無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.10:イギリス食事情2 | トップページ | 2009年No.12:コッツウォールズ-チェルトナム »

2009年2月 7日 (土)

2009年No.11:コッツウォールズ-ボートン・オン・ザ・ウォーター

2009No.11:コッツウォールズ-ボートン・オン・ザ・ウォーター

✍更に更に

更に更に不可思議です。コッツウォールズの売りは、中世っぽい飴色の家々。ところがここに来ると、いえいえ、そんな家もあんまり目立たないのです。ところがこの街、何ともいえぬロハスが漂っています。何故か?それは街の真ん中に流れる川。この川です。

2

遠くからみると全然分からないのですが、この川とっても浅くて、多分膝から下ぐらいしかない。幅は結構あるのに。で、子供達が川の中にはいって遊んだり、騒いだりしているのであります。

✍家族向きを

おあつらえむきに、川の周りは芝生。なので子供達を川で遊ばせて、親は芝生の上でゆっくり、会話を楽しんでいます。つまりは川の中心にした安らぎの世界がここに広がっているというわけで・・・確か僕もこの川沿いのレストランで食事しました。何を食べたかはまったく覚えていませんが。つまり味ではなく、雰囲気。

1

なんか短いのですが・・・ブログですからこれぐらいがいいのかも。

« 2009年No.10:イギリス食事情2 | トップページ | 2009年No.12:コッツウォールズ-チェルトナム »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/27847255

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.11:コッツウォールズ-ボートン・オン・ザ・ウォーター:

« 2009年No.10:イギリス食事情2 | トップページ | 2009年No.12:コッツウォールズ-チェルトナム »