無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No.40プロバンスの1週間No.4(マルセイユ) | トップページ | 2010 No.42:プロバンスの1週間No.5(ゴルド) »

2010年10月31日 (日)

2010年 No.41写真で綴る欧州旅行No.6(カルナック)

2010 No.41写真で綴る欧州旅行No.6(カルナック)

✍もし

写真があったら、過去に絶対写真を掲載していた筈ですが、写真が無かったので、2008124日、つまりはこのブログが始まった直後に「休息:フランス人Oui ou Non」の記事で紹介しているのがこのカルナックです。この旅は、とても人情を感じたので、「フランス田舎礼賛」の記事を書いています。

✍カルナックって?

イギリスのストーン・ヘンジは有名ですが、カルナックってどうなんでしょうねぇ?

こんな場所です。(地球の歩き方)によれば、1099の巨石が1.2㎞に亘って延々と続く巨石群、紀元前5世紀~2世紀にかけて立てられたものと言われている。「それは夏至の日に、日の出の光がちょうと石の当たるよう、半円形に並べられたものもあり、太陽信仰の宗教儀式の為とも言われているが、未だにその謎は解明されていない」との事。何も語ってくれない巨石を只々お届けしますね。この空間、本当に不思議でした。時空を超えた何かがあるような・・。2500年間何かを語りかけている巨石たちのメッセージを聞いてください。

    ALIGNEMENT(巨石群)

    こんな石が並んでいます。

Photo

③ストーンヘンジにも似た石も・・・

Photo_2

Alignements

1_2

« 2010年No.40プロバンスの1週間No.4(マルセイユ) | トップページ | 2010 No.42:プロバンスの1週間No.5(ゴルド) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

やっとマドリッド(出張)からもどってきました。仕事はしんどかったですが、街自体はいいですね。天気もずっと快晴でまだ暖かかったです。ロンドンに帰ったとたん雨降り&薄ら寒くてちょっとがっかりです。こういう田舎まではちゃんと住んで車ももってないとなかなか足をのばせないので、貴重な写真ですね~。フランスにも巨石遺跡があるのを、初めて知りました。謎ですよね~。。。。

おお、Chingorinさん。お帰りなさい。お疲れ様でした。 Madridにご出張という連絡を戴いた時、僕の廻りの海外好きメンバーから「い~なぁ、Madridか。行きてぇ~heart04」というどよめきが起こりました。僕らはMadridなど100年待っても仕事では縁がありませんので・・・。 お仕事は大変だったのでしょうが、でも、やっぱり羨ましい!!です。

ヨーロッパのこういう記事を書いていると、やはり欧州の生活への未練が増しますね。いつかゆっくり欧州で過ごしてみたいです。でもまぁ、そんな場合でもこんな田舎の巨石群まで見る余裕はないでしょうから、やっぱりここは行っておいて良かったです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/37464473

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 No.41写真で綴る欧州旅行No.6(カルナック):

« 2010年No.40プロバンスの1週間No.4(マルセイユ) | トップページ | 2010 No.42:プロバンスの1週間No.5(ゴルド) »