無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No.13 世界遺産No.62 ナンシーのスタニスラス広場 | トップページ | 2010 No.15 MIJAS(SPAIN) »

2010年4月24日 (土)

2010 年No.14 無駄話・こぼれ話No17

2010 No.14 無駄話・こぼれ話

No17

✍日仏臭覚比較論

臭いに関わる一考察です。日本から来た友達を本場☆付フレンチにつれて行くとします。前菜・メインと食事は進みます。僕の有難~いアドバイスのお陰で、前菜を完食せず、さりげなく少し残す事で、素晴らしいメインもまた完食。OK!で、ここで普通フランスではチーズが出てきます。ワインを味わいながらチーズを楽しむのです。日本でも有名な青かびのチーズ、例えばロックフォール、あるいはヤギのチーズ(シェーブル)等はフランスではとってもポピュラーですが、日本から来られた方はこういう匂いの強いチーズはダメですねぇ。チーズはパスでデザートっていう人も多いですね。納豆や、烏賊の塩辛があれほど大好きな日本人なのに。

Vice Versa

で強烈な匂いがするアオカビのチーズをこよなく愛するフランス人。僕の知り合いで奥さんが日本人でお刺身Loveのフランス人でも「いやぁ納豆はダメっすね」とあっさり脱帽。匂いもさること乍ら、豆からだら~と引きずられる糸・・・この形状もダメなのでしょうね。

✍事例1

こんな事がありました。出張でパリから来たパリ支店の方。当時は僕はまだ全くフランス語が出来ず、出張者の英語もそれはひどいものでした・・・つまりは会話がなりたたない。会社のそばのスパゲッティ屋での事。写真を見ながら彼が注文したのが、何と何と「納豆スパゲッティ」。それはダメでしょう・・ただ説明が出来ない。(以下英語だと想って聞いてください)「これなに?」「それ豆のスパゲッティ」「豆だけど臭う豆」「豆でしょ?じゃあOK」「でも、只の豆じゃないんだけど・・(これが説明できない)」 で、運ばれて来た納豆スパゲッティ・・・ぬらぁ~とスパゲッティの上に鎮座する大量の納豆。顔をしかめる彼。「ほら言わんこっちゃない」。結局、彼はフォークで納豆を全て端に寄せてお塩をかけて麺を食べていました。僕は通算8年パリで暮らしましたが、そして日本党のフランス人にも沢山会いましたが、「納豆大好き!」という人にはまだ出会っていません。

書いていたら色々思い出してきたので、次回もこの続きを書きますね。

« 2010年No.13 世界遺産No.62 ナンシーのスタニスラス広場 | トップページ | 2010 No.15 MIJAS(SPAIN) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

以前、東京に英人と一緒に出張した時、気を利かせて六本木(ミッドタウン)案内したら、「折角日本きたのに欧米人ばかりでつまらない!」といわれたんで、敢えて居酒屋に流れたことがあります。板の間に座れなくて困ってるところに、ネバネバ&ぬらぬら系のお通しがどっとでてきて、「これはキャットフードか?」と、びっくりしてました(結局手をつけられず)。やっぱりあれ系は、なかなか受け入れられませんね~。浅草でお好み焼きいった時は結構うけたんですがね~、、、、

Chingorin-san

それっていかにもありそうな話ですね。思い出した事一つ。僕がフランスと全く縁のなかった頃の話。これも六本木。二次会でPubにいって酒のつまみにCheese盛り合わせを頼みました。
ひとかけらほどのCheeseが4種類。ところがこれがとにかく凄まじいほどの臭い。ウップ。でゲーム感覚でじゃんけんで負けた人が一切れずつ食べるゲームをしたのですが、僕が3連敗。略全部一人で食べる羽目になったのです。

多分アオカビとかなんでしょうが、あれは食べられなかったですね。今大抵のCheeseが食べられる自分を考えると、まぁ成長したものであります。

余計な話でしたが。

実は僕自身は、東京の下町育ちなのに、子供のころ納豆が食べられませんでした。(やっぱり匂いとねばねばが、、、)いつの間にか納豆は大好物(ロンドンでは主食)になりましたが、最近はチーズが苦手になりつつあります。パスタもチーズはない方が好きですし、ピザなんかはそもそもあんまり食べたいとも思わなくなっちゃいました。アオカビは絶対無理です。 歳ですかね~。。。

Chingorin-san

「歳?」・・いえいえ歳をとるとドンドングルメ感覚だけは研ぎ澄まされてくる(つまりお金のかけどころが食に限定されてくる)ので、歳ではないでしょうcoldsweats01

そういえばイギリス人はチーズ好きなんですかねぇ?これがまたイギリスの食の話になりますが、僕の住んでいた町ではあまりチーズの種類が多くなく、あまり美味しいものに出会った記憶がありません。それで3軒となりの駅にある小さなフランス食材やさんまで、パンとチーズを買出しにいっていたりしました。

是非、一度週末にドーバーを越えて、フランス側にゆき、フォンレベックとか、エポワーズとか、ブルードーベルニュとか、イギリスにあまり売っていないチーズを買って来てワインと一緒に食してみてはいかがでしょう?もし、フォンテンヌブローというチーズを売っていたら是非試食してください。これはもうチーズというより生クリームのようにクリーミーで深みのある味がして、もうたまりませんheart04

このお返事書いていたらまたワインが飲みたくなってきたぜぃ。

貴重なアドバイス有難うございます。もっと、食に対して歳相応のこだわりをもたなきゃいけませんね~。イギリスからフランスいくと確かにパンの味からして違いますよね。フランス食文化を極めたお洒落なlai-Laiをいつも尊敬しています。(マジ!)

PS
そういえば、火山噴火で飛行機がとまった時、ユーロスターのチケットが手の届かないところまで急騰しました。あんなことがあるとドーバー越えるのも至難の業になります。

すみません。上記Lai-Laiを尊敬しているのではなく”Lai-Laiさん”を尊敬している です。大変な失礼をいたしました。ごめんなさい。

Chingorin-san

>> あんなことがあるとドーバー越えるのも至難の業になります。

・・・こんな話があります。昔まだ飛行機が無かった頃、天候が荒れて船が航海できない日が続き、イギリスが他のヨーロッパ諸国から孤立した時、イギリスの新聞に「この数日の天候のせいで、大陸が孤立してしまった」という記事が出たそうです。孤立したのは「大陸」であるっっと。

この何たる中華思想。誰かが「イギリス中華人民王国」と改名すればいいと悪態をついていましたが。smile
ところで時事ネタですが、アイスランド火山噴火の影響はもう収まったのですか?
噴火自体[は収まっていないのに、どうして飛行機は飛べると判断できたのでしょうか?
その辺がよく分からず・・・まぁ僕は当分(一生?)欧州出張はないので、「他人事」ではあるのですがbleah・・。

いわれてみればなんででしょうね~?このところたまたま青空続きだったのですが、噴火の煙なんて肉眼じゃ全然わからないんで、そもそもなんで飛行機が飛べないのか?というところからよくわからなかったんです。すみません。「他人事」なんて寂しいこといわずに、是非またお出かけください。○○ちゃんや△△さんもくびを長くして待ってるみたいですよ。。。

Chingorin-san

色々画策しているのですが、なかなかねぇ。    飛行機が飛べなくなって、もう行けなくなるのかなぁと思ったら、なんかロンドンに行きたくなってしまいました。

何とか行けないですかねぇ、ロンドンに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/34359413

この記事へのトラックバック一覧です: 2010 年No.14 無駄話・こぼれ話No17:

« 2010年No.13 世界遺産No.62 ナンシーのスタニスラス広場 | トップページ | 2010 No.15 MIJAS(SPAIN) »