無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年 No.45 プロバンスの1週間No.6(イフ島)  | トップページ | 2010年No.47 写真で綴る欧州旅行No.8 (ルーアン) »

2010年12月15日 (水)

2010年No.46 プロバンスの1週間No.7(サン・レミ・ド・プロバンス)

2010No.46 プロバンスの1週間No.7(サン・レミ・ド・プロバンス)

✍更に

地味観光地にお付き合いください。アビニオンより南に20㎞に位置する街なのですが、地球の歩き方でも半頁の扱い・・まさに「おまけ」扱い。

でもここで生まれた人はビッグ。なんとそれは「ノストラダムス」。

Musée s Alpilles Pirre de Brunには彼の資料が残されている・・・って、おい!。今この記事を書いてて初めて知りました。

✍で

地球の歩き方の記事を紹介しますね。「ローマ時代の凱旋門L’arc Triomphalと霊廟、古代の町の廃墟であり1921年より発掘されたグラヌム遺跡もある。」という事で、良く分からないまま

撮った写真を載せます。Photo_4

➣霊廟です。

Photo_5

➣凱旋門です。

Photo_6

✍あ、思い出してきた

この隣にゴッホが入院した病院があったそうですが、これもちっとも知りませんでした。

多分、プロバンスを散策していて、とりあえず観光ガイドブックを頼りにここを訪ねたんだと思います。’94年の事なのでよく覚えていませんが、確か、ミシュラン観光ガイド(日本語版)を参照して行動していたような気がします。それで病院訪問が洩れちゃったのかも。尤も、病院内部はアクセス不可との事なので、だから訪ねなかったのかもしれません。

« 2010年 No.45 プロバンスの1週間No.6(イフ島)  | トップページ | 2010年No.47 写真で綴る欧州旅行No.8 (ルーアン) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/38095226

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No.46 プロバンスの1週間No.7(サン・レミ・ド・プロバンス):

« 2010年 No.45 プロバンスの1週間No.6(イフ島)  | トップページ | 2010年No.47 写真で綴る欧州旅行No.8 (ルーアン) »