無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010 No.43:世界遺産No.65 中国蘇州(留園) | トップページ | 2010年 No.45 プロバンスの1週間No.6(イフ島)  »

2010年11月29日 (月)

2010年 No.44写真で綴る欧州旅行No.7(ナンシー:スタニスラス広場)

2010 No.44写真で綴る欧州旅行No.7(ナンシー:スタニスラス広場)

✍それはナンシー

この街に何しーに行ったかというと(親爺ギャグ)、スタニスラス広場のキンキラ門を見に行ったのです。まぁ、地球の歩き方によれば他にも色々見所はあるようですが、兎も角も、否が応でも眼につくのは「スタニスラスの門」(僕の命名ではキンキラ門)です。これが強烈過ぎて他をあまり覚えていないし、物置から発掘(?)されたアルバムにも、門しか写っていません。

このナンシーは世界遺産ですので、2010No.13 でご紹介させて頂いていますので、今回は写真の掲載に留めますが、そんな訳で「写真で綴る」のコーナーはキンキラ門一色で占めたいと思います。こんな感じです。Photo_2

✍スタニスラス広場

詳しい説明は以下、Wikipediaの記事を参照してください。「この広場はルイ15世の義父にあたるロレーヌ公スタニスラスが国王を称えてつくらせたものである。1751年から1755年にかけて工事が行われ、国王広場と名づけられた。106m×124mのこの広場を実際に設計したのはエマニュエル・エレである。広場は市庁舎、凱旋門、ナンシー美術館などに囲まれているが、6箇所にロココ様式の美しい金属細工で彩られた鉄柵がある。これは金具師ジャン・ラムールが手がけたものである。」と、言うわけで「ルイ15世賞賛なので、世界遺産?」なのです。Photo_3

✍雑感

御覧戴いたように、フランスは時々、「どこで何をどう間違えちゃったの?」っていうような「金キラキン」が目立つ時があります。フランスは、特にパリは、「シックなそれでいて落ち着いた色合いの街並み」が魅力なのですが。。。で、以下、独断と偏見で選んだ、フランスキンキラキンBest3をご紹介します。

第3位:アレキサンダー3世橋

パリ万博の為、1900年に建てられたアンバリッドとグラン・パレを結ぶためにセーヌ河にかかっている橋で唯一のキンキラ橋。橋全体ではなく、橋の端の銅像が超キンキラです。只、何ででしょうかねぇ、このキンキラを街の華やかさが吸収してしまうというか・・・浮いていないんですよね、全然

第2位:ジャンヌ・ダルク像

ルーアンで「ジャンヌダルク博物館」を訪ねた時、英語のパンフレットに「Jean of Arc was…

という紹介があり、「Jean of Arc」って誰や?と一瞬戸惑ったのですが、「Jeanne d’Arc(ジャンヌダルク)」を英語訳してしまうと「Jean of Arc」となるわけで・・・名前も訳さないといけないのでしょうかねぇ・・・ともかくルーブル美術館の外れ、チュールリ公園の始まりに当たる交差点に、その像は立っています。馬上で凛々しく剣を構えるジャンヌダルク・・これがぞっとするほど「金」なのです。全身金、馬まで金・・・「そこまでせずとも・・・」

第1位:アンバリッド

ナポレオンが永眠するアンバリッド。まぁナポレオンのお墓なので、納得ですが、これも塔の天辺が金ピカ。偉く目立ちます、天気のいい日とか・・。尤もアラブの王様のお墓だったら建物全部が金ピカだったかもしれず、それにくらべれば質素か?Photo_4

以上、どうでもいい金ピカBest3 でした・・・本当にどうでもいいですね。スイマセン。

« 2010 No.43:世界遺産No.65 中国蘇州(留園) | トップページ | 2010年 No.45 プロバンスの1週間No.6(イフ島)  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あ、ジャンヌダルク像のそばのレッジーナホテルに泊まって、とても足の便がよかった! 

ぽんたさん

ぽんたさんもReginaに宿泊されたのですね。
僕もアパートを引き払って帰国までの2日間、Reginaに留まっていました。

Vino'sで仲間たちとWineを飲んで、そこから徒歩で戻れましたから、確かに便利ですね。

Reginaからみたチュールリ公園とか、ルーブルとか「何もかも懐かしい」(沖田艦長風に呟いてみました。)


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/37895131

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年 No.44写真で綴る欧州旅行No.7(ナンシー:スタニスラス広場):

« 2010 No.43:世界遺産No.65 中国蘇州(留園) | トップページ | 2010年 No.45 プロバンスの1週間No.6(イフ島)  »