無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2009年 No.70 こぼれ話・無駄話No.12(おらが村の自慢話2) | トップページ | 2010年No,2 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N0.1 »

2010年1月16日 (土)

2010年 No.1 New York(Emipre State Bdg.)

2010

No.1 New York(Emipre State Bdg.)

✍謹賀新年

皆さん、明けましておめでとうございます。新年早々永らく更新していなかったのは、ネタ切れもあるのですが、実は新年早々1週間極寒のNew Yorkに出張していたためです。そのお陰で新年第一回は新鮮なネタをお届けできます。

✍寒い!

何よりもNew Yorkは信じられない程寒かったです。地元の人からの情報で、朝の気温は氷点下10度近いこと、それと手袋、毛糸の帽子は必須であることを教えて貰っていたのですが、手袋は兎も角、「背広に毛糸の帽子は如何なものか」と思いながらも、直前にファミマで千円の帽子を買って持っていきました。結論から言えば、これなしでは生活できませんでした。ホテルから会社まで徒歩5分ぐらいなのですが、外にでた途端東京では経験できないような頭が締め付けられて心臓が痛くなるような寒さに襲われます。そう、背広着てスキー場歩いているイメージです。救いはNew Yorkerは皆厚手の帽子を被って外を歩いているので、僕のファミマ帽子が「浮かなかった」事ですね。

✍高い!①

物価が高いです。ミネラル水とサンドイッチ買って、外税やらサービス料やらがついて直ぐ千円超。日本なら松屋で300円未満で豚どんが食べられる時代に、円高にもかかわらずサンドイッチが600円(6㌦)します。結局、サンドイッチ買うのも馬鹿馬鹿しくなって、持っていったカップラーメンで朝はしのいでいました。それを平気でやっているNew Yorkerは景気が悪いといっても高給取り揃いなのでしょうね。

✍高い!②

これはいい話。毛糸の帽子被って地下鉄で2駅乗ってエンパイヤステートビルに行きました。前回(去年)は自由の女神は見たのですが、ここに来れなかったので心残りでした。去年の第59回ボンの回で「コロンブスの塔」をご紹介した時に書いたように「○○と煙は高いところに昇りたがる」訳で、NYに来たらここでしょう、やっぱ。高いビルが林立しているNYでもこのビルはやはり凄まじい存在感を放っています。「老舗の持つ凄み」とでいいましょうか。下から見上げるとこんな感じ。高い!。Empire_state_1_2 で料金は86F迄が20㌦、天辺の細い部分の頂上102F迄登る人は更に20㌦かかります。物価高で家計状態不安の僕は躊躇うことなく86F 迄の切符を買ったのでこの景色はそこからの展望です。Empire_2 結構写真には拘りがある僕なのですが、観光客でひしめき合っている間を縫って撮影する事と、何より氷点下の風が塔の天辺を吹き荒れていて寒くて長居が出来ず、この日は適当にシャーターを押して逃げ戻ってきました。空からみるNYはやっぱり大都市です。香港のビル街も凄いなぁと感じましたが、この街、高層ビル街に、更に奥行きがある感じがします。「世界の心臓」って感じ。不景気でも何とか頑張ってもらいたいものですね。と観光客気取りで一人つぶやく僕でした。

« 2009年 No.70 こぼれ話・無駄話No.12(おらが村の自慢話2) | トップページ | 2010年No,2 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N0.1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさい。本年もよろしくお願いします。写真のNYは空気が冷たく澄み渡ってる感じで、確かに寒そうですね~!ロンドンもこの冬は雪が多くしかも解けないんで、氷漬けみたいになって寒いっすよ~。でも、NYみたいに空が青くないんですよね~どんよりしちゃって、、、2月にはモスクワに出張いく予定です、耳が千切れるかも、、、(寒)snow

Chingorin-san

無事お戻りですか。今年も宜しくお願いします。欧州も寒そうですね。ユーロスターも止まったそうですね。

その上、モスクワですか。それはまた強烈に寒そうですね。毛糸の帽子躊躇無くお持ちください。

欧州に居た時、モスクワツアーを申し込んで赤の広場とか楽しみにしていたのですが、定員に達せずキャンセルとなり、やむなく行き先をイスタンブールに変更した思い出があります。

是非写真とか取ってきて見せてください。

皆さまもNYの思い出聞かせてください。

寒い中をお疲れさまでした。ところで帽子と言えば、極寒の地では帽子無しで外を歩くと毛細血管が切れて大変な頭痛にみまわれるそうですね。寒さをなめた日本人は要注意と聞きました。

おぉ、ぽんたさん お久しぶりです。お帰りなさい。コメント物凄く嬉しいです。

そうなんです。まさに今日、会社の同僚とその話をしてたんです。うちの会社の人が出張したとき、充分な防寒対策しなかったために毛細血管が切れて大変な思いをしたとか。

確かにあの血管がキュっと縮む感じ、怖いです。血管が縮んで、心臓が痛くなるんです。・・・こわっ

また、コメントを楽しみにしております、ハイ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/33003901

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 No.1 New York(Emipre State Bdg.):

« 2009年 No.70 こぼれ話・無駄話No.12(おらが村の自慢話2) | トップページ | 2010年No,2 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N0.1 »