無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.42 バルビゾン | トップページ | 2009年No.44 世界遺産No.55 自由の女神 »

2009年8月23日 (日)

2009年No.43 こぼれ話・無駄話3

2009No.43 こぼれ話・無駄話

3

Not24,But35

ドラマ好きの人なら、’24’というテレビ・ドラマはご存知でしょうが、では’35’って分かりますか?またまたフランス人の話ですが、フランス人なら’35’という数字には反応する筈ですよ。

C’est qoui,35

ずばりそれは労働時間法です。雇用促進の為に、週の労働時間を35時間ときめた法律です。

35時間を上限とすることで、それを越える労働を必要とする企業は、やむなく新たな雇用をする訳でそれで雇用促進というわけです。僕の勤める会社は一日が約7.5時間で一週間37.5時間。

年間約50週間として、超過時間は75時間。1週間7時間労働として、約10日間。つ、つまり規定を守ろうとすると、約2週間を与える必要があるのです。フランスの休暇は年間5週間。これに2週間をあわせ、な、なんと7週間の休暇が保証される訳です。気兼ねしつつ、細かい引継書を作ってたった1週間の休暇をとる我ら日本人から考えると、とても考えられない訳でして。つまり職場では、誰かが休暇をとっている訳で、メンバーがそろう事は殆どないのです。

で、アルバイトを雇ったり、期間限定契約社員を入れたりと管理職泣かせですが、当時のフランス政府の策は的中したのでしょうね。でも何故かこの法律、あまり評判よくなかったようです。

✍苦悩

でも派遣の中間管理職は大変です。例えばとある冬休み。フランス人の部下はスキー三昧で2週間休暇。その間Projectはピタッと停止。引継ぎなど先ずしません、彼ら。結果、遅れ勝ちのプロジェクト。明日、担当が休暇から戻ってきたら会議を開いて役割分担を見直して、要員をシフトして・・・派遣の管理者は知恵を絞るのです。で、当日。鳴り響くデスクの電話。嫌な予感。相手はその休暇中の部下。「すいません、スキーで骨折しちゃって、で、あと2週間お休み戴きます。」って、おい。そんな訳で、休暇の後はなにかが起こる。フランスでの部下の休暇明けは、ある意味、恐怖でした。

« 2009年No.42 バルビゾン | トップページ | 2009年No.44 世界遺産No.55 自由の女神 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。Hunaudieresです。
久しぶりの書き込みです。

ドイツでも事情は似たり寄ったりです。
3週間休暇を取って、復帰してきたら「休暇は2週間で、真ん中の1週間は熱出して寝ていたので、まだ1週間余分に休暇がとれる」とのたまわっていた御仁がおりました。

似たようなケースですが、自分の暴飲暴食で170センチの身長の男性が100キロの体重となり、医者から温泉療法(バーデン・クア)を言い渡されて2週間湯治に行った御仁もおられました。これは休暇に含まれず、また、ドイツでは、温泉療法は健康保険で賄われます。天国です。

ではまた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/31064199

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.43 こぼれ話・無駄話3:

« 2009年No.42 バルビゾン | トップページ | 2009年No.44 世界遺産No.55 自由の女神 »