無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.54 Bourgogne(ブルゴーニュ) | トップページ | 2009年No.56 ミュンヘン(Munchen) »

2009年10月24日 (土)

2009年No.55 無駄話・こぼれ話7

2009No.55 無駄話・こぼれ話

7

✍パリカラオケ事情

世界遺産ブログとして始めたこのブログですが、だんだん色んな事を書き始めて今日は、世界遺産とこれっぽっちも関係ないカラオケの話です。あ、いやあと100年すると日本の文化「カラオケ」も文化遺産になるかも。無形文化財?

もう3年になるのでパリは激変しているかもしれませんが、このブログは僕の思い出を綴ったものですので、呆れずに読んでください。

✍オペラ界隈

オペラ界隈にはあの頃は3軒カラオケ屋がありました。東銀通りの愛称で馴染みある(無いか?)サンタンヌ通り界隈には20軒を超える日本食屋がありますが、その中の1件、オペラ通りから少し入ったところに「料理天国 遊」という日本食屋がありますが、ここの地下が日本人向けクラブ兼カラオケ屋さんです。この通りの奥にもう1軒ありました・・・名前は・・・忘れました。

ここから程近いリシュリュー通りにも「蘭丸」というお店があります。この近くの派遣日本人がかなりたくさん通っております。

✍スター

ある時、仕事の憂さ晴らしでTubeかなんかの歌を歌っていた時のことです。この日、多分「日本からツアーかなんかでパリに来て夜の自由時間に言葉の通じないお店で過ごすのはいやだけど、ホテルでじーとしてるのもつまらないから遊びにきていた」(と勝手に判断したのですが)若い大学生ぐらいの女性達が10人ぐらいいたのですが、なんか知らないけれど妙に僕の歌がウケて、大喝采となりました。黄色い声援の嵐(^^;)、まぁ10人ぐらいの喝采でも何とも気持ちのいいものですねぇ。10人の喝采でもこれだけ嬉しいのですから、東京ドームとか日本武道館で歌う歌い手さんはさぞかし嬉しいでしょうねぇ・・なんて事を考えたりしながら歌っていました。もっとも彼らはお金を貰って歌っているのに僕はお金を払って歌っているんですよね、よく考えると。

✍で

この「遊」の企画で「会社対抗歌合戦」がありました。3人一組で歌ってお店関係者他が審査するのですが、今までの膨大は投資額を勘案してか、「審査員特別賞」を貰いました。その時貰ったスポンサーの某家庭電器の会社の商品の髭剃り器を暫くつかっていましたねぇ。

✍そういえば

フランス人の団体が来た事がありました。日仏文化比較。日本人は仲間の誰かがステージで歌うとテーブルで聞いている(フリをしながら)自分の次の歌を探しているものですが、フランス人は違いました。一人がステージで歌う時は、全員ステージに上がってきて、歌っている人の周りを輪になって踊るのです。ツンとしているように見えるフランス人もこういう時は「ラテン気質全開」です。

どうでもいいことですね。すいません。また次回は見所紹介に戻りますね。

« 2009年No.54 Bourgogne(ブルゴーニュ) | トップページ | 2009年No.56 ミュンヘン(Munchen) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

寂しい単身赴任(私)には、特に貴重な情報です。karaokeありがとうございます。なんでも知ってるLai-Laiさん、こっちの方面専用(パリナイトライフ)ブログも新たにたちあげていただけませんか(笑)?

Chinogorin-san

パリナイトライフブログですか?それはさぞかし楽しいでしょうが、残念ながら、品行方正?の僕はこの3件のカラオケ屋さんしかしらんのです。

僕の同僚がパリに来て、フランス人経営のカラオケ屋さんにフラッとはいったら、入ったとたんフランス人女性に囲まれ、ハーレムかとおもいきや、いきなりシャンペンを抜かれ、すぐ店を出たのですが後の祭りで、1万円ぐらいとられたそうです。・・・・なので、安心な日系でボソボソ遊んでいるほうが安心ですよ(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/31915870

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.55 無駄話・こぼれ話7:

« 2009年No.54 Bourgogne(ブルゴーニュ) | トップページ | 2009年No.56 ミュンヘン(Munchen) »