無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No,4 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N02 | トップページ | 2010年No.6 無駄話・こぼれ話14 »

2010年2月13日 (土)

2010年No.5 上海

2010No.5 上海

✍再会

出張で上海にきました。4度目の上海。ところが今回は上海でも思いっきり西のはずれ。観光地はここから遠く・・・。地図を見ても近くにある観光地は・・・・「上海動物園?」動物園じゃなぁ。それで過去の記事を調べてみると、多分、始めて上海に行った200811月の頃はまだ世界遺産の記事に拘っていた頃なので、世界遺産のない上海を取り上げていなかったのではないかと思われます。

✍それで

今回は上海の観光地をご紹介します。上海という地名はあまり馴染みがなくても、この景色は旅行会社に行った時とかにパンフレットとかで一度は見た事があるのでは。夕方から川沿いで光り輝くこの電波塔。この電波塔は、只光るだけでなく、Lightingの光の色が変わるのです。というか光が球の周りを回るのです。 何でこんなもの作っちゃんだか分かりませんが、間違えなく今や上海の名物です。パリならエッフェル塔、ロンドンならビッグベン、ニューヨークならエンパイヤ・ステートビル、上海なら・・・・これです。Photo

✍でもって

折角今回出張行ったのに、今回の出張のネタはないのか?ってお思いの方も居られるのでは?

まぁだけど週末を挟まない実質2日の出張ではなんとも・・・。でもご心配なく。行ってきました。近くにある「上動物園」あ、いや「上動物園」。「地図でみると結構近いじゃん」という事で、最終日午前11時の集合前に、同僚と早起きをして歩いていってみたのですが、これが結構遠くて、集合時間に遅れる恐怖と背中合わせ。時間がないから入り口ある、園内巡回バスに乗ろうとしたのですが、看板には15元と書いてあるのに、従業員は堂々と値段が「100元〔\1300〕」っというので、「Oh!そんならいい・・」と降りかけると、「じゃあ、15元」って。「じゃ、じゃなくてはじめから料金15元だろう!なめてんのか!」と心の中で毒づきながら乗ったのですが、広い動物園、どこまで連れて行かれるか分からないので、「あれ」だけ見て戻ってきました。

「あれ」とは勿論「パンダ」です。小さなスペースにたった1匹だけいるパンダ。ガラスが嵌められているのですが、何と僕が行った時はパンダがそのガラスに近寄って来たので、パンダと直線距離30㌢ぐらいの距離で撮影。Photo_2 只、フラッシュが焚かれてしまうカメラ(調整する時間なし)では反射してしまって写真は×でしたので、携帯カメラで撮った写真をアップします。写りは今一ですが。上野動物園とは縁がなく、電池以外で動くパンダは初めて見ました。本当に可愛いっすね。「可愛い」と言うには、とても巨大ですが。

« 2010年No,4 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N02 | トップページ | 2010年No.6 無駄話・こぼれ話14 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

パンダは可愛いですよね!

上野動物園にパンダがいたころは、私は上野の美術館に行くと必ず帰り(だいたい動物園が閉館の直前)に動物園に寄ってパンダだけを見たもんです。
パンダ舎は入り口の近くだったし、パンダが活発に動くのがちょうどその時間くらいだったし、人はもういないし、可愛い姿を独り占め状態でした。

上海の動物園はさすが、というかガラス張りの施設なんですね。
中国のいなかで(西安だったか?)ツアーのコースに動物園があって、そこに1匹だけ飼われていたパンダを見る機会がありました。
日本に比べると汚れが目立ち、あまりいい扱いをうけていていなくてかわいそうでした。

ぽんたさん

西安ですか?本当に色々旅行に行かれていますね。上海のパンダは汚くはなかったけれど、明らかに「スーパースター扱い」ではなかったです。それ以外の動物と同じだと思います。

比較的狭いスペースで一匹だけポツっと笹食べていました。

見物人も僕らを除いては2組ぐらいで、別に興奮している様子もなく、僕らだけパンダ、パンダと騒いでました。日本人のパンダ好きは有名らしく、園内巡回バスの人も、僕らに切符を買わせたいらしく、傍に擦り寄ってきて「バンダ、カワイイネェ」と話しかけてきました。

また上野にパンダ来るようですね。今度は見に行こうかと思っております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/33364144

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No.5 上海:

« 2010年No,4 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N02 | トップページ | 2010年No.6 無駄話・こぼれ話14 »