無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.7:イギリス食事情1 | トップページ | 2009年No.9: コッツウォールズ-キャッスル・クーム  »

2009年1月26日 (月)

2009年No.8 コッツウォールズ-バイブリー

2009No.8 コッツウォールズ-バイブリー

✍エンジン

かかってきました。イギリスって長い事居たので、それなりに色々なところに行っているわけで、只それらは世界遺産で無かっただけで、なので世界遺産縛りが無くなった今、野に放たれた虎のように(ん、不適切な例え?)自由にイギリスを紹介してゆきます。そう、エンジンかかってきました。

✍基本

派遣がイギリスに着任しロンドン観光を終えると次に考えるのは、コッツウォールズ訪問かもしれません。僕は着任後初めていった旅行がやはりコッツウォールズです。これから3部作でご紹介します。第一作目バイブリー。

でも、正直いって意見分かれるかもしれません。コッツウォールズは中世のまま時間が止まっている里の事。なのでこれといって「うぁ、これすげ~」というものがある訳ではなく、只古~い

家並みが続いているだけです。こんなかんじ。Bibry_1 たった10軒ぐらいの長屋です。この短い長屋を見にはるばる日本から来た派遣も含めて世界中から観光客が押し寄せるわけです。変といえばかなり変な事態です。

✍同化

でも僕は好きです。蜂蜜色の壁の古い家並みは周りの景色と同化して、なんか草木とか川とかと一つになって、まるで全てが一つの生命体みたいに一体になっていて、家々は風にそよぐ木々に身をゆだねています。この家々の周りには小川が流れ、鴨が遊んでいました。川は多分膝下ぐらいの深さで、水草が揺らいでいました。太陽の光が水面に反射し・・・・こんな綺麗な水を久しぶりにみました。今でも覚えています。この家々の向かいには背の高い草木がびっちりと密生していて、その中の小路を散策していると自分もその景色の一部に溶け込んでゆく感じがします。Bibry_2

確かに世界遺産になる街ではないし、その基準を満たす街ではありませんが、なんかこう「癒し」に包まれた感じ?「元祖ロハス」はここにあるのでは・・・・? いいです。別に世界遺産で表彰されずとも、この街はこれからも数百年こうやってひっそりと生きてゆくのです。観光客を癒しながら・・・ナンチッテ

« 2009年No.7:イギリス食事情1 | トップページ | 2009年No.9: コッツウォールズ-キャッスル・クーム  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/27493029

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.8 コッツウォールズ-バイブリー:

« 2009年No.7:イギリス食事情1 | トップページ | 2009年No.9: コッツウォールズ-キャッスル・クーム  »