無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月29日 (月)

2010年No.10 ルーアンのノートルダム大聖堂

2010No.10 ルーアンのノートルダム大聖堂

✍一寸

今日は一寸アカデミックに。Wikipediaでノートルダム大聖堂で検索したら面白い事が分かりました。

ノートルダムに献堂された主なカテドラル(大聖堂、司教座聖堂

フランス [編集]

ノートルダム・ド・パリ」という呼称でも知られ、ヴィクトル・ユーゴー小説の名前にもなっている。また、ユネスコ世界文化遺産パリのセーヌ河岸」の一部。

ランスにある歴代フランス王の戴冠式が行われた大聖堂。「ランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿」として、ほか二つの建造物とともにユネスコの世界文化遺産に登録されている。

シャルトルの青」と呼ばれるステンドグラスが有名。「シャルトル大聖堂」の名で、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。

アミアン大聖堂」の名で、ユネスコの世界文化遺産に登録されている。また、世界文化遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部としても登録されている。

北仏の都市ルーアンにある大聖堂で、世界遺産未登録ではあるが、シャルトル、アミアンとともに北フランス三大大聖堂と呼ばれる。

精巧な天文時計が有名な大聖堂。世界文化遺産「ストラスブールのグラン・ディル」に含まれている。

アヴィニョンドン岩壁公園に隣接する大聖堂。世界文化遺産「アヴィニョン歴史地区」に含まれる。

ル・ピュイ=アン=ヴレにある大聖堂。サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路のうち、ル・ピュイの道の起点となった。世界文化遺産「フランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路」の一部として登録されている。

·         確かストラスブールもUpした気がするのですが、それは兎も角、ノートルダム大聖堂はかなり世界遺産となっているのですね。そのうち5件は過去に記事を掲載している事を想うと、良くもまぁ色々周りました。さて、その中で今日の記事の対象であるルーアンは、僕の一押しの観光地ですが、世界遺産未登録なのですね。う~ん、基準が良く分からない。Wikipediaによれば、「シャルトル、アミアンと共に北フランス三大大聖堂と呼ばれる」そうです。

こんなサイトが見つかりました。宜しければアクセスしてみてください。

http://tanie2.web.infoseek.co.jp/franc/rouan/rouan.htm

✍距離

確かに世界遺産ではありませんが、あのジャンヌ・ダルクが火刑に処された記念の碑もあり、とてもこじんまりとした女性っぽい「ジャンヌダルク教会」もあり、ルーアンは僕は好きです。個人的には、パリのノートルダム大聖堂に次ぐ重みを感じますが。パリから2時間弱ぐらいの場所にあるこの地は何度も旅行者を連れて案内したのですが、ここの記事を書いていて気づいたこと一つ。それは「距離認識」

日本で100キロといったら、車の運転ではちょっと身構える距離ですよね。まず一泊圏内か。渋滞とか考えると日帰りの決断はつらいですかねぇ。が、フランスでは100キロの表示を見ると「もう直ぐつくね」と話し合う距離なのです。それは、①時速140キロが普通の道路事情②交通渋滞リスクの少なさなのですね。ルーアンからパリに向う間に120キロ位の地点に大きな金属のモニュメントがあります。このモニュメントが現れると「あ、あった。もう直ぐパリだね」なんていう会話をしたものです。その為、車での旅行の機動性が全然違います。それは帰国してみて、本当に感じますね。海外にいるとむしょうに旅行に行きたくなるのは、「簡単に旅行に行ける」事なのですね。何か漸くそんな事が分かりました。

2010年3月16日 (火)

2010年No.9 ザルツカンマーグート

2010No.9 ザルツカンマーグート

Continued

同じ旅です。ノイシュバンシュタイン城を訪ねた足で、国境を越えてオーストリアへ。で、訪ねたのはザルツカンマーグート。ここの自然には圧倒されました。またWikiから入ります。先般ご案内したザルツブルグ市の東方に位置する「ザルツカンマーグートは「塩の御料地」の意味であり、かつてこの地方の価値ある塩鉱がハプスブルグ帝国の直轄地だった。」との事です。先ずご紹介したいのは、この町。ザンクト・ギルゲンです。難しいことはさて置き、ここは市庁舎前の「ヴァイオリンを弾いているモーツァルト像」が有名。どこへいっても音色が響いてきそうな町です。この辺りは。Photo_3

Wofgangsee

その程近いところにあるWofgangsee湖が寧ろ僕には印象的でしたが。さてWikipediaにまた紹介してもらいましょう。

「・・・この湖は10世紀にこの地に最初に教会を建てたという伝説のあるヴォルフガング・ローゼンスブルグにちなんでいる。」との事。

長さ10キロ、幅2キロの美しい湖。Photo_4 この地では最も有名な湖の一つです。この湖の美しさは、この一枚の絵が全てを物語っていませんか。翌日のノイスバンスタイン城訪問を控えていたので大人しく写真だけたってホテルに戻りましたが、只、その湖の美しさ、水の美しさに感激したのを覚えています。2

2010年3月 4日 (木)

2010年 No.8 無駄話・こぼれ話15

2010 No.8 無駄話・こぼれ話

15

✍お待たせ

昨年末にお約束したWimbledon-Tennisですが、出張で大分間が空きましたが、戻ってきました。色々小ずるい手を使って(まぁいいじゃないですか)手に入れたセンターコート(人物は不味いのでコートだけ)。Wimbledon_3

本当に全然知らなかったのですが、センターコート最初の試合は前年度の覇者がやるんですね。前座みたいな弱い選手ではなく・・。で、僕が行ったその時、コートには、あの、4大大会の優勝記録を更新したあの天才ピート・サンプラスが立っていました。(知らない人は無視してください。)彼は昔からそうなのですが、試合中、わりとだらしなく舌をだして歩く事があるんです。で、ちょっと猫背気味なことも手伝い、コートの中で歩きまわる姿はさながら動物園の熊。

✍あの頃は

まだVideoが故障する前だったので、興奮とVideoを抱えてセンターコートへ。200㌔サーブを誇るサンプラスもWimbledonでは緊張の為不調?。スピード願の数値は120前後をうろうろ。でも変です。それにしては、どう見ても速い。速すぎてVideoに収まらない。ボールのINOUTVideoの画面を動かして追いかけると速すぎでなんだかわからなくなります。このスピードで画面を動かした映像を後から見たら車酔いになりそう・・・。120前後で?え、あ、ここはイギリス!高速道路は全てマイル表示・・・ということは120マイル・・120*1.6=192キロ。あ、やっぱり200㌔近いジャン。相手は無名な選手なので、ピートのサーブは殆どエース。一方的な試合であっという間に終わってしまいました。彼はやっぱり凄いです。このトーナメントで優勝して彼は最多優勝回数を更新したので意味深い大会となった訳です。それまで「動物園の熊」みたいであまり好きでなかった彼が結構好きになって、地元の写真屋さんの企画に乗って自分で撮ったピートの写真を引き伸ばして貼り付けた世界で一つしかないT-Shirtを作ったりしました。

✍追加基礎情報

さてこのWimbledonには歴代の優勝者が刻まれたプレートが飾られており、List_3

また優勝した選手のテニスウェアーとかラケットとかが飾られたテニス博物館がセンターコートに隣接しています。色々サンブラス選手のいい写真があるのですが、肖像権の関係で、選手の写真がUpできないので、これを変わりに貼っておきますね。Costume_3

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »