無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年 No.25 イギリス食事情7 | トップページ | 2009年No.27 Hampton Court »

2009年4月23日 (木)

2009年No.26 Leeds Castle

2009No.26Leeds Castle

Castle not Chateau

これはイギリスのお城(Castle)です。フランスのChateauではありません。今まで城といえばChateauばっかりご紹介していましたが、どっこいイギリスも城で一杯。その一つを紹介します。ここは嘗てご紹介したフランスのアゼル・リドー城やシャンティ城と同様、池の上の浮かぶ城です。ロンドンから1時間ぐらい東に車を飛ばすと見えてきます。Leed_castle2

✍パンフレット

珍しくお城を訪問したときのパンフレットが出てきたので、その説明をそのまま写しますと:

「英国で最もロマンチックな古城の一つ。9世紀のサクソン王家の領地に建つこの城は、ノルマン人の要塞、中世イングランドの6人の女王の居城、ヘンリー八世の屋外スポーツ場兼宮殿、そして個人の邸宅と歴史の推移を辿ってきました。今日、心を込めて修復され、リーズ財団の管理下に置かれたこの由緒ある城は、中世の家具調度、絵画、タペスリー、金銀宝玉をおさめています・・・」だそうです。正面から白鳥や鴨が水面を泳ぐ池を横目に城を回りこむと入り口があります。写真のように良い季節にゆくと桜の花が咲き誇り、城と調和してなんともいえない映像を描き出します。Leed_castle1

✍中に入ると

パンフレットの記載の通り、内部の調度品はかなり力がこもっています。中身が空っぽだったシャンボール城とは違い、絵画やタペスリー、生花が飾られ眼も香りも楽しませてくれます。

✍違和感

このお城、違和感があるのは、そのお向かい。ゴルフコースが広がっているのです。お城の周りに池があり、狭い川のようになっている池の反対側にはゴルフ場。打ち込まれる心配はないまでも、なんか変。歴史あるお城の隣がゴルフ場?ゴルフコースを回っている人には、お城に向ってショットをする「快感!」があるのでしょうか。

兎も角、春のいい季節、桜の季節を狙ってこのお城に行く事をお勧めします。人工のお城と自然の桜が醸し出すハーモニーは必見です。

« 2009年 No.25 イギリス食事情7 | トップページ | 2009年No.27 Hampton Court »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

バブルのころ、日本の会社がフランスのお城を買ってゴルフコースを造るのが流行りましたけど、ここもそんな感じなんでしょうか・・・


ぽんたさん

そ~なんでしょうかね? 確jかにお城の向かいにゴルフコースなんていうセンスは日系か?

僕も、日系のゴルフ場にはお世話になりました。ゴルフの後、日系のゴルフ場ではカツカレーが食べられたり、風呂があったりしましたので・・・

そういえば赴任直後の’90にはフランスではゴルフ場はは日本人の派遣ぐらいしか使っておらず、予約無くてもラウンドできましたが、最近では、予約が当然のことながら必要で、ガヤガヤしゃべったり、先に行かせろと騒いだりするあまりマナーの宜しくないフランス人ゴルファーもいますね。困ったものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/29247065

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.26 Leeds Castle:

« 2009年 No.25 イギリス食事情7 | トップページ | 2009年No.27 Hampton Court »