無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・プロローグ | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.2 ノートルダム寺院 »

2008年11月25日 (火)

旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.1 エッフェル塔

✎まずはこれ

最初はこれでしょう。エッフェル塔。これはもう説明の必要はないでしょう。なので、諸々のエピソードをお伝えしましょう。

✎エピソード1

皆さんがよくご存知のエピソードから。建築責任者のエッフェル氏は建物の建築技師ではなく、橋を作る専門家だったそうです。色々な経緯を経て、フランス革命100記念に、橋を垂直に立てたような鉄の塔を建てようということになり、彼が抜擢されたとか。当時はこんな高い鉄の塔は存在しておらず、パリの街の美観を損ねるなどと、その建設には猛烈な反対運動が起こったそうな。一般庶民ならどんなに反対してもあまり意味がないのですが、著名な有識者が反対に回ったからさぁ大変。今では、街のシンボルになっていますが。フランス人(パリ人)はとかく反対がお好きのようで、ルーブル美術館の中心に聳え立つガラスのピラミッド。ミッテラン大統領の肝いりで始まったこのピラミッドも今ではすっかり馴染んでいますが、当時はそうとう浮いた不評な存在でした。また、パリで一個だけつったっているモンパルナスタワーは今でも不評。「パリで一番眺めの良いところは?」「当然モンパルナスタワー。だってモンパルナスタワーからはモンパルナスタワー自身は見えないから」という皮肉がはやったほど、パリのどこからでも見えてしまう何の変哲のない黒っぽい四角いビルは不評だったそうです。でも、この頂上からの眺めはエッフェル塔同様に絶景だそうです。僕はここは結局行きませんでしたが。

エッフェル塔の写真はメモリアルの西暦2000年(AN2000)をUpします。Effel_ajuste_4

✎エピソード2

エッフェル塔の真向かいはシャイヨ宮という宮殿があるトロカデロ広場です。ここから見下ろすエッフェル塔が恐らくは一番綺麗なエッフェル塔です。ここからのエッフェル塔だけは通算8年パリにいましたが、感動をしなかった事はなかったです。宝石のような景色です。

さて、ここから2分のところに僕らは棲んでいました。所でSMAPって知っていますか?実はあのSMAPがパリに仕事で来た時、このトロカデロ広場で撮影がありました。この極秘情報を実は日本人学校のある奥様が入手していました。曰く、(何月何日~何日までSMAPがパリに来る。そしてエッフェル塔が特別にキラキラと光る数分の間を使って撮影がある)。この条件を重ね合わせれば、何日の何時ごろここにSMAPが来るかは予想できたわけです。そして実際、その日のその時間、SMAPはそこに来て撮影があったのです。日本人学校のマダムの情報網は素晴らしく、パリのバーゲン情報などはあっという間に広まります。なのに、ああ、それなのに、この時だけは、この情報が伝わってこず、従って、目の前で、家から2分の場所でSMAPを見るチャンスを逃してしまいました。ミーハな僕は今でもこれが悔やまれます。

すいません。つまらないネタばかりになってしまいましたが、備忘録として書いておきたく。エッフェル塔の思い出は尽きません。今でもパリを取材した番組でエッフェル塔が写ると、まだ少し胸が苦しくなりますね。まぁ、こうなると恋人みたいなもんです。

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・プロローグ | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.2 ノートルダム寺院 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/25650845

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.1 エッフェル塔:

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・プロローグ | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.2 ノートルダム寺院 »