無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.2 ノートルダム寺院 | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.4 モンマルトルの丘 »

2008年12月 4日 (木)

旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.3 ルーブル美術館

旅行第五十日目:セーヌ河岸No.3・・・ルーブル美術館

✎入れ知恵

あまりにも馴染みの深いこの美術館。もう説明する必要はないでしょうね。お役に立つ情報は・・・「折角パリに来たからルーブルは外せない。でも広いし、全部なんてとても、とても。」でも「モナリザ」はやっぱり。なんて執着が捨てきれない貴方への情報です。

1)     入り方:ルーブルへの入り口は2つ。真ん中のガラスのピラミッド(散々罵倒を浴びたけれど、エッフェル塔同様、今やパリのシンボル)で並んで券を買うルートと、地下にもぐって逆さピラミッド(丁度、ガラスのピラミッドの逆さ版)の脇のチケット売り場から買う事も出来ます。空いている方で券を買いましょう。この地下のショッピングモール、レストラン街を見て歩くのも好きでした。バージン・メガストアとか、SwatchとかAgataとかのショップもあるでよ。

Louvre

2)     見方:ルーブルには4つのWingがあります。これを全部真面目に見たら3日はかかるのではないかと思います。結局僕も全部は見ませんでした。で、お目当てのモナリザ・ミロのビーナスはDanon-Wing(ダノン翼)にあります。ここまでは有名。ところで、時間の無い観光客のために親切なミッテランは(?)あるヒントをくれています。まるでオリエンテーリングのように、角々に小さなモナリザとかミロのビーナスの小さなマークが目印のように壁に記されていて、これに沿ってゆくと最短距離でモナリザとミロのビーナスが見れるという有難い仕掛けが出来ています。所要時間30分。これは捨てがたい!

✎親も必死

僕の友達の話です。本人が読んでたら御免なさい。ロンドン時代の友人が帰国が決まり、急遽思い出作りでパリへ。オペラ座隣のCafé de la paix(直訳すれば平和喫茶店、あ、この店紹介し忘れた!!!)で待ち合わせをしてルーブルへ。8~9才のお嬢さんと2人で(奥さんと2人の下のお子さんをロンドンに置いて)一路ルーブルへ。曰く、「この子にどうしてもモナリザが見せたくて!」・・・とは言え8歳だし。でも親は必死。何とか子供の帰国の襞に「モナリザを見た」という事実をどうしても刻みつけたいようで、「○○ちゃん、さ、この絵はな~に。」「・・・」

これは「モナリザっていうダビンチの絵だよ」「さ、この絵な~に?」「・・・モナリザ」「そう、そうだね、モナリザだねぇ」・・・さぁ、この子はモナリザを覚えたでしょうか?

かく言う僕もエジプトのピラミッドを訪れたとき、「○○君、これがクフ王のピラミッド、で、この化粧版が頂上に残っているのがカフラ王のピラミッド、さぁ、言って御覧。クフ王、で

カフラ王・・・」・・・親なんてどこも一緒・・・ですね。

✎おまけ

この写真。エッフェル塔からとったセーヌ河の景色。あまりにも美しいのでオマケです。

Photo

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.2 ノートルダム寺院 | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.4 モンマルトルの丘 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたです。

ああパリ パリ パリ・・・・
また行きたいなあ!!!!

ルーブルなら空気を吸うだけでもいいわ、毎日あそこでぼんやりしていたいです。

お、おぉ、ぽんたさん

お帰りなさい。

そうですね。僕もあのルーブルの道路向かいのCafeでPression(生ビールの事。圧力をかけてグラスにビールを押し出すことから、Pressする-->Pressionというそうです)を飲みながらボーとしているだけでパラダイスだなぁ。

何にもしていないのに、そこにいるだけで幸せ感じられるパリって凄いですよねぇ

是非、またパリにいって体中でパリを呼吸してきてください。・・・僕もいつか行きたいです。

僕は先週末パリにランチを食べに行ってきました。
と、ものすごく嫌な性格になってしまった今日この頃です。ごめんなさい。

おっとYJさん。最後にしっかり来てくれましたね。

そーです。あなたはドーバー海峡を越えればいつでもパリにゆけるのですから、次の「お気楽ブログ」でも、ドンドン情報発信してくださいな。

お気楽ブログの構想は着々と固まりつつありますので、請うご期待。(もっとも、どうやったら2つめのブログを立ち上げられるのか、「サッパリ解らない」(by
ガリレオ福山雅治))

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/25913439

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.3 ルーブル美術館:

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.2 ノートルダム寺院 | トップページ | 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.4 モンマルトルの丘 »