無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第四十七日目:フォントネー修道院 | トップページ | 世界遺産じゃなくたってNo.3:Semur-en-Anxois »

2008年10月28日 (火)

旅行第四十八日目:アユタヤ

旅行第四十八日目:アユタヤ

✎それは突然に。

昨日フランスに居たとおもったら今日はタイ。いい加減にせんかい!と言わずまぁお付き合いください。出張でタイに行ったので、アユタヤ遺跡を見にゆきました。いや、別に前から興味があった訳ではないのですが、世界遺産ブログ書いている今、タイと聞いてバンコック近くの世界遺産探したら、ここがあった訳です。最近どこにいってもすぐ最寄の世界遺産を探してしまう変な習慣がついてしまったようです。

✎で、アユタヤ(Ayutthaya)とは?

あまり知られていない(と僕が勝手に思っている)ので少しコメントを。チャオプラヤー川とその支流に囲まれた中州にアユタヤーの町がある。バンコックから北へ80㌔。1350年から417年間、35代の王がこの地で王朝の歴史を築いた。まぁ、江戸に遷都する前の京都のようなものでしょうか(私見です)?

✎ワット・プラ・シー・サンペット

王室の守護寺院。1500年には高さ16m171㎏の黄金に覆われた仏像が建造されたが、ビルマに侵略された際に跡形も無く壊されたとのこと。色々な世界遺産を見てきましたが、戦争のつめ跡をこれほど色濃く感じた場所はなかったです。残っているのは15世紀に建てられた3基のセイロン様式のチュディ。3人の王の遺骨が納められています。尤も、この塔、何の囲いも無いので、僕らのツアーの皆さんはこの階段を登って(つまり王様のお墓の上まで登って)、Vサインをして記念撮影していました。ちょっとショック。この塔は金色の仏像はありませんでしたが、その黒ずんだ石の塔にかえって歴史の重みとか感じたりしました。

Photo_3

✎ワット・マハータート

あ、いや、ガイドブックによると寺院なのですが、その場に行ってみると寺院なんてありません。廃墟です。崩れかけた小さな塔、頭を切り落とされ多数の仏像がポロポロと残っているだけです。そしてそれを見下ろすように、かろうじて残った小さい仏像が黙って座っています。何百年もこの暴挙の光景を黙ってみてきたんですね。ここも戦争の爪痕が痛いです。寺院がなくなっているので、ここの被写体はこの一点に集約されています。それがこれ。ちゃんとした名前もないようですが、「木の根に取り込まれた仏像の頭部」です。写真の枚数の制約が何故があって2枚が限界になってしまったので、迷った結果、この頭部を載せます。

Photo_4

« 旅行第四十七日目:フォントネー修道院 | トップページ | 世界遺産じゃなくたってNo.3:Semur-en-Anxois »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/24822748

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第四十八日目:アユタヤ:

« 旅行第四十七日目:フォントネー修道院 | トップページ | 世界遺産じゃなくたってNo.3:Semur-en-Anxois »