無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.14 スコットランド-エジンバラ | トップページ | 2009年No.16 イギリス食事情4 »

2009年2月14日 (土)

2009年No.15 スペイン-マヨルカ島

2009No.15 スペイン-マヨルカ島

✍南下

楽しいですね。昨日はスコットランド・・今日はユーラシア大陸を飛び越えてマヨルカ島。交通費ゼロ。これぞブログの真骨頂。っと前置きはさて置き、寒いスコットランドから、南国の地中海へ。御覧下さい。こんな綺麗な海辺で、な~んにもすることなく只ひたすら泳ぎました。これぞ地中海の水。

Photo_3

初めて子供が水に怯えることなく「泳ぎ」を楽しんだという意味でメモリアルな海でした。

✍最大注意事項

皆さん、マヨルカ島にはどうも棲み分けがあるようです、ドイツ観光客集落、イギリス観光客集落という具合に。なので、どこに宿を取るかが要注意。集落という表現は不適切かもしれませんが、とにかくそのエリアに入るとその国の人しかいない・・・という具合に。僕らはイギリスのパックツアーで行ったので、着いたのはイギリス人集落。海辺を歩いていても聞こえるのは略英語。お店を見ても「フィッシュ&チップあります」の看板がおおく、ここはイギリス?という感じ。すれ違う人も一瞥してスペイン人じゃぁないなぁと分かる大柄、四角い顔です。いや、別にそれでもいいのですが、食事の種類もイギリス料理がおおく、本場スペイン料理を色々味わいたければ、それなりの場所に行かねばならんでしょう。気分に浸るにはエリアをよく選ぶ事をお奨めしますです。

✍旅

家内の両親にも、「あんたは本当にじっとしとらんね」と言われるのですが、海辺でじっとしているのに耐えられず、レンタカーを借りてショート・トリップ。目的地はValldemosa..ここはかのショパンがこの地で療養して、この家で「雨だれ」を作曲したということで有名です。これがその時のピアノだそうです。Chopinpiano 確かにこんな静かな丘の上ならば、曲のイメージも沸いてこようというもの。ここは素晴らしい場所でした。

✍穴

さらにさらにじっとしておられず、ツアー旅行にも参加。Cuevas del Drachという所にゆくツアー。何が見所かというと、ここには巨大な鍾乳洞があるのです。残念ながら撮影禁止なので写真はありませんが。

いろんな意味で思いで深いマヨルカでした。

« 2009年No.14 スコットランド-エジンバラ | トップページ | 2009年No.16 イギリス食事情4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

>「あんたは本当にじっとしとらんね」

日本人であるという証明です(笑)
だいたいツアーに参加したおっちゃんたちが、旅の半ば過ぎから言う台詞が「ああ、早く仕事をしたいっ!!!」

ぽんたさん

お久しぶりです。日本人は本当にそうですよね。

そこにいくと欧州人は違います。地中海のビーチでも、泳ぐでもなく、なんとなく日光浴をしながら海辺でだら~と一日中過ごしていますよね。とてもまねができません。

ある意味羨ましいです、そんな生き方。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/28076414

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.15 スペイン-マヨルカ島:

« 2009年No.14 スコットランド-エジンバラ | トップページ | 2009年No.16 イギリス食事情4 »