無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.43 こぼれ話・無駄話3 | トップページ | 2009年No.45 New Yorkの街並み »

2009年9月 4日 (金)

2009年No.44 世界遺産No.55 自由の女神

2009No.44 世界遺産No.55 自由の女神

✍薀蓄

永らくのご無沙汰です。事前通知をするまもなく、先週からロンドン-ニューヨーク出張にいって来ました。駆け足の旅でしたが、世界遺産をゲットしてきました。それがStatue of Liberty 自由の女神です。ここでちょっと薀蓄。自由の女神の発祥がフランスであることはご存知ですか?もともとはパリのリュクサンブルグ公園に建てられていたのがこの女神像。自由といえばフランス革命が‘ご先祖様’。アメリカ独立を祝ってフランスがアメリカに贈ったのがあのマンハッタンに聳え立つ自由の女神です。フランスでパーツを構築してそれを船で運び、それをアメリカで組み立てたのですが、マンハッタンの風に耐える強度を如何に保つか?この悩みを解決したのが、何と何ととパリの象徴、あのエッフェル塔を建築したエッフェル氏なのです。銅像の鉄骨の骨組みを彼が担当したわけで・・・フランスと関係深いですよね。そんでもってその返礼に贈られたのが僕が棲んでいたパリ16区の「白鳥の散歩道」に飾られている「自由の女神」です。ある時、ロンドンからパリに休暇で遊びにいったとき懐かしくなって白鳥の散歩道を訪ねたら、女神がいないのです。台座だけ残して・・・。「ちょっとお散歩」にいっている訳ではなく、その時女神像は1Km離れた「日本のお台場」に飾られていたそう(日仏文化交流年とかで)で、一時帰国したときお台場で「ご対面」しました・・・なんて話はどうでもいいですね。

✍本題

自由の女神はマンハッタン南のハドソン川内の島に飾られており、最寄駅まで地下鉄でいってそこからフェリーで島に向います。最初に乗った電車が途中で止まってしまい、迷いに迷いながら漸く辿りついたのが午前9時過ぎ。ひどい時には2時間位ならぶそうですが、日曜日の割りに行列は思いのほか短く20分ぐらいで船に乗れました。フェリーの乗船時間は5分も無いのではないでしょうか?「橋かけちゃえばいいのに」・・・などと悪態をつきながら島到着を待ちます。最近僕は「雨男」から「晴れ男」に変貌を遂げたらしく、船が島に着く頃から日差しがさしはじめ、おあつらえ向きの青空の下で女神を見上げる事となりました。これがそれです。9w_clouds_8

911の悲劇以来禁止されていたのですが、今年6月から女神頭部迄再び登る事が許可されました。只、今は予約が一杯らしく登っても台座迄。しかも今エレベータ修理中とかで150段ぐらい皆汗かきながら登っていましたがこの行列は半端ないので断念。まぁエッフェル塔・モナリザ同様先進国の人ならば誰でも知っている「自由の女神」にかくしてご対面したわけです。女神は遠くを見つめる目で21世紀の人々の幸せを祈っているようでした。次回もNYKの記事を載せますね。

« 2009年No.43 こぼれ話・無駄話3 | トップページ | 2009年No.45 New Yorkの街並み »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
NYは行った事がないので本場?の方は見たことがないけれど
パリの方は遠くから、近くから、真下から、じっくり見ましたー。
望遠ドアップの写真を撮ったけどブレブレで全然ダメでガッカリ××

女神頭部まで登って絶景を見たいなぁ。。

お懐かしや女神様・・・

まだ頭部には登ったことがない私です。
けっこう恐いお顔ですよね、彫刻家のお母さんがモデルでしたっけ?

たまたまテロの前後にNYに行ったため、女神様の横の道から撮った記念写真の背景にツインタワーがあるのと無いのと(涙

おぉ、YUMMYさん。ようこそ、Bienvenue
これからもコメント宜しくお願いしますね。happy01

パリの自由の女神を見慣れているので(生活の一部)、今回は「別に!普通!」と思うかと思いましたが、やっぱりNYKの「世界の自由の女神」は別物でしたね。

ところで、このブログ、世界遺産ブログといいながら、フランスのレストランをしつこく細かく紹介しているので、そちらも見て見てくださいね。( ^ω^ )

ぽんたさん

コメント有難うございます。流石ぽんたさん、NYKもしっかり抑えていましたがsign01しかも何度も行かれているんですね。僕はいつものことですが、感激して同じような写真を10枚ぐらいとっていました。

グラウンドZEROにも行きましたが、ここは言葉もありませんでした。

Wall街も覗きましたが、正直、ここで一度働いてみたかったなぁと少し思いました。ロンドンのCityも素晴らしいですけどね。

今後はちっとアメリカの「食」を続けて紹介してみます。請うご期待!

ご無事のお帰り何よりです。NYも天気よくてよかったですね!自由の女神はなんといってもマンハッタンのシンボル。一昨年NYに出張いったときも、ダウンタウンにいく用事は全然なかったのに、無理やり時間つくって(失踪して)バッテリーパークから眺めてきました。いくらみても飽きないですね~WTCビルがないのはやっぱり寂しかったけど。。
PS
NYもいいけど、LDNの”熱い想い出”も、是非載せてくださいね~ これからもどうぞよろしく(o^-^o)

これはこれは、Chingorin-san

ようこそLai-Laiサイトへ。
自由の女神圧巻でしたよね。バッテリーパークでトイレに行ったのですが、まわりになんとなく人がいて怖くてそそくさ逃げ出てきました。アメリカはなんとなくまだ怖いです。

さて、このブログ前半は殆どフランス世界遺産ネタ、遺産ネタが切れ始めた本年初からは殆ど、イギリス観光地ネタとなっております。LDNネタも色々ありますので、ご笑読ください。これからも書いてゆきますね。特に僕のイギリス6年間の印象をしたためた「イギリス食事情」シリーズのご意見をお待ちしておりますです。ハイ。happy01

なんかすごく早起きですね~、さすが!
たまたま、今テレビつけたら、Channel4で、11/Sept/2001のドキュメンタリーやってました。今まさにWTCが崩壊する場面です。
もう丸8年なんですね~。。。

イギリス(食事)シリーズこれから勉強しま~す!(゚ー゚)

Chingrin-san

いやぁ、時差ぼけがとれず(老いを感じる!)、今日も4時にパチッと目が覚めてしまったので、朝から現実を忘れて至福のブログタイムを過ごしていたところです。   コメントいただけると、凄~~~く嬉しいです。がんがんコメントくださいませ。shine

また頑張って記事書こうっと!

例のもの、まってま~す!!!cameraなんか、一部の人には既に送られているとか???

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/31236202

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.44 世界遺産No.55 自由の女神:

« 2009年No.43 こぼれ話・無駄話3 | トップページ | 2009年No.45 New Yorkの街並み »