無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No.37 プロバンスの1週間No.2 レ・ボー(Les Baux) | トップページ | 2010年No.39 プロバンスの1週間No.3(Nimes:ニーム) »

2010年10月11日 (月)

2010年No.38 写真で綴る欧州旅行No.5 シャルトル(フランス)

2010No.38 写真で綴る欧州旅行No.5 シャルトル(フランス)

✍シャルトルを写真で

2009No.66で世界遺産No.60として紹介したシャルトルですが、写真をお届けします。

✍それはモン・サンミッシェルに似て

殆ど共通点ない2つの教会ですが、似ている点、それは車を駆っていると遠くに「プチッ」と見えてきた教会が段々とズームアップしてくる点。周りが広々とした平野で建物がないこと、この教会が高台に立っている事から実現できるドラマです。結構、このワクワク感たまりません。

✍街に着くと

こんな感じで高く聳えたってます。Chartles Chartles_2

✍シャルトルの青

教会はノートルダム教会、別名シャルトル大聖堂。そのステンドグラスの美しさから「シャルトルの青」。この教会の薔薇窓のステンドグラスが有名です。Chartles_3 内側から見るとこんな感じで。あまり綺麗に取れていませんが、陽光に透かしだされたステンドグラスは本当に綺麗です。Chartles_4

✍田舎の佇まい

街は田舎、自然と共存するようにこんな川が街を流れ、水鳥が優雅に泳ぎを楽しんでいます。Chartles_5

この川の畔で、教会を眺めあげながら弁当を広げて、自然の中で食を楽しんだのを覚えています。

文化と自然が融合したようなフランス片田舎の珠玉の宝ですね。

« 2010年No.37 プロバンスの1週間No.2 レ・ボー(Les Baux) | トップページ | 2010年No.39 プロバンスの1週間No.3(Nimes:ニーム) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/37174845

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No.38 写真で綴る欧州旅行No.5 シャルトル(フランス):

« 2010年No.37 プロバンスの1週間No.2 レ・ボー(Les Baux) | トップページ | 2010年No.39 プロバンスの1週間No.3(Nimes:ニーム) »