無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月21日 (日)

2010年 No.7 ドイツ・ノイシュュバンシュタイン城

2010 No.7 ドイツ・ノイシュュバンシュタイン城

✍これも

無かったんですね。実は昨日このブログの製本3冊目〔2009年分〕が届けられ、改めて1冊目から内容を見直してみたのですが、こんな偉大な観光地をご紹介していなかったのですね。世界遺産縛りの弊害?というか、それより、どうしてこんな世界で一番美しいお城が「世界遺産」でないのんでしょうね?御覧下さい。自然風景との溶け込みかた、堂々とした外観、僕も世界で一番綺麗なお城だと思います。これです。Photo_4

Wikiでは

ところが、ドイツ・バイエルン州フッセン近くにルードヴィッヒ2世が建てたお城ですが、Wikipediaを参考にすると、何故世界遺産でないかが分かります。その理由はこれです。「ルートヴィッヒ2世は中世騎士道への憧れを強く抱いた人物であり、ファルトブルグ城やヴェルサイユ宮殿を眼にした彼は、中世への憧れを具現化するロマンチックな城を造ろうと決意した。このため城全体のグランドデザインを行うよう指名されたのは建築家でも技術者でもなく、宮廷劇場の舞台装置担当の画家(クリスチャン・ヤンク)だった。・・・ドイツのお城には本来あるべき小聖堂や墓地などがこの城にはなく、王座を後回しにしても・・人工の洞窟をつくるといった具合で、王の趣味のためだけに建設された実用に不向きな城である」・・・いわば王様のオモチャだったわけで、政治的意味なし。国家経済的には「負担」のみ。ウ~ン、これでは世界遺産の価値はないのでしょうねぇ。

✍はずし

この旅はツアーでした。日本人のベテラン女性ガイドが、バスの中で、感情を込めながらルードビッヒ2世のこの城に込めた熱い熱い思いを語ったのですが、決め台詞の「彼は思ったのです!・・・『僕は、世界で一番美しいホテルを造りたい!』っと!」。彼が造りたかったのは「ホテル」ではなく「お城」・・・この一番肝心なところでの「考えられない言い間違い」を聞いて、ツアーの皆も。。「・・・・」。「笑うところ」でもないし、「へ~」と感動も出来ない。だってホテルじゃないし・・。この反応を見て「言いマツガイ」に気がついたガイドさんと皆で大笑い、ガイドさんはその後、恐縮至極でした。まぁこんなホテルだったらかなりお金を積んでも泊まって見たいのは確かです。

✍こわ

先ほどの写真は実は、ツアーで連れて行かれた「マリエン橋」という少し遠くから見たお城の全景なのですが、その後バスで移動して遠くからマリエン橋を見たとき、「え、あんな高い橋を歩いて渡っていたの」とちょっと驚きました。こんな場所です。Photo_5

✍へばり

この頃息子は漸くベビーカーに乗りながらも、自分でも歩けるようになっていたので、安心して連れてきたのですが、それまでツアーで知り合った女の子(偶然にも同じ会社の家族と一緒でした)と楽しそうに手を繋いで歩いていた息子が、いざこのお城に入ってお城の内部見学に臨む時になって、何がお気に召さなかったのか、突然むずがりだし、歩いてくれず。ツアーのメンバーは階段を登り始め・・・(昔のお城なので当然エレベーターなぞなし)、仕方なく息子を抱えて100段以上の階段を登りきったのを覚えています。まぁあまりにもお城からの眺めが良かったので疲れは癒されましたが・・・。ただ、帰りお城からバス迄の下り坂がくたびれてどうにも歩けず、何とか観光客向けの馬車に乗って降りたのを覚えています。

旅のアクセントはやはり子供でしょうね。写真をみると、子供がらみの思い出だけがクローズアップされて思い出されます。

2010年2月14日 (日)

