無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年No.56 ミュンヘン(Munchen) | トップページ | 2009年No,58 無駄話・こぼれ話8 »

2009年11月 1日 (日)

2009年No.57 ロカマドール(Roc-Amadour)

2009No.57 世界遺産No.58ブールジュの大聖堂

✍例外

僕は旅を2回楽しみます。1回目は旅そのもの。2回目は旅の写真をプリントし、レトロにアルバムを買ってきて、写真はもちろん、乗ったケーブルカーのチケットとか、入場券とかまで貼ってその日は終了。そして更に翌日・・会社から帰ってその写真毎に横に小さな紙に書いたコメントを貼ってゆくのです。名前とか、印象とか・・なのにこの日だけ、例外なのです。延々と貼られている教会の写真、でもな~んのコメントもないのでそれがどこの教会か断言できないのです。でもこの街有名な教会一個しかないし、Wikipediaとか色々調べた結果、結論します。これは・・・サン=テチエンヌ大聖堂ですPhoto

何が起こったのか?聖堂の全体写真がないのです。想像される状況はこれ。「吸い込まれるように教会の傍までいってしまい、大きすぎて全景がとれず、仕方なく先ずは部分写真をとる。で、帰るときに全景写真をとればいいとおもっていたが、帰る時は満ちたりてしまって全景写真を撮り忘れ」・・・たぶんそんなところです。で一応、サン=テチェンヌ大聖堂については以下の説明を転記しておきますね。いつものようにWikipediaです。ブールジュサン=テチエンヌ大聖堂は、主に12世紀末から13世紀末にかけて建造された司教座聖堂である。これは、フランスにおけるゴシック美術の傑作のひとつであり、その設計、ティンパヌム、彫刻、ステンドグラスはいずれも特筆すべきものである。その規模とコンセプトの統一性が織りなす美しさは中世フランスにおけるキリスト教の強大さを示してくれる。その先駆的なスタイルはゴシック建築の中でも例外的な存在である。長い間正当に評価されてきたとはいえないが、この大聖堂は、ランス大聖堂シャルトル大聖堂ノートルダム・ド・パリなどにもひけをとるものではない。1992年に「ブールジュ大聖堂」の名で、ユネスコ世界遺産に登録された。

✍でも

僕は寧、この旅で印象を受けたここを皆様にご紹介したいです。その名はRoc-Amadour(ロカマドール)何故か大量に取ったここの写真を貼ったアルバムが紛失しているので、写真を掲載できないのです。先ずはこのサイトにいって写真を見てくださいませ。http://en.wikipedia.org/wiki/Rocamadour。写真がないのでパンフレットを貼っておきますが、こういう構造になってます。丘から谷への極端な落差。この絶壁が3層構造になっていて、一番上がお城、二段目が教会、一番下が街。街といっても、土産物屋ですが。地面を掘ったエレベータとかで降りられるのですが・・・。Brochure_de_rocamadour 3階層の街。夕日に照られれたりすると、なんとも幻想的で、いやぁ不思議な空間でした。フランス中部ブールジュに行ったらロカマドールも是非訪ねてみてください。

« 2009年No.56 ミュンヘン(Munchen) | トップページ | 2009年No,58 無駄話・こぼれ話8 »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

僕も、アジアは、随分(出張さぼって)あちこち世界遺産みたんですけど(中でも万里の長城とタージマハール&ボルブドゥール仏塔は圧巻でした)、Lai-Laiさんみたいにきちんと写真整理もせず、デジカメからPCに移してただ貯めておいたら先日のPC災害で全部ぶっ飛びました(苦)。大枚はたいて復旧しましたが、やっぱり整理しとかないとダメですね。もっとも僕の写真は必ず自分を入れてしまう(単なる記念写真)ので恥ずかしくて人にはみせられませんが、、、ところで、本題から外れるのですが、ベルギーのブルージュはフランスのブルージュとはなんの関係もないのでしょうか???

Chingorin-san

そうですね。僕も結構自分を入れて撮ってしまうので、ブログで使えないショットが多いです。「あぁ、この1枚、俺が写っていなければいいブログにいい写真なのにぃぃぃぃ。」と思う事が何度もありました。

ところでパリの街はブールジュ、ベルギーのはブルージュ・・・ちょっと違うんです。

両者の関係はわかりません。こんどサルコジに聞いておきます。

改めて読んだら、え、何、タージマハール? ボロブドール? 僕の行きたい場所ばっかりではないですか?

ジャカルタ出張したとき、週末はボロブドール
heartと思っていたら、派遣の方が、「ボロブドールですかぁ? でも飛行機、よく落ちるんですよねぇ。」の一言で、気持ちが萎えてしまい、ついに断念・・・だから行ったことないのです。

タージマハールは僕が世界で行って見たい場所Best4のひとつ(残りは、万里の長城、ピラミッド、グランドキャニオン)です。いーいなぁ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/32018850

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No.57 ロカマドール(Roc-Amadour):

« 2009年No.56 ミュンヘン(Munchen) | トップページ | 2009年No,58 無駄話・こぼれ話8 »