無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年 No.7 ドイツ・ノイシュュバンシュタイン城 | トップページ | 2010年No.9 ザルツカンマーグート »

2010年3月 4日 (木)

2010年 No.8 無駄話・こぼれ話15

2010 No.8 無駄話・こぼれ話

15

✍お待たせ

昨年末にお約束したWimbledon-Tennisですが、出張で大分間が空きましたが、戻ってきました。色々小ずるい手を使って(まぁいいじゃないですか)手に入れたセンターコート(人物は不味いのでコートだけ)。Wimbledon_3

本当に全然知らなかったのですが、センターコート最初の試合は前年度の覇者がやるんですね。前座みたいな弱い選手ではなく・・。で、僕が行ったその時、コートには、あの、4大大会の優勝記録を更新したあの天才ピート・サンプラスが立っていました。(知らない人は無視してください。)彼は昔からそうなのですが、試合中、わりとだらしなく舌をだして歩く事があるんです。で、ちょっと猫背気味なことも手伝い、コートの中で歩きまわる姿はさながら動物園の熊。

✍あの頃は

まだVideoが故障する前だったので、興奮とVideoを抱えてセンターコートへ。200㌔サーブを誇るサンプラスもWimbledonでは緊張の為不調?。スピード願の数値は120前後をうろうろ。でも変です。それにしては、どう見ても速い。速すぎてVideoに収まらない。ボールのINOUTVideoの画面を動かして追いかけると速すぎでなんだかわからなくなります。このスピードで画面を動かした映像を後から見たら車酔いになりそう・・・。120前後で?え、あ、ここはイギリス!高速道路は全てマイル表示・・・ということは120マイル・・120*1.6=192キロ。あ、やっぱり200㌔近いジャン。相手は無名な選手なので、ピートのサーブは殆どエース。一方的な試合であっという間に終わってしまいました。彼はやっぱり凄いです。このトーナメントで優勝して彼は最多優勝回数を更新したので意味深い大会となった訳です。それまで「動物園の熊」みたいであまり好きでなかった彼が結構好きになって、地元の写真屋さんの企画に乗って自分で撮ったピートの写真を引き伸ばして貼り付けた世界で一つしかないT-Shirtを作ったりしました。

✍追加基礎情報

さてこのWimbledonには歴代の優勝者が刻まれたプレートが飾られており、List_3

また優勝した選手のテニスウェアーとかラケットとかが飾られたテニス博物館がセンターコートに隣接しています。色々サンブラス選手のいい写真があるのですが、肖像権の関係で、選手の写真がUpできないので、これを変わりに貼っておきますね。Costume_3

« 2010年 No.7 ドイツ・ノイシュュバンシュタイン城 | トップページ | 2010年No.9 ザルツカンマーグート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

全盛期のサンプラスじゃさぞかし凄かったでしょうね~。。昔全豪オープンで、フェデラー×アガシをみたことがありましたが、とにかく球が速すぎてサーブでもスマッシュ打ってるように見えましたっけ。生でみると違いますよね~。。。tennis今年のウィンブルドンは、(もしまだいたら)なんとか徹夜してでもセンターコート狙ってみたいです。。。。

Ghingorin-san

おお、ロシアから無事ご帰還ですか。お疲れ様でした。雪、凄かったですか? シャラポアとは握手できましたか?

本当にプロのサービス凄いですよね。0.2秒ぐらいの間に反応するのは普通不可能ですよね。

Wimbledonの券を買うのに並ぶなら、6月でも防寒の格好をお忘れなく。朝5時のロンドンは結構さむいです。ポットに熱いコーヒーとか入れて持ってゆくといいです。

T-Shirtとか帽子とか団扇とか無料で配っていて楽しいですよ。もっとも確実にセンターコートの券がほしければ、前日夕方ぐらいから並ぶ必要がありますので、誰かと交代で場所取りしないと無理だと思いますが。searchGood Luck

モスクワは、50年ぶりの大雪とかで、メチャ寒かったです。写真撮ろうとして手袋とるとそのまま指が固まって動かなくなりマジ凍傷になるんじゃないかと思いました。snowロンドンに帰ってきたら、春かと思っちゃい思いました。(笑)シャラポアは無理でしたが、ちょっとした偶然で少~しだけ楽しいハプニングがありました。秘密ですが(笑) ウィンブルドンは貴重なアドバイス有難うございます。確かに一人でいったらトイレにもいけませんね~(そもそもトイレがあれば、、ですが、、)

モスクワはそんなに寒かったんですか。NYでも屋外に出た瞬間から頭の血管がキュンと縮む感じがしたぐらいだから、押して知るべしですね。

で、その偶然のハプニングって何ですか?知りたいです。気になって夜も眠れない・・・で、昼ねしそう。

@パリで、モスクワは赤の広場が見たくてツアーに申し込み胸を膨らませていたのですが、数日して定員未達でツアーキャンセルとなる連絡がありました。んな訳で、ちょっと思い入れがあるモスクワでした。

ウィンブルドン、何度も何度も通った想い出の地です~。
今年も(まだいたら)行くつもり。
私はサンプラス、嫌いだったな。。。
イバニセビッチが大好きで、あとはサフィンとか。
美形の激情型の選手が好きなんですよね。。

YUMMYさん
テニスもお好きなんですね。滅茶苦茶趣味があいそうですね。

イバニセビッチが優勝した時は、とっても嬉しそうでしたね。夫婦で応援したの覚えてます。

サフィンはローランギャルズのファーストコートで見ました。攻撃的なテニスでしたが、足を痛めていたらしくスマッシュを打ってはうずくまっていたのを覚えています。相手もいやらしくドロップばっかり打ってくるし・・・。

この試合は勝ちましたが、次で敗退してしまいました。なんか、何もかも懐かしいなぁ。

あぁ、ゴランが優勝した時は泣きました。
アガシとの決勝で負けたあの時から何度決勝で涙を飲んだか。
最後はうれし涙でよかった!
彼が21歳の時からずっと応援してたのでまさに、感無量でしたョ

YUMMYさん

そうでしたよね。優勝は悲願でしたね。

それにしても、あの頃はローランギャルス(全仏)もウインブルドン(全英)も、各々家から歩いていける距離にあったのに・・・。

今やテニス観戦は遠くなってしまいました。何となく夜更かししたり早起きして応援したりしていますが、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/33634617

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 No.8 無駄話・こぼれ話15:

« 2010年 No.7 ドイツ・ノイシュュバンシュタイン城 | トップページ | 2010年No.9 ザルツカンマーグート »