2010年No.6 無駄話・こぼれ話14

2010No.6 無駄話・こぼれ話

14

✍表意語・表音語

硬そうで柔らかい話。中国で見つけたちょっとした「へ~」という話です。

日本語にはカタカナという万能な表記法があり、これは音に1;1対応しています。日本語にない音にも対応するため、例えばValueなどVで始まるものをヴァリューと「ヴ」等という表現を追加してでも無理やりカタカナで表現してますよね。Alphabetなどもその最たるもので、日本の地名もローマ字読みで表現され、例えば無印良品は、海外でもMUJIとして商標にまでなっています。

✍でも

中国に行って気がついたのですが、中国語にはカタカナのような音を表す略語がないのでしょうね。聞いた事ないから・・・。それで外来語は、どうもそれに似た漢字を当て字として表現している節があります。

何でこんなことを唐突に書き出したかというと、上海で僕らが宿泊したMillennium Hotelの隣にカラフール’Carrafour’(フランス系総合食品センター)があったのですが、これを中国語の文字にあて、且つお店に相応しい縁起の良い漢字を探すのでしょうね。当て字は家来福(カ・ライ・フク)きっと中国語で発音するともっとオリジナルの音に近いのでしょうね。こんな漢字です。

家に福が来る店・・・これはドンピシャ。です。Photo_3

✍調べてみると

それでもって色々調べてみると(色んな人のブログも検索しましたが)、こんなに色々ありました。

マクドナルト:麦当芳.・・・パンだから小麦?だから麦。麦で芳しく当たる。

ケンタッキ:肯徳基・・・徳の基盤を肯定する?

ローソンは、皿冠の下に夕に森・・・意味分からず

✍旧正月

旧正月だったからでしょうか、無数の提灯で家来福が飾られていました。これはオマケです。

Photo_4

2010年2月13日 (土)

2010年No.5 上海

2010No.5 上海

✍再会

出張で上海にきました。4度目の上海。ところが今回は上海でも思いっきり西のはずれ。観光地はここから遠く・・・。地図を見ても近くにある観光地は・・・・「上海動物園?」動物園じゃなぁ。それで過去の記事を調べてみると、多分、始めて上海に行った200811月の頃はまだ世界遺産の記事に拘っていた頃なので、世界遺産のない上海を取り上げていなかったのではないかと思われます。

✍それで

今回は上海の観光地をご紹介します。上海という地名はあまり馴染みがなくても、この景色は旅行会社に行った時とかにパンフレットとかで一度は見た事があるのでは。夕方から川沿いで光り輝くこの電波塔。この電波塔は、只光るだけでなく、Lightingの光の色が変わるのです。というか光が球の周りを回るのです。 何でこんなもの作っちゃんだか分かりませんが、間違えなく今や上海の名物です。パリならエッフェル塔、ロンドンならビッグベン、ニューヨークならエンパイヤ・ステートビル、上海なら・・・・これです。Photo

✍でもって

折角今回出張行ったのに、今回の出張のネタはないのか?ってお思いの方も居られるのでは?

まぁだけど週末を挟まない実質2日の出張ではなんとも・・・。でもご心配なく。行ってきました。近くにある「上動物園」あ、いや「上動物園」。「地図でみると結構近いじゃん」という事で、最終日午前11時の集合前に、同僚と早起きをして歩いていってみたのですが、これが結構遠くて、集合時間に遅れる恐怖と背中合わせ。時間がないから入り口ある、園内巡回バスに乗ろうとしたのですが、看板には15元と書いてあるのに、従業員は堂々と値段が「100元〔\1300〕」っというので、「Oh!そんならいい・・」と降りかけると、「じゃあ、15元」って。「じゃ、じゃなくてはじめから料金15元だろう!なめてんのか!」と心の中で毒づきながら乗ったのですが、広い動物園、どこまで連れて行かれるか分からないので、「あれ」だけ見て戻ってきました。

「あれ」とは勿論「パンダ」です。小さなスペースにたった1匹だけいるパンダ。ガラスが嵌められているのですが、何と僕が行った時はパンダがそのガラスに近寄って来たので、パンダと直線距離30㌢ぐらいの距離で撮影。Photo_2 只、フラッシュが焚かれてしまうカメラ(調整する時間なし)では反射してしまって写真は×でしたので、携帯カメラで撮った写真をアップします。写りは今一ですが。上野動物園とは縁がなく、電池以外で動くパンダは初めて見ました。本当に可愛いっすね。「可愛い」と言うには、とても巨大ですが。

