無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No.26 写真で綴る欧州1(アルル) | トップページ | 2010年No28:2700㎞の旅 第5日;Bordeaux市街 »

2010年8月 4日 (水)

2010年No27:2700㎞の旅 第4日;Chateau Lascombe(Bordeaux)

2010No27:2700㎞の旅 4;Chateau LascombeBordeaux

欧州出張がありましたので、緊急割込み2話を入れましたが、2700㎞の旅を続けます。

✍それは酷暑からの離脱

FRF1.00を余計に払うと新車に冷房がつきます」'95年の僕の帰国当時にコンナキャッチフレーズがはやっていました。フランスは夏涼しく、そう夏の2週間を耐えれば冷房は要らないのです。従って当時は冷房車は稀の稀。僕の車もNON冷房車だったので、この夏の旅行は大変でした。

少し車を走らせては木陰に退散。車はそのままボンネットで焼肉パーティできそうなぐらい加熱。

当時そんな言葉は知りませんでしたが「熱中症」になってもおかしくない状況でした。その暑さから僕らを救ったのが、このCave(Wine Celler)でした。

✍無名?

Chateau Lascombeは聞いた事はありませんでしたが、当時はイギリス資本となっていた老舗のChateauだったようです。Chateau_lascombe Margauxという有名な地域にある小さなChateauなので、Mouton Rothechildほど商業化されておらずゆっくりワインの製造工程が見学できました。当然ですが、Chateauの中は驚くほど涼しくここで暫く時間を過ごした事で、熱していた体も復活したのを覚えています。

✍葡萄・葡萄・葡萄

御覧のように周りは一面の「ワイン畑」ではなく「葡萄畑」。(良く間違えて言ってしまいます)Chateau_lacombe

Chateau LascombeGrand cru classeの格付けだそうですが、最後のClasseがあるかないかでは大違いで、作り手は最後の一単語をつける為に毎年努力を重ね昇格を待ちます(サラリーマンと一緒?)つまり、ここのCaveは凄い!っていうことです。中にはいると御覧のように一面の樽。Chateau_lascombe_2 ここから世界に出荷されるワインが産まれるのですね。何か納得。注意してみてみるとこのWine、日本のワインショップでも見つけることができます。

✍それはエッフェル塔で

家内の両親をエッフェル塔の中の☆付に案内した時のこと。「いい娘婿」を印象付けるべく奮発したこのレストラン。で、ええ格好シィで、恭しく差し出されたワインリストから、ワインを良く知っている振りして唯一知っている銘柄を選んだのが、このワインLascombeでした。

ソムリエさん曰く、「何故これを?」「あ、いや先日このCaveに行ったものですから(決まった!)」「でもお客様、このワインは日本から来られたかたにはちょっと味わうのが難しいのでは?」「あ、そ、そうですか?」と結局当たり障りないワイン選んで落着。「いや僕はこれが好きなので!」と突っ張るべきだったか・・なんでいう思い出のあるこのワイン、このChateauでした。

« 2010年No.26 写真で綴る欧州1(アルル) | トップページ | 2010年No28:2700㎞の旅 第5日;Bordeaux市街 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

さすがですね~。エッフェル塔の☆付レストランで、ソムリエと”こだわりの”ワイン談義を流暢なフランス語で交わすLai-Laiさんの颯爽ととした様子が眼に浮かびます。wine

Chingorin-san

いえいえ。でもフランス語での会話だったので、僕はソムリエに説得された格好わるい娘婿ではなく、ソムリエと相談してワインを選んだ婿ということになっていますです、ハイ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/36029251

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No27:2700㎞の旅 第4日;Chateau Lascombe(Bordeaux):

« 2010年No.26 写真で綴る欧州1(アルル) | トップページ | 2010年No28:2700㎞の旅 第5日;Bordeaux市街 »