無料ブログはココログ
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2010年No.47 写真で綴る欧州旅行No.8 (ルーアン) | トップページ | 謹賀新年 »

2010年12月26日 (日)

2010年No.48 プロバンスの1週間No.8(サント・マリ・ド・ラ・メール)

2010No.48 プロバンスの1週間No.8(サント・マリ・ド・ラ・メール)

✍ラスト

長々と無名な地名を続けて来ましたがこれが最終章。最後は少し重々しく、そしてキリスト教の教えが深いフランスらしく・・・・。サン・マリ・ド・ラメールとは、直訳すれば「海のマリア達」・・・キリスト没後、エルサレムを追われた3人のマリアがこの地にたどり着いた。それはマリアの妹マリア・ヤコベ、ヨハネの母マリア・サロメ、そしてマグダラのマリア。

マグダラのマリアはサント・ポームの地へ、2人のマリアはこの地で一生を終えた。この地は、サント・マリー・ド・ラ・メールと名づけられ、巡礼の地となった。マグダラのマリアがジプシーであったという事から、とりわけジプシー達の信仰を集め、ジプシー達の祭りが行われる。

(地球の歩き方より)。

✍ここは

ローヌ川河口の湿原地帯が広がるカマルグ地方にあります。この地には2人のマリアの墓の墓所に建てられた教会の鐘楼があります。これです。

フランスはあらゆる場所に、キリスト教の香りがします。

Photo

Photo_3 

✍名物

重たい話はこれまでとし、食の話。フランスというとパン、つまり麦の産地であることは言うまでもないのですが、この一体はフランス一の米どころ。そしてスペインとの交流もある・・・・となると自然発生的に生まれる名物とは・・・・・・・・それは「パエリャ」。パエリャはスペインと決めること無かれ。夕刻ともなると普通の街並みに直径1mぐらいの鍋が用意され、パエリャの調理が始まります。その香りのなんとも、たまらんのです。フラフラと立ち寄ると「まだダメ。6時から」と言われ街をぶらぶらして6時キッカリに再度参上。「お、きたな」という笑顔に今度は迎えられて着席。運ばれて来たパエリャは、エビやら魚やらの魚介類がタップリ乗せられた

秀逸の一品でした。この後スペインでもパエリャを食べる機会がありましたが、僕はこの海辺のパエリァの方が鮮烈で好きでしたね。

是非、機会があったらこの海辺の町で、パエリャを試してくださいませ。

✍オマケ

これ面白かったです。この街に向って車を駆っていたとき、地図では川を渡る事になっているのですが、橋がないのです。数台の車が川の手前に留まっているのですが、ドライバーは焦っている様子も無く・・・。Photo_4

変だなぁと思って聞いてみると、この川、30分に一回橋型の船がやってきて河岸を繋ぎ、その船がいる間だけ、ここを渡れるのです。確かに30分近く待つと船が、というよりも橋そのものがやって来て川を繋いでくれて無事渡れたのですが・・・こんなことやるなら橋を架けたほうが速いような・・・? 色々な経験をしますね。海外旅行していると。

« 2010年No.47 写真で綴る欧州旅行No.8 (ルーアン) | トップページ | 謹賀新年 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

以前イギリスのサンドバンクス(ボーンマスの脇)の岬の突端で同じ形の船に乗りました。そこではフェリーと呼ばれてました。丁度連休で乗船待ちの車が長蛇の列、回りの車に「どの待てば乗れるの?」と聞いても「30分か3時間か?Nobody knows」という感じで焦りました。(岬を車で迂回すると2時間は確実に余計にかかる という状況で、、)結局相当待ちましたが、実際に船にのってたのはほんの5分くらい。(向こう岸はすぐそこに見えるので)。確かに橋かけてくれた方がずっと便利ですよね~。

Chingorin-san

そうですか?どこでも似たような事をやるものなのですね。でも、こうやって船を色々な橋代わりにしていたら、橋を造る費用は浮くわけで・・・。

地元の人の辛抱強~い理解と協力で、経費節減とエコを実現しているのかも・・・歴史あるエコですね。

それではよいお年をお迎えくださいhappy01


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/510455/38225637

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年No.48 プロバンスの1週間No.8(サント・マリ・ド・ラ・メール):

« 2010年No.47 写真で綴る欧州旅行No.8 (ルーアン) | トップページ | 謹賀新年 »