無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年 No.1 New York(Emipre State Bdg.) | トップページ | 2010年No.3 無駄話・こぼれ話13(Oyster Bar) »

2010年1月25日 (月)

2010年No,2 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N0.1

2010No,2 世界遺産No61Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) 

N0.1

✍謎、老化?

世界遺産の棚卸しをしていたのですが、「あれ、これ昔

絶対記事にした」というのが出てきて、でも過去の記事を検索してもどこにも記録がないのです。それも幾つも・・・・謎です。それとも記憶の混乱?つまり老化?

✍先ずは基礎知識

Wikiによればザルツブルグ市街の歴史地区はオーストリア共和国の世界遺産の一つ。ドイツ国境に近いオーストリア北西部ザルツブルグ州の州都。岩塩の交易によって栄えてきたこの街は、「ザルツ()のブルグ(城)」と呼称されてきた。中世においては塩は「白い黄金」ほど貴重なもので、9世紀には司教座が置かれて宗教都市として栄え、ザルツァツハ川左岸の旧市街には教会や歴史的建造物が数多く建てられ、「北のローマ」あるいは「北のフィレンツェ」と称された。

✍功罪

この旅行はツアー旅行でいったのですが、結果、観光対象物の知識は増えたのですが、苦労して見ていないので個々の印象が薄くなってしまいました。ツアーの功罪ですね。ともあれ対象となるものが多いので、パリご紹介の時の様に、何回かに分けてご紹介しますね。

✍ザルツブルグ大聖堂

先ず代表的なものは「ザルツブルグ大聖堂」です。Photo 1628年にバロック様式で建て直されたものだそうですが、外観もさることながら、ここはその内装の美しさに惹かれましたね。通常はステンドグラスの美しさを競い合うものかと思っていたのですが、ここは聖堂の中の装飾が華麗でもあり、重厚でもあり、とても印象的でした。こんな感じです。Photo_2

ガイドさんによると外観にはペテロとパウロとか、聖人の肖像が飾ってあります。・・・それだけ覚えています、今でも。

✍ところで

NYから帰って1週間ですが、また明後日から上海に出張です。上海の記事も載せたいです。

« 2010年 No.1 New York(Emipre State Bdg.) | トップページ | 2010年No.3 無駄話・こぼれ話13(Oyster Bar) »

世界遺産紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/33125195

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No,2 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N0.1:

« 2010年 No.1 New York(Emipre State Bdg.) | トップページ | 2010年No.3 無駄話・こぼれ話13(Oyster Bar) »