無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.45 New Yorkの街並み | トップページ | 2009年 No.47モネの家 »

2009年9月14日 (月)

2009年No.46 無駄話・こぼれ話4

2009No.46 無駄話・こぼれ話

4

✍英米食比較論

・・・なんて派手な「つかみ」のタイトルではじめましたが、何のことはないイギリスで食べた「イギリス代表食」とNew Yorkで食べた「アメリカ代表食」をご紹介したいだけです。

Fish&ChipsThe England

イギリスといえばFish&Chipsでしょう。今回の出張ではCityにあるFinsbury Squareという所にあるPubでのPub飯で食べてみました。前回の出張で英人が食べていたFishは皿から溢れる40㌢はあろうかという魚でしたが、今回のFishはこんな感じ。Fishchips_2

つつましいサイズでしたが、魚が大味でなく旨かったです。英人は魚だけでなくその周りにあるChipsも完全に平らげてしまうんですね。結局6年の赴任期間中、有名なFishChipsの惜しいお店にいかなかった事が悔やまれます。僕がイギリスにいたその時期は、狂牛病の真っ最中だったので、名物のローストビーフはやなり何となく手が出ず、結局Fish&Chipsとドーバーソールばかり食べてましたね。ドーバーソールは次回ご紹介します。

SteakThe America

所変わってここはNYK。マンハッタンの中の日本の居酒屋街の外れにあるSteak_House。在NYKの知人に連れてきてもらったこのレストラン。運ばれたきたのがこれ。ポテトが多すぎて肉が見えん。これが僕が知っているアメリカのステーキです。「おりゃ、ドカン」って感じでポテトが盛られ皿から溢れている感じ。これです。この活力、これこそアメリカです。

Photo_2

« 2009年No.45 New Yorkの街並み | トップページ | 2009年 No.47モネの家 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ゴメンナサ~イ!次回はもっとちゃ~んとしたFish & Chips専門店にお連れします。でも、パブのビールのレモネード割(シャンディ)は美味しかったでしょ~wobbly

そうです、皆さん。ビールのレモネード割りって知っていますか? ロンドン6年もいながらその存在すら知りませんでした。ビールの苦さが苦手な人にはお薦めですよ。

Fish&Chipsの有名な店ってどこにあるのでしょう?
僕の同僚はWaterlooに一軒すけー美味い店があるといっていたのですが・・・結局行けずcrying

>ビールのレモネード割

近所の居酒屋に「ゆずビール」ってのがあります、おいしいです。
ゆずジュースで割ってありますが、似てるかな?(笑

フィッシュ&チップスは、ものすごくチンケなのしか食べた事がないので、このくらい豪快なのを食べたかったな。

アメリカのステーキの付け合わせ野菜って、ポテトフライとか小さな茹で人参とか赤黄色ピーマンとか、1種類だけをこれでもかとてんこ盛りなの嫌いじゃない私です。

実は、内輪に評判がいい店がパブのすぐ傍(歩いてすぐ)にあります。restaurant1階がtake outで、2階がレストランです。Fish & Chipsだけで6種類くらい(もっと??)あります。(ただし値段は高め)
1階はつくりおきだけど、2階は注文してからつくるのでさくさく&あつあつで美味~いです。good
そのかわり、やたらに待たされますけど。

フィッシュ&チップスは最初の1年で食べまくり、その後すっかり飽きちゃいました(笑)でもたまにものすごく食べたくなる・・・。
とにかくチップスにはたっぷりビネガーと塩ですー!

月曜にNYスタイルのステーキハウスに行きました。
付け合せのフレンチ・フライ(あえてアメリカ風に言ってみた)の
量にびっくり!ハーフポーションでお願いしました。
(とにかくすごい量なのでハーフの注文OKですってメニューに書いてあったので。)


ぽんたさん

てんこ盛りOKならば、貴方は立派なBritishです。

ある日、接待でロンドンのSlone Squiare?のフレンチ(Poison d'Avenue:通りの魚の意)に行ったときの事・・・ステーキを頼んだら皿の真ん中に肉の塊がど~ん。で後で店員さんが僕の希望を聞いて、おりゃ~って感じでブロッコリーと人参を皿にほおりこんで帰りました。

これがBritishであります。Frechではありませんです。


YUMMYさん

Fish&Chips食べまくりましたか。美味しい店もあるんでしょうね。Yummyさんのサイトで検索してみます。

共感できるのは、イギリスはビネガーと塩ですよね。ビネガー味のポテトチップが僕が帰国した2006年には日本ではレアモノで、僕が出張した時、わざわざポテチかって帰ったりしました。

イギリスには独自の文化がありますね。僕も、ジャケットポテトとか好きですよ。あとグジュグジュの缶詰豆とかも、麻薬のように病み付きです。

Chingorin さん

Fish&Chipsはみんなの関心事であり、この話題は尽きないですよね。僕は会社のそばの今はなきお店で食べたのだけ覚えています。

この間のFish&Chips本当に美味しかったですよ、

そういえばイギリスに住んでいて、ある時フランスに遊びに行ったとき、ある物を「美味しい!」っと言ったとき、真剣な顔して知り合いの店長さんが、「これ、美味しいですか・・・。味覚落ちましたね」と言われたことがあります。

まぁ、美味しければそれでいいのですが・・・


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/31378154

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.46 無駄話・こぼれ話4:

« 2009年No.45 New Yorkの街並み | トップページ | 2009年 No.47モネの家 »