無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.21香港:天壇大仏(Tian Tan Buddha) | トップページ | 2009年 No.23 世界遺産No.53 ミラノ世界遺産 »

2009年3月29日 (日)

2009年No.22 イギリス食事情6

2009No.22 イギリス食事情

6

✍リカバリー

いつもその感性の無さが問題となるイギリス食事情ですが、偶には褒めないとイギリスファンに申し訳ないので、今日は褒めます。まず、パリで聞いたワインの専門家の話。「意外と知られていないけど、いいワインのかなりの部分はイギリスに行ってしまうんだよ」という話を聞いたことがあります。実際、ロンドン西にあるケンジントンという街(ここは出張中の滞在型マンションがあった為、お世話になった街なのですが)には、フランス人が多く居住しているようで、ここにあるNICOLEというワイン専門店には、相当レアものと思われる高級ワインが所狭しと並んでいましたし、Poisson d’Avenueというフランス料理店はとても有名でした。またピカデリーにあるOrangeというフレンチも、相当高級なお店でしたが、味は素晴らしかったのを覚えています。そういえばこの時、英人の契約社員が大見得きって、「ここはワインは僕がおごります」

といってからWine-Listを見て、明らかに動揺し、突然寡黙になったのを覚えています。

後日「いや~、あの時のWineは高かった(^^;)」と笑いながら話していましたが・・・

✍ドーバーソール

これも何度も話題にしていますが、驚くほど旨いのが舌平目の料理です。そもそも海に囲まれた街、魚の鮮度は問題なく、舌平目もかなり質の良いものが取れるそうで、素材がいいだけに、普通に調理をしても「旨い」料理となる訳でして・・・。イギリスに行かれたら、ドーバーソールをお試しください。但し、高いです。有名なのは、Wilton, Whileer’sあたりでしょうか?

✍結論

従って結論は、「イギリスの食事、侮るべからず。但し、食を楽しみたくば、出費は覚悟せよ」

であります。

« 2009年No.21香港:天壇大仏(Tian Tan Buddha) | トップページ | 2009年 No.23 世界遺産No.53 ミラノ世界遺産 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ワインと言えば例のパリのVinosを思い出しますが、どこかに引っ越しってしまったようです。夜、何回が前を通りましたが、シャッターが開いている事はなかったです。
あと、サッポロラーメン2(只今改装中)の前にできた’かど屋’というラーメン屋というかどんぶり飯屋というか、要は何でも屋ですが、あまり個人的には好きになれませんでした。ものすごく混んではいましたが。
Vinosの消息はもう少し探ってみます。

VINO'Sが無くなったのは寂しいですね。是非捜索続行お願い致します。

それにしても、サンタンヌ通りはいったい何軒日本食屋作ったら気が済むのでしょうか?

い~な。時々パリに行けて。

お久しぶりです、ああ、ドーバーソール!!!

ほうれん草のベッドの上のドーバーソールは美味でした。
ロンドンもおいしいじゃないの、と思いました。

ぽんたさん。

コメント有難うございます。ぽんたさんのコメントがないとモチベーションが下がってしまいます。( ^ω^ )

そうドーバーソールとロースとビーフは美味しいですよね。フィッシュ&チップも旨いところのは旨いそうですが、僕はあまり知りません。

不思議なのは、今度のイギリス出張で、食の「不味さ」を再認識したのですが、だからこそ、なんか懐かしさが増した事です。

これこそイギリスcoldsweats01
って感じで。

あの国、やっぱり素晴らしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/28860321

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.22 イギリス食事情6:

« 2009年No.21香港:天壇大仏(Tian Tan Buddha) | トップページ | 2009年 No.23 世界遺産No.53 ミラノ世界遺産 »