無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年 No.40 無駄話・こぼれ話No.2 | トップページ | 2009年No.42 バルビゾン »

2009年8月 8日 (土)

2009年No.41 世界遺産No.54 ヴェネツィアとその潟

2009No.41 世界遺産No.54 ヴェネツィアとその潟

✍盲点

久しぶりの世界遺産です。あ、いや、ヴェネツィアってゴンドラしか売りがないから世界遺産なんかではないと思っていたのですが、実は深~い意味があったのですねぇ。マークしていませんでした。意味と言うのは、御馴染みWikipediaによると・・・「5世紀ごろゲルマン族の侵入から逃れるために、当時湿地帯であった場所に街を作ったのが始まりとされ、その後、海洋貿易で立国を目指した。十字軍の遠征による利権の拡大、ジェノヴァ共和国との戦争で繁栄は最盛期を迎えた。アドリア海の女王と謳われたヴェネツィアもヨーロッパ諸国が地中海貿易に進出するに至った上に大航海時代が始まり、アメリカ大陸や日本の発見によって貿易の中心が大西洋や太平洋といった外海に移ったことによって衰退に向う」そうで「ヴェネツィアの街は100以上の島々が、およそ400の橋と150を超える大小の運河で結ばれている。」ここの見所は、サン・マルコ大聖堂。ここはかなり有名ですよね。べネツィアは水没の危機にあるそうで、心配ですね。__4

✍ゴンドラ

イタリアのような観光地は「値切ってなんぼ」、確かに色々値切れましたね。で、調子にのってゴンドラ代も・・・・。今思うと相当値切ったと思います。金額は忘れましたが。あきれたようにOKした漕ぎ手。「やったぜ。俺交渉上手。楽しみ」で、いざゴンドラで船出。ゴンドラは水面を滑る。暫く景色をエンジョイしていたのですが、「ん、なんか変。」写真で見たような華やかな広々した大運河が見えてこないのです。次々に通る運河は狭い運河ばかり。見上げると普通の民家の洗濯物とか干してある明らかに裏道。__5

漸く気がついたのは、「そうか、値切った分だけコースもショートカットされた訳ね」暫くすると漸く大通りの見慣れた運河に出てきたと思ったらもうゴール。これは一寸失敗。

みなさん、値切りを楽しむのはいいですが、程ほどにね。

« 2009年 No.40 無駄話・こぼれ話No.2 | トップページ | 2009年No.42 バルビゾン »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

ヴェネツィア観光から1年が経ちました、ああ懐かしい・・・・

6月だったせいか運河が臭かったーーーー
ゴンドラは陸で見てるだけで充分と思い(14年前に乗ったし)大運河を船に乗りました、ゴンドラとは違う魅力でよかったです。

ヴェネツィアって分りやすいですよね、迷子にもなることなく「グッゲンハイム現代美術館」にも行きました、なかなか見応えありました。
そのへんのピザ屋さんのピザもおいしかった。

現在のユーロのお値段だったらもっと幸せだったなー・・・・(ため息

ぽんたさん

1年前にも行かれたのですね。羨ましいです。
僕もいつか、前回いけなかったムラノ島には行って見たいです。

この旅行がイタリア初旅行だったのですが、あまりのパスタの美味さにどぎもを抜かれましたね。

イタリアの肉料理は世界1だと思うのですが、パスタばかり食べていて、この時はとにかく「パスタばかり食べた」印象が残っています。

あとレストランの店員さんと英語が通じずに「この店は7時開店だから、まだよ」というのを理解するのにえらく手間取ったのを覚えています。

懐かしいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/30884207

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.41 世界遺産No.54 ヴェネツィアとその潟:

« 2009年 No.40 無駄話・こぼれ話No.2 | トップページ | 2009年No.42 バルビゾン »