無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« お詫びと訂正 | トップページ | 2009年No.2:ラスコー洞窟 »

2009年1月 2日 (金)

2009年No.1:パリの新年(トロカデロ広場)

No.1:パリの新年(トロカデロ広場)

明けましておめでとうございます。凄く久しぶりに年末から風邪を引き込んで文字通りの寝正月。ひどいスタートを切ったのでこれからはアゲアゲムードで行きたいです。今年も宜しくお願いします。何からかこうかと思ったのですが、僕の原点に帰ってパリの新年の模様をお伝えします。

✍寝正月

人によって差はあるでしょうが一般的には寝正月だそうです。宗教性は皆無。まぁクリスマスでキリストの誕生を祝ったばっかですから、年越しは彼らには単なるカウントダウンスペシャル。

で、翌朝は寝正月。ところで、これは日本では有名なのでしょうが、年越しの定刻になるとシャンデリゼ通りには人が大挙して集まります。そして定刻になると誰彼なく抱き合って新年を祝うそうです。「そうです」というのは、知らないフランス人に抱きつく勇気もないし、家内が抱きつかれても困るし・・・と言う訳で行った事がないのです。それと理由がもう一つ。赴任した直後は、僕は年末家に居た事が殆ど無かったのです。当時支店のコンピュータシステム管理の責任者をしていた僕には12月末はフランスの年次決算の締めで毎年決まって深夜残業で帰宅は明け方。自宅に会社から電話かけて「明けましておめでとう」と新年を祝うのが通例でした。

✍体験

自分が行ってもないのに記事を書くのはイカン!ということで、とはいえ子供がまだ小さかったので、帰国前最後の2006年正月、自宅から徒歩2分ぐらいのところにあるトロカデロ広場まで出かけてみました。ここは丁度、セーヌ河沿いにエッフェル塔が見下ろせるおそらくロケーションとしては最高の場所です。Photo_2

写真中央のシンメトリックの建物がシャイヨ宮その奥がトロカデロ広場です。そんな有名な場所なので定刻になるとアベックが家族連れが大挙して押し寄せてくる・・と思ったのですが、日本の新年の神社の人の波を見ている僕にはちょっと拍子はずれ。それでも家族連れや、子連れの人が定刻20分ぐらい前から集まってきます。シャンデリゼが熱狂的な「熱い若者」、ここは「家族だけで静かに越年を祝う家族連れ」という棲み分けが出来ているのかもしれません。手にはシャンパン瓶やワインボトル。ちょっとした野外パーティの準備です。集まって宴席が始まるかと思いきや、皆思い思いに凍てつく街で立ち話をしながら。「その時」を待ちます。

✍定刻!

「定刻になるとエッフェル塔から盛大に花火が打ち上げられる」のは革命祈念日と先般の2000年の越年ぐらいで通年は何もなし・・なんですね。教会の除夜の鐘もないので、各人が自分の時計を懐中電灯で見ながら、思い思いにシャンパンやワインを空け「Bonne Anne!」といって家族は仲間で勝手に盛り上がっています。なんかとってもしまりの無い年明けでした。誰彼かまわずハグというのはやっぱりシャンゼリゼ通りの若者だけのようですね。僕らも年越し後10分ぐらい居ましたが、特に何もないので引き上げてきました。この後も彼らはおそらく家に戻って朝まで酒盛り。紅白歌合戦の無い彼らは自分たちで前の年を思い思いに振り返って語り合って、で、「新年は寝正月」という構図となる訳でしょう。

でも只、この時見たエッフェル塔が最後の越年で見たエッフェル塔で、今でも忘れられません。

✍予告

次回は世界遺産ブログで掲載できなかった「ラスコー洞窟」を載せる予定です。お楽しみに。

« お詫びと訂正 | トップページ | 2009年No.2:ラスコー洞窟 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。僕は一度だけパリで年を越した事があります。その時は奮発してオペラ座そばのグランドホテルに泊まったのですが、結局JSTVで紅白歌合戦を観ながら寝てしまい、気がついたら朝でした。ただ、グランドホテルの朝食はおいしかったです。ブッフェなので、どうなったかはお判りと思いますが、その日は昼抜きでした。
今年こその年にしたいですね。お互いがんばりましょう。

YJさん

良く解りますよ。海外にいると紅白が妙に尊くなりますよね。僕も、JSTVで見たり、友達の家に訪ねていって見せてもらったり、VIDEO借りたり、ともかく何とかして紅白見てましたよね。・・「僕ってやっぱ日本人!」って思う瞬間でもあります。

年末風邪で唸りながらも、紅白だけは好きな歌手がでると、冬眠中の亀のように布団から頭だけだして
見ていました。

ともあれ、今年も宜しく。一杯、コメントください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/26734264

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.1:パリの新年(トロカデロ広場):

« お詫びと訂正 | トップページ | 2009年No.2:ラスコー洞窟 »