無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No31:2700㎞の旅 第7日;Toulouse(トゥールーズ) | トップページ | 2010年No33:2700㎞の旅 第8日;ルルド(神宿る街) »

2010年9月 7日 (火)

2010年No.32 写真で綴る欧州3(アビニオン)

2010No.32 写真で綴る欧州3(アビニオン)

✍世界遺産:20091128

アビニオンは20091128日に世界遺産として紹介させて頂いておりますので、写真のみのご紹介です。

✍教皇庁

Photo

当時のアルバムの写真の下のコメントがえらく「感動した」感じで書かれていますので、そのまま引用します。「法王のバビロン捕囚時代・・・世界史でやった時にここに来ていたらもっと実感を持って学べたであろうに・・・ここの見ものはこの教皇庁:但し中には何も無い。ここにも見られるフランス革命の陰:あの時にみんな破壊されてしまった。建物はベネディクト12世の建てた北半分の宮殿と、クレメント6世が建てた新宮殿からなる」との事。当時は、こうやってマメに一つずつコメントをつけています。

✍橋

前回記事にした有名な橋。上から見ると途中で途切れているのが良く分かります。橋そのものはこんな感じです。

Photo_2

3

« 2010年No31:2700㎞の旅 第7日;Toulouse(トゥールーズ) | トップページ | 2010年No33:2700㎞の旅 第8日;ルルド(神宿る街) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

これがアビニョン橋ですね?この上で踊るんですよね~?今度Lai-Laiさんの熱唱でそのお歌を聴きたいです。karaoke

Chingorin-san

ヨーロッパの人も踊るの好きですよね。スペインでも荷物を輪の真ん中において、その周りに手を繋いで和になって踊っていました。

昔の人はこの狭い橋の上で、輪になって踊ったのですね。・・・でも、何でまたすきこのんでこんな狭い橋の上で・・・土地は一杯あるのにcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/36582208

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No.32 写真で綴る欧州3(アビニオン):

« 2010年No31:2700㎞の旅 第7日;Toulouse(トゥールーズ) | トップページ | 2010年No33:2700㎞の旅 第8日;ルルド(神宿る街) »