無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.52 無駄話・こぼれ話6 | トップページ | 2009年No.54 Bourgogne(ブルゴーニュ) »

2009年10月16日 (金)

2009年No.53 サン・マロ

2009No.53 サン・マロ

✍懐かし・恥ずかし

一昨年の12月、初めてブログというものに「手を染めて」みた時、最初に書いた記事がモンサンミッシェルでした。読み返してみると「懐かし・恥ずかし」の記事なのですが、実はこのモンサンミッシェルに行った時、立ち寄った場所がサン・マロでした。当時は「世界遺産ブログ」でしたので、この地は記事に出来なかったのですが、ここはここで遺産になる派手な建築物はないけれど、観光地としては赴き深い場所です。私の記憶が確かならば(懐かしい)、この街までロンドンからフェリーかなんか出ていて実はロンドンの方がモンサンミッシェルに立ち寄るなら、この街経由がいいのではないでしょうか?

✍歴史

Wikipediaによれば、『サンマロは中世にはランス川河口の要塞化された島で、公海を統御していたが、現在のサンマロは6世紀初期に聖アーロンと聖ブレンダンによって設立された修道士居住地にその起源を遡り、地名はブレンダンの弟子聖マロに由来する』サン・マロはその名に反し、その後海賊の根拠となったそうで、そのせいか、『カナダの発見者ジャック・カルティエもサンマロから航海したし、フォークランド諸島の最初の入植者もここから出た』そうです。歴史的に見ると意味のある場所なのでしょう。

✍街は

普通です。ここは街というよりは遠浅に見える港が特徴的です。Photo 砂浜の中に要塞のようなものが見受けられます。こんな感じ。海の向こうはイギリスです。街の中は全体的に昔の街並みが漂っていますが主だった建造物はこのサンヴァンセント教会ですかねぇ。Photo_2 なぁんにも目立つものはないけれど、歩いているとなんか癒される、そんな街ですよ。モンサンミッシェル迄来るようなら御立ち寄りくださいませ。

« 2009年No.52 無駄話・こぼれ話6 | トップページ | 2009年No.54 Bourgogne(ブルゴーニュ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Lai-Laiさんは、(特にフランスのことは)本当になんでも知ってるんですね~(驚)。ところで、あの要塞みたいなものは、お城なんでしょうか?やっぱり満潮になると海に浮かぶ感じになるのかな?

あ、いや、それは一寸(゚ー゚; 分かりません。
只、もし海に浮かんじゃうと、モンサンミッシェル2号になってしまうので、それはないのではないかと・・・汗)

そういえばミニ・モンサンミッシェルがイギリスにあるのご存知ですか?僕は結局行けませんでしたが・・・・えーと、どこにあったっけ?名前も覚えていませんが。

まぁ、モンサンミッシェルは一度は行った方がいいかも。中は江ノ島なので、二度いく必要はありませんが・・・。


聖マイケルマウントってやつですか?コーンウォールの果てみたいなところにある、、、あそこも(ロンドンからは)遠いですよね~。。。モンサンミッシェルの方がまだ行きやすいかも、、、

↑ペンザンスの近くですね。
10年以上前に行きましたよ~。
満潮時だったので小船で島に渡りました。
その時、朝5時なら歩ける、って言われたけど
(当時)そんな早起きはできないのでやめました。
今なら楽勝で起きられるのになぁ。

YUMMYさんは、流石押さえるところは押さえていますね。ギリシャも行っているし。。。

そうでしたペンザンスの近くでしたね。遠くて子連れでゆく気力が湧かず、諦めてしまいました。

YUMMYさんはイギリスの万里の長城(ハドリアヌスウォール?)も行っているし、南に北に・・・本当に凄いですね。

皆さん本当に物知りでうらやましいです。僕なんてイギリスにいるのに、ハドリアヌスの名前をトリアヌスといって笑われるし、まだうさぎもたべ食べたことないし、、、でも、この前ついに例のドーバーソールは食べましたよん。誰と食べたかは秘密ですけど、、(笑)

お、Chingorin-san ついにドーバーソール食べましたか? 誰と?誰と? 如何でしたか?

ウサギは僕も食べていません。一生食べずに終わろうと思っています。だって可哀想だし・・・。じゃあ、鳩はうずらは可哀想ではなかったんかぃ?と詰められると辛いですが・・・汗:

そういえば野原を駆ける可憐なうさぎちゃんをみて
フランス人は「可愛いheart04」ではなく「美味しそうheart04」と言うとか言わないとかcoldsweats01


じゃ、「素敵なウサギちゃんと一緒heart02」とでもいっておきましょうか、、(笑)。でも実は邪魔者もいたんで、いばるほどの話じゃないんですけど、、次頑張ります。ドーバーソールは想像していたとおりでしたが、イギリス料理にしてはお味が繊細な感じで、とっても美味しかったですよ。ただ(腹に入る量感にくらべ)一寸高いかな~。。。そういえば韓国や中国の人は、やっぱり子犬みて「美味しそうlovely」とか思うんですかね~?

Chingorin-san

そうですね。イギリスはお金を出せば美味しいものが食べられますが、相応にかかりますね。

その点だけはフランスがいいかなぁ

では、ロンドンの可愛いウサギちゃんに宜しく。coldsweats01
Good Luck

あまりにおいしそうな話題が出たのでがまんできずに一言。
オードブルがウサギ、メインディッシュが鳩、イギリス大使館(東京)のすぐそばで食べましたよー。

↑日本で、そのような高級フランス料理をいただくと、やっぱり目玉が飛び出るほどお高いんでしょうね~。味はきっと最高だと思いますが、、、restaurant

Chingorinさん、お酒の飲めないメンバーで行ったのでそれほどでも(笑

ぽんたさんの行かれる店は、やっぱり高級なのでしょう。行って見たいなぁ。
ウサギで思い出したのが、パリのMarche

Marcheでは、耳を縛られたウサギがぶら下げられていて、その下に鹿が一匹寝そべっていました。なんか、フランスのマーケットは、ソバージュというか。
何か、見ていたら何か思いっきり食欲なくなったりしました。

まぁウサギみて美味しいっていう皆様ですから・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/31812980

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.53 サン・マロ:

« 2009年No.52 無駄話・こぼれ話6 | トップページ | 2009年No.54 Bourgogne(ブルゴーニュ) »