無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.31 イギリス食事情9 | トップページ | 2009年 No.33 ブライトン »

2009年5月29日 (金)

2009年 No.32 Seven Systers

2009No.32 Seven Systers

✍探せばまだ

流石にそろそろ・・・と思ったのですが、探せばまだまだ、というか、もう少し記事あります。

イギリス南端、ドーバー海峡に面する地に幾つか著名な場所があります。ここまで来るとちょっとおたっきーな世界か。まずは自然が産んだ芸術、Seven Systersをお見せします。

2000年ぐらい昔、ローマ時代、帆船でグレートブリテンに向ったローマ人はきっと遠くにこの白い切り立った海岸を見た時、達成感を感じたのでしょうか?こんな感じです。

Seven_systers

今なら高さ10m近い白壁に「歓迎ローマの皆さま」なんていう横断幕を貼ったかもしれません。

レーザで壁に絵を描いたか?あるいは、歓迎しない敵対関係なら、弓矢部隊を忍ばせてレッドクリフみたいに10万本の矢を浴びせたか?

兎も角、この延々と切り立った美しい白壁、高くなったり低くなったりを繰り返し、遠くから見ると7名の白い女性に迎えられたと思ったのか、人呼んで‘Seven Systers.

✍日英文化比較

この崖の上、一部はゴルフ場のコースが広がっています。ティーショットがちょっとでも曲がるとドーバー海峡にポチャン。突然の地形の変化で剃刀でそがれるように切り落とされたので、これ上から見ると、突然足場がなくなるのです。Photo 当時ヨチヨチ歩きの子供をこの近くで遊ばせていた僕らは、その数メートル横が切り立った崖だなど知る由もなく・・・現実を知った時、血の気が引きました。。。が、この国、ここには柵も無く、立て札もなく、只そこに厳しい自然があるだけ。まるで「ここでは自然に人間が従いなさい」といっているような。日本だったら絶対柵つけて、立て札立てて・・・事故でも起きたら管理団体の偉い人の責任問題になるのでしょうね。この国ある意味とてもソバージュです。

でも見てください。この岩肌、綺麗でしょ。太陽に白く輝くのです。数キロに亘って。

« 2009年No.31 イギリス食事情9 | トップページ | 2009年 No.33 ブライトン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/29857552

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 No.32 Seven Systers:

« 2009年No.31 イギリス食事情9 | トップページ | 2009年 No.33 ブライトン »