産性が落ちていました。風邪引いてたもので。

今回から、世界遺産ではないけれど、ご紹介したい場所などを追加しながら、最終回に向かって進んでゆきたいと思います。去年12月から始めたブログで
もうすぐ1年になりますね。なんか終わってしまうのが名残おしいです。

色々欧州の場所をご紹介してゆきますので、引き続き遊びに来てくださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/23605965

この記事へのトラックバック一覧です: パリに来たなら;口コミ情報No.10:

« 旅行第四十二日目:故宮(紫禁城) | トップページ | 番外編XVII:珠玉のレストランXVI(Drouant) »