無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第四十九日目:ヴェルサイユ宮殿 | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.1 エッフェル塔 »

2008年11月22日 (土)

旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・プロローグ

旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)

✎そして、パリ

一応の区切りということで延々と1年(昨年1228日から)続けてきた世界遺産ブログを第五十箇所目で〆たいと思いますが、ここは最後迄とっておいたフランス、パリ世界遺産を載せます。まぁ、パリといえば、世界遺産ブログを御覧の方なら、何度か訪ねられたか、観光ガイドブックで検討された皆様が多いでしょうから、細々したご説明よりもぐっと旅行記(というより生活記)の色合いが濃くなります。

✎その前に

まぁ最後なので少し自己紹介を。90年に生まれて初めて海外生活したのが、このパリ。5年居ました。5年たって生まれたばかりの子供を抱いて帰国。飛行機にのるとき、気圧の差で耳がキーンとなりますよね。大人は唾を飲んで調整しますが、乳児はそんな術を知りません。なので、子供が耳鳴りにならないように、「離陸のタイミングでミルクを飲ませる」ようにご指導をうけ、機内でミルクをほしがる子供をなだめになだめて、離陸まで引っ張って、離陸と同時に「それっ」とミルクを飲ませた思い出があります。で、帰国して苦労して電気製品を買い集めてよしこれからというとき、帰国後2年弱でロンドン転勤。(だったら直接パリ=>ロンドンだったらどんなに楽だったか!)。「プロジェクトが旨く行かなければ8ヶ月で戻ってきなさい。兎も角このプロジェクトは2年で終わるから・・・」と送り出されて6年間。(嘘つき!)2年経って帰国の頃、ロンドンにやってきた人事部長、上司から「いい機会ながら忌憚無い意見を言えば」と言われ迎えた部長面談。「どうも、で、君の希望を聞かせてもらう前に、僕の希望を言うとね、次に立ち上がったこのプロジェクトね。これもロンドンでやってもらいたいんだよねぇ。で、君の希望は?」此処まで言われて「帰りたいです」といえないのがJapanese Businessmanの悲哀。「はい、分かりました。頑張ります」で、その後4年ロンドン。めでたくプロジェクトを仕上げ、そろそろ日本?っと思いきや、「いや~。ご苦労様。ところで、これパリにも展開するんだけど。そういえば君昔パリにいたんだって?。いや、適任の人がいてよかった。あの国はほら、言葉出来ないと何かと難しいからね。期待してるよ。」っとおだてられ、帰国でJalに載るはずが何故かユーロスターに乗ってパリへ。この年2003年のアフリカからの熱風で気温40度の異常気象に迎えられてパリ生活開始。「あ、暑い。なんか悪い事した、僕?」結局それから3年パリで合計9年の欧州生活。家族にも本当に苦労をかけました。それで前回とあわせ14年の欧州滞在となったわけで、家内とも相談して、こんな言葉の分からない、いつもストレスのある環境で生活しているんだから、「観光旅行は頑張っている自分たちへのご褒美」と考えて、休暇の度に観光旅行を重ねました。50を超える世界遺産訪問はこの機会に蓄積された訳でございますです。

✎で、パリ

調べてみると花の都、歴史の博物館のようなパリ、世界遺産が無数にあると思いきや、なんと1個だけ。それもセーヌ河岸というファジィーな、やたらと緩い定義。Wikipediaで調べた結果、シュリー橋からイエナ橋の間の8㎞の間が遺産といういやはや物凄い広範囲が遺産です。そうなんです。バトームーシュ(日本人の乏しい単語力で直訳すると蝿舟?)をご存知でしょうか?セーヌ河の観光遊覧船です。この舟にのると納得。パリのかなりの部分の名所は、この川沿いにあります。例えば、ノートルダム寺院、エッフェル塔、ルーブル美術館、オルセー美術館、オランジェリー美術館・・・と切りがないので、範囲を区切ったのでしょう。「ということはあの凱旋門は遺産ではないの?」とか色々疑問は沸きますが、まぁそういうことだそうです。長くなったので今日はプロローグ。これから数回かけて、この大所とそれに纏わる生活記を書いてゆきますね。あと少しだけお付き合いください。

« 旅行第四十九日目:ヴェルサイユ宮殿 | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.1 エッフェル塔 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

一年経ってしまいましたか。あと一年パリだけで十分引っ張っていけると思いますが。これからも楽しみにしています。最近なぜかPont des Artsという橋に思いを寄せています。あの橋からの眺めはなかなかのものがあります。BBCからParis Insider's GuideというDVDがでています。昔3話連続で放映していたものらしいです。よかったら送ります。これからのパリ50話の資料になれば。。。。

YJさん

メール有難うございます。そうです1年です。
Ponts des Artsなんて単語久しぶりに、本当に久しぶりに聞きました。

DVDは是非送ってくださいませ。暫く思ひ出に浸りたいので。。。

これから、世界遺産でなく、普通の街々を紹介してゆきたいと思いますので、懲りずに付き合ってくださいな。普通の街ならまだまだありまっせ。・・・多分

ご帰国の際にはご一報を・・・happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/25561412

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・プロローグ:

« 旅行第四十九日目:ヴェルサイユ宮殿 | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.1 エッフェル塔 »