無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.48 Les Andelys | トップページ | 2009年 No.50 世界遺産第No.56 ウェストミンスター寺院 »

2009年9月22日 (火)

2009年 No.49 無駄話・こぼれ話5

2009 No.49 無駄話・こぼれ話

5

日本は5連休(シルバーウイークと呼びます:「年寄週間」ではありません)ですので、久しぶりに頻繁に記事をUpしています)

✍イギリス食

食事情では、イギリス食事情を色々面白おかしく書いてきましたので(かなり本音!?)が、

最近、イギリスからのアクセスも多く、ご参考になればと、今日は正統派Britishをご紹介しましょう。尤も、イギリスに住んでいる方に紹介するまでもない程有名なお店ですが。Wiltons2_2

Dover Sole

前にも書きましたが、イギリスの名物は、’Fish&Chip’s’Roasted Beefs’とそしてこの’Dover Sole’です。2003年迄の滞在経験でいえば、Dover Soleといえば、Whileer’sと今日ご紹介するこのWiltonsです。因みにWhileer’sは過去会社で欧州会議があった時、フランスとスペインの同僚を呼びDover Soleを振舞った事がありますが、美食の国からきたこの両名に絶賛されたのを覚えています。さて、今日紹介するのはWiltons。場所はPiccadilly Circusから近くの三越の道路向かいであるJermyn Street55番地(020-7629-9955)。分かりやすい所にあります(尤も1度迷ってたどり着けませんでしたが)。御覧の海老ちゃんが帽子被ったマークがお店を飾っているのですぐにわかります。(写真の上をクリックすると写真が大きくなりますよ、多分)Wilton_2

1742

1742年から続いている老舗です。店に入った時、その重々しさと食事をしているお客さんの高貴な感じに圧倒されて、店内の写真はとれませんでした。すいません。只、我々の舌はしっかりと記憶しています。このDover Sole(舌平目)は、焼いただけの舌平目にレモンをかけただけのような単純な料理ですが、旨かったですよ。イギリスに居られる「僕から見ると羨まし~い」皆さま。どうか本格Britishを楽しんでみてください。

« 2009年No.48 Les Andelys | トップページ | 2009年 No.50 世界遺産第No.56 ウェストミンスター寺院 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご迷惑をおかけしましたが、PCなんとか直りました。また、どうそよろしく~!!!お恥ずかしいことに、正直Dover Soleはまだ食べたことありません。今週末にでも(お金あったら)さっそくTryしてきま~す。。。勉強になります。shine

お、Chingorinさん お帰りなさい。PC直ってよかたですね。結構かかったのでは・・・?

Dover_Soleは誰かとご一緒にどうぞ。Wiltonsはタキシードとか着て行かれたほうが宜しいかと思います。・・・・・・ナンチッテ(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/31480389

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年 No.49 無駄話・こぼれ話5:

« 2009年No.48 Les Andelys | トップページ | 2009年 No.50 世界遺産第No.56 ウェストミンスター寺院 »