2010年2月10日 (水)

2010年No,4 世界遺産No61:Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) N02

2010No,4 世界遺産No61Zalzbourg(ザルツブルグ:オーストリア) 

N02

✍映画の・・・

舞台は色々歩きました。パリのセーヌ河、ラスト・タンゴ・イン・パリでマーロン・ブランドが一人歩いたビル・アケイム橋。ジェームズ・ボンドが車を飛ばしたロンドン・イングランド銀行前。カーチェースの最高峰といわれるRONINの舞台であったパリの白鳥の散歩道。でも、ここは別格。それは ’SOUND 0f MUSIC’の舞台。ミラベル公園です。って、実はまだ僕はこの映画ちゃんと見たこと無いんですが。公園はあまりに広く、少し高いところから撮らないと綺麗にとれないのです、同じFieldに立っていては。まあ、これが精一杯。Photo_4

✍それは

実は花で幾何模様が描かれているのです。その幾何模様は少し高い所からみないと綺麗に見えないんですね。「SOUND of MUSICの舞台」と言っても、映画見てないので・・・。この公園の延長上にホーエン・ザルツブルグ城が丘の上に見えます。

✍ところ変わって

この街にはMozartの生家があります。'Mozartには浅からぬ縁がありまして。。。僕の棲んでいたパリ16区には、Avenue Mozartという大通りがあり、また旅行でいったスペインのマヨルカ島では、Mozartが雨だれを作曲したという住いを訪ねました。Mozartの作曲した楽譜もウィーンのMozartの家で見ました。書きなぐったようなベートベンとは対照的に緻密な楽譜でした。Mozartとはこんなご縁があるのです。Mozartの生家はこんな感じの建物です。Mozarts_haus_3

98年の訪問なので12年前の事・・・何が飾ってあったかも覚えていませんが。この時ちょっと息子が気分が悪くなってツアーの皆さんに心配かけた事はよく覚えています。そんなもんなのでしょうね。

ザルツブルグは決して大きな町ではないですが、有名な建造物は多々あり、流石堂々の世界遺産です。

2010年2月 4日 (木)

2010年No.3 無駄話・こぼれ話13(Oyster Bar)

2010No.3 無駄話・こぼれ話13Oyster Bar

✍久しぶりに

久しぶりに食事ネタです。想像してみてください。東京駅の中央線のホームを下りるとそこにOyseter-Barが。普通無いでしょ。そこは、パリのGard-Nord(北駅)ではなく、New YorkGrand-Centralです。この駅は乗り場が地下1Fにあります。エスカレータを降りると広場があってそこからGateを抜けて各ホームへ行きます。その広場から斜めにスロープを上がるとそこに「Oyster Restaurant」の巨大な看板が。

✍〆はこれ

出張のミッションが終わり、後は帰るだけ。こういう時はこれでしょう。メニューに溢れる無数の牡蠣。でも名前を見てもさっぱり。値段は大体一個$2.5。でお店の人を呼んでお願いしたのは牡蠣盛り合わせ。3種類6個が皿に乗って出てきました。名前は覚えていません。只、その中にKUMAMOTOっていう小ぶりの牡蠣があったの覚えています。HIROSHIMAでなくてなんでKUMAMOTO? なんて考えながら白ワインと共に・・・プリッと。あぁ至極の一時。Grand_central_oyster_bar

牡蠣といえば、「フランスの大西洋岸か広島」と思っていたのですが、アメリカにも牡蠣の産地が一杯あるんですね。考えてみればカリフォルニアはワインの産地だから、牡蠣が養殖が盛んでもおかしくないですよね。隣に来た日本人の若い女性二人組みとちょっとお話したりしながら、エンジンかかっちゃいました。

✍それにしても

仕事後の開放感からとはいえ、気がついたら。眼の前にお皿が3皿。つまり18個。ひたすら白ワインと牡蠣だけの夕食。明日は14時間飛行機に乗るのに、大丈夫か俺?・・と思いながら帰国の途の着きました。堅牢な我が胃袋。今でも元気でおります。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »