無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年NO.62 EVIAN | トップページ | 2009年No.64 無駄話・こぼれ話10(欧州スポーツ事情) »

2009年11月28日 (土)

2009年No63 世界遺産No.59 アビニオン〔フランス〕

2009No63 世界遺産No.59 アビニオン〔フランス〕

✍断念

家の庭の物置を訳あって解体しました。その中に「行方不明のアルバムが眠っているのでは」と思っていたのですが、結局なし。なので諦めて、写真のない世界遺産を紹介してゆきます。

今日はフランスを思い切り南下してアビニオンをご紹介します。アビニオンといえば世界史が得意だった方なら、「アビニオン捕囚」という単語が浮かぶ・・・かな?

✍アビニオン捕囚

アビニオン捕囚とは、1305年、教皇に選出されたボルドー大司教がくれメンス5世としてリヨンで即位した。フランス人教皇誕生の背景にはフランス王フィリップ4世の強い影響力があった。アナーニ事件などで教皇を威嚇していたフランス王フィリップ4世の意志を受けたくれメンス5世はローマに戻らず、枢機教団と共にアヴィニオンに滞在して、ここの教皇庁の移転を宣言した。これがいわゆる「アヴィニョン捕囚」である。

✍でも

僕が印象的だったのは寧ろ橋。「童謡「アヴィニョンの橋の上で」で知られる(知らない?)サン・ベネゼ橋(Pont St. Bénézet)も有名。橋の上で輪になって踊ろうと歌われているが、実際は踊れるほど安全な橋ではない。・・・ローヌ川の度重なる氾濫により何度も橋が崩壊、そのたびに修復を強いられ財政を圧迫した。17世紀には遂に修復を断念。22ある橋脚のうち4つのみ残っている。(Wikiより)」写真はこのリンクで見てください。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:SaintBenezet.jpg。何故か橋の真ん中にサン・ベネゼ礼拝堂が建っています。多分川の氾濫で命を落とした方々のために建てられたのでしょうが、ここまでで橋はピタッと止まってしまっているのです。

なので今は観光地としての意味しかありませんが、こんな使用できない「橋」が世界遺産になっているのも面白いです。

✍さぁ童心に戻って・・

なんでこれが印象的だったかというと、多分フランス童謡で、覚えているのはこれだけではないかというほど頭にメロディ迄残っている歌があるのです。ちょっと調べてみました。皆さんで口づさんで見てください。ハイ、3、2・・

歌詞・日本語訳(意訳)

Sur le pont d'Avignon,
L'on y danse, l'on y danse,
Sur le pont d'Avignon
L'on y danse tout en rond.

アヴィニヨンの橋の上で 踊ろう 踊ろう
アヴィニヨンの橋の上で 踊ろう 輪になって

Les beaux messieurs font comme ca
Et puis encore comme ca.

立派な紳士はこうやって踊る
もっとこんな風にも踊るかも

Les belles dames font comme ca
Et puis encore comme ca.

綺麗な女性はこうやって踊る
もっとこんな風にも踊るかも

Les officiers font comme ca
Et puis encore comme ca.

将校さんはこうやって踊る
もっとこんな風にも踊るかも

Les bebes font comme ca
Et puis encore comme ca.

赤ん坊はこうやって踊る
もっとこんな風にも踊るかも

« 2009年NO.62 EVIAN | トップページ | 2009年No.64 無駄話・こぼれ話10(欧州スポーツ事情) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/32397984

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年No63 世界遺産No.59 アビニオン〔フランス〕:

« 2009年NO.62 EVIAN | トップページ | 2009年No.64 無駄話・こぼれ話10(欧州スポーツ事情) »