無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.4 モンマルトルの丘 | トップページ | 御礼 »

2008年12月23日 (火)

旅行第五十日:パリ(セーヌ河岸)No.5・・・シャンデリゼ通り

旅行第五十日:パリ(セーヌ河岸)No.5・・・シャンデリゼ通り

✎いよいよ

最後です。考えてみたら世界遺産というテーマではじめた時から、精々50回ぐらいで終りかなぁとは思っていたのですが、折角だからとフランス人ネタを入れたり、ご希望によりレストランネタ等を織り交ぜたので、丁度1年、記事が丁度100件となりました。訪ねた遺産も実はまだアルルとか、シャルトル大聖堂とか、ラスコー洞窟とか色々あるのですが、何故か写真が残っていないのです。で、これは僕のこだわりなのですが、写真のないものはこのブログではご紹介せず、次のブログでエッセイ風に書いてみたいと思います。

✎もうすくクリスマス

あと数日でクリスマスですよね。本来神道か仏教国の筈の日本が節操無くキリストの誕生を祝うこのクリスマスは、横浜でも巨大なクリスマスツリーが飾られ、色々な色の豆電球でそれは綺麗に飾られます。そんな色とりどりのクリスマスに慣れていたので、欧州にいった時、妙な違和感がありました。それは、特にフランスでは、イルミネーションが単色なのです。例えばあの有名なジョルジュサンク通りのCartier。あの頃のイルミネーションは赤一色。でも返ってそれが新鮮というか単純な綺麗さがあるんですよね。尤もパリにいるからで、僕の家に白色豆電球ぶら下げても感動する人はいないでしょうが。あ、それで一箇所だけ例外。それは、オペラ座近くにあるデパート街。オペラ座(正確にはオペラ・ガルニエール)の裏通りには、パリで一番有名といっていいギャラリー・ラファイエットとかプランタンといった有名デパートが軒を並べますが、もしクリスマスにパリに行ったらここは夕刻足を運んでください。10mはあろうかというデパートの側面は、色とりどりの電球で彩られた光のキャンパス。言葉を失う程綺麗です。カメラを構えて出撃してください。それだけでもパリに来た幸せを感じられる筈。

✎で、最後はやっぱりこれ

世界遺産の最後は、凱旋門にしようかと思いましたが、あまりに有名なので、ちょっと捻ってクリスマスっぽい、これで〆ます。シャンデリゼ通りのイルミネーションです。この通りに行ったら、立ち寄ってみてほしいお店が2つ。Fouquet’sLadurée、シャンデリゼ通りのFouquet’sは中ほど少し凱旋門よりの門を背にして左手にある赤いひさしが目印のCafé&Restaurantです。別に食事がお勧めというのではなく、Caféで十分。只この窓側の席に陣取り街行く華やいだ人々を見ながらカプチーノを啜っていると、自分がその光景に溶け込んでしまい、一瞬、通りを歩くあの美しいパリジェンヌ達とあまりにも見た目が異なる超アジア人の自分を忘れ、その景色の一部になることが出来ます。この感覚が結構僕は好きでした。

で、Ladurée。友達の話では三越の方がパリに出向いて出店交渉をしたという、東京で日本橋とかに店舗を構えている今旬のこのマカロンの老舗は、シャンデリゼ通りにFouquet’sは逆に薄い緑の清楚なひさしを構えています。別に3☆レストランに行かずとも、ここでマカロン食べながら、紅茶を楽しめば立派なパリ探索です。お勧めは当然マカロン。先日友達からその日本のLaduréeのマカロンを戴きましたが、口の中でサクッとして直ぐ融けて行くような食感とクリームの程宵甘さが絶品です。お勧めです。

✎ではこの写真で〆ます。

単色装飾の極みはこれでしょうね。言葉は要らないでしょう。お楽しみください。今年からエコだとかで青い電飾豆電球に変わったそうですので、この淡い温かい色合いのシャンデリゼはもう見れなくなってしまうのでしょうか?それでは、このイルミネーションでお別れします。メリークリスマス。Photo

Jouyeux Noel!!

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.4 モンマルトルの丘 | トップページ | 御礼 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

皆さん

永らくごらん頂き有難うございました。

次のブログが決まったら、このブログでご連絡しますので、このブログ、もう少し時々アクセスしてみてください。

次のブログでもお楽しみいただければ嬉しいです。

では一時的にごきげんよう。よいお年をhappy01

おつかれさま、楽しかったです。
またときどきのぞいて、次のブログを待ちます。

シャンゼリゼ通りといえば「トヨタ」のショールームが一番印象に残っています「すごいなー、トヨタ! 世界のトヨタだ」
そのトヨタが今こんなことになろうとは、夢にも思いませんでした(涙

ぽんたさん

本当に有難うございました。他に誰もアクセスがなかったようなときでも、ぽんたさんがいつも訪ねてきてくれたので、なんか張り切って記事をかいてました。圧っっ倒的多数がぽんたさんのコメントでしたからね。

いま新しいブログの準備(今のところ気持ちとタイトルだけ)してますので、開始できたらご連絡しますね。次回も色んなネタを用意して、もっと気楽に書いてみたいです。請うご期待shine

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/26423449

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行第五十日:パリ(セーヌ河岸)No.5・・・シャンデリゼ通り:

« 旅行第五十日目:パリ(セーヌ河岸)・・・No.4 モンマルトルの丘 | トップページ | 御礼 »