無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« ブログのデザイン変更のご連絡 | トップページ | 2010年No.17 無駄話・こぼれ話18 »

2010年5月13日 (木)

2010年No.16 マラガ(スペイン)

2010No.16 マラガ(スペイン)

✍リクエスト

という訳でもないのでしょうが、Chingorinさんのコメントでコスタ・デル・ソルのマラガの話が出ていましたので、マラガをちっと紹介させてもらいますね。先ずは全体観から。

Wiki曰く

「マラガはコスタ・デル・ソルの中心地で、ピカソ出生の地で有名。紀元前1000年頃、フェニキア人が現在のマラガの位置にマラカ(Malaka)という都市を建てた。マラカの名はフェニキア語の「塩」から来ており、港で魚が塩漬けにされたことによる。」・・・で、普通はWikiの紹介ではこの後に、その街の有名な見所の説明がありますが、ここはあまりないのです。そう、ここは世界遺産のような観光客を引付ける「何か」がある訳ではなく、強烈な太陽が降り注ぐ地中海に面した海辺の町、そうまさに「太陽海岸」の「太陽の強烈さ」と「照らし出された濃い緑」自体が正に見所なのでしょうね。

✍なので

まともな「街を示す写真」も何~にもないのです。で、3枚だけ載せますね。まずたどり着くまで。この丸々した木々が丘に点在する感じがいかにもスペインらしい・・そう「アフリカはピレネーから始まる」というのが納得できる風景です。_ そして駅前はこのような強烈な思いっきり南国の街路樹の間を歩いて中心地へ。Photo 兎に角暑いので、己ずと人は水に引き寄せられるように、こうした噴水の周りに集まってきます。__2 こうした当たり前の風景の総合体が、「観光地マラガ」なのでしょうね。結局、トリモリノスで散々水遊びをしたので確か、マラガは街中を歩いて食事をして、そそくさと帰ってきたのだと思います。兎に角暑くて・・・。

✍ですから

コスタ・デル・ソルに行くならマラガ辺りに陣を張って、海辺で寝転んで、時々街中に出て美味しいシーフードを満喫してまた泳いで・・・これを繰り返し、厭きたら小旅行で「グラナダ」とか「コルトバ」に旅行する。これです。これはお勧めですよ。

« ブログのデザイン変更のご連絡 | トップページ | 2010年No.17 無駄話・こぼれ話18 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ここやっぱりいいですね~!この非日常的な(スペインぽい?)風景たまらないです。いきたい。。。

Chingorin-san

是非行ってくらさい。

日本からだとマラガはおろか、ロンドンでもパリでも遠~~い世界でっせ。そういえば、地中海を越えて、モロッコとかだって気楽に行けるヨーロッパは夢の世界です。モロッコなんて日本からだと、そりゃぁもう殆ど「無理です」。

Good Luck


そういえば、この前、会社でとなりに座ってる女性がモロッコに遊びにいってました。「若干お腹に負担がかかる」らしいですが、「絶対お勧め!」といってました。。。見せてもらった写真は確かに異国情緒溢れてて素晴らしかったです。

Chingorin-san

モロッコですか。行きたいですよね。だってマラガだったら地中海越えたらもう、アフリカですものね。

人間は贅沢なもので、長い事欧州にいると、欧州文化にちょっと慣れすぎてしまって、異文化・異国情緒を求めるようになったりします。・・贅沢な話ですが。

僕は当時子供が小さくアフリカ大陸はやっぱり敷居が高く、言葉の通じるマグレブ諸国ですら、行けませんでしたが、お一人で身軽なうちに如何でしょうか?是非お話を聞かせてください。
こればっかりは日本に帰ってきちゃうと、「あとの祭」ですよ。さぁ、今年の夏でもyacht・・・・・。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/34682011

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No.16 マラガ(スペイン):

« ブログのデザイン変更のご連絡 | トップページ | 2010年No.17 無駄話・こぼれ話18